« 第18節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

2011.06.25

【第18節 名古屋戦】

オフィシャルより

11.06.25
Jリーグ第18節vs名古屋グランパス
6月25日(土)に豊田スタジアムで行なわれました、Jリーグ第18節vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第18節 
名古屋グランパスvs浦和レッズ 
2011年6月25日(土)19:00キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパス1-1(前半1-0)浦和レッズ
得点者:45+1分 磯村亮太(名古屋)、90+8分 マゾーラ
入場者数:28,515人
試合速報


「闘った証」

高温多湿で風が吹かない屋内での試合。共に消耗戦の様相を呈した試合は、最後の最後にドラマチックというか異様な結末が待っていた。

終了まで残りわずか。スピラノビッチを最前線に上げてパワープレーを仕掛け、さらに2列目にドリブラーを並べ、ボランチに下がった直輝を基点に攻め上がる。

決めきれずにもはやこれまでか…と思った中で獲得したPK。キッカーを担ったマゾーラが落ち着いて決めて、前年王者から勝点1を奪った。

前半終了間際に動き出した試合。あっさりとケネディの懐にボールを収めてしまい、その返しを果敢に飛び出した磯村に綺麗に崩され、先制点を許してしまう。

しかし全体的には、名古屋の変則3バックに若干戸惑いがあったものの、キーとなったボランチの闘莉王の対応に注視し、かつGK加藤の好セーブもあって先制点のみに留める事ができた。それだけにそのシーンの対応がルーズになってしまったのは残念なところだ。


前年王者から勝点を奪ったものの、未だ勝点は12。厳しい状況には変わりはない。そしてそこにはもはや指揮官の推し並べるサッカーは見られない。

そんな中で、戦術はないと言われればそうかもしれないが、今日の内容と彼らの奮闘を振り返れば、結果はドローであったが、高温多湿の中全力で闘った証は十分に感じられた。

この結果が今後のレッズを左右するターニングポイントになるうるのか・・・。それは来月からの再び訪れる熱き連戦に懸かっている。

Cimg4473 Cimg4486 Cimg4488

|

« 第18節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52041453

この記事へのトラックバック一覧です: 【第18節 名古屋戦】:

« 第18節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋遠征あれこれ »