« 第14節 大宮戦プレビュー | トップページ | 初ナイター »

2011.06.11

【第14節 大宮戦】

オフィシャルより

11.06.11
Jリーグ第14節vs大宮アルディージャ
6月11日(土)にNACK5スタジアム大宮にて行なわれました、Jリーグ第14節vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第14節 
大宮アルディージャvs浦和レッズ 
2011年6月11日(土)19:03キックオフ・NACK5スタジアム大宮
試合結果
大宮アルディージャ2-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:37分 ラファエル(大宮)、53分 深谷(大宮)、56分 エジミウソン、78分 原口
入場者数:12,221人
試合速報


「執念と無念と光明と」

3年ぶりのナクスタでのダービーマッチ。2点ビハインドから、PKで1点を返し、その後原口のドリブルで大宮守備陣を切り裂き同点に追いつくも勝ち越せず2-2のドロー。

傍から見れば、手に汗握る面白い試合であろうが、レッズから見ればまさに助けられた「渡りに船」の内容。後半こそ何度かチャンスがあったが、前半はミスが続き、自らチャンスを逃す展開だった。

2トップに変わったとはいえ攻め手の薄さは変わらず、未だに選手間の距離が長いため、フォローも遠くボールを動かす動きも少なく、一旦間をおいてしまう。

後半達也が投入されてから、ようやく連動しボールが繋がりだしたが、やはり彼のような常にターゲットの周りでプレーできるような異なるタイプの選手が入るだけで攻撃は活性化できる。ポジションを束縛されボールを待ち続けるような展開だけでは得点には程遠いと思う。

そんな中、原口の同点ゴールにはすさまじい執念を感じた。ジュニアユースから浦和で育ったダイヤの原石は、得点を挙げしっかり答えを出したが、無念のドロー。その悔しさは五輪予選へ向け晴らしてほしい。

今節から15日間で5試合の連戦に入った。次節からキーマンとなる原口を欠くことになるが、今日の後半に見られた執念は光明に値すると思いたい。これまで9試合でわずか勝点7と危機感漂う位置ではあるが、このまま終わるわけにはいかない。この連戦こそレッズにとってターニングポイントとなってほしい。

Img_1865 Img_1874 Img_1880

|

« 第14節 大宮戦プレビュー | トップページ | 初ナイター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/51916203

この記事へのトラックバック一覧です: 【第14節 大宮戦】:

« 第14節 大宮戦プレビュー | トップページ | 初ナイター »