« 第12節 鹿島戦プレビュー | トップページ | におい »

2011.05.21

【第12節 鹿島戦】

オフィシャルより

5月21日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第12節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせいたします。
2011Jリーグ・ディビジョン1 第12節 
浦和レッズvs鹿島アントラーズ 
2011年5月21日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム

試合結果
浦和レッズ2-2(前半0-1)鹿島アントラーズ
得点者:13分 西(鹿島)、62分 増田(鹿島)、67分 高崎、69分 マゾーラ
入場者数:37,521人
試合速報


「未解決なドロー」

2失点から怒涛の攻撃で立て続きのゴールを生み、同点に追いつきドロー・・・。

聞こえはいいが、内容はこれまでと同様にミスが重なり、まさに完敗と言っても過言ではなかった。

調子が悪いとはいえどやはり鹿島は鹿島。選手同士の間合いが絶妙で小気味よくパスを繋ぎゴールへ襲い掛かる。鹿島のいずれの得点もスペースへのフリーランが生み出したゴールで、レッズはついてゆくのがやっとだった。

潮目が変わったのは2失点を喫してから。鹿島の動きが落ちてきたのもあったが、途中起用の高崎の類い稀なる動きが功を奏し、1点を返しさらにマゾーラの度肝を抜かれたゴールで同点に追いついた。

結果的に勝点1を奪ったのだから良しなのかもしれないが、同時に指揮官が目指すべきサッカーには到底遠すぎると強く感じた。だからこそ鹿島相手のドローに決して満足してはならない。むしろ選手達はこの危機を感じているだろうと思いたいが・・・。

今日の結果は、“追いついた”という事実だけが残った、未解決なドローだということだ。

Img_1223 Img_1231 Img_1242

|

« 第12節 鹿島戦プレビュー | トップページ | におい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/51730244

この記事へのトラックバック一覧です: 【第12節 鹿島戦】:

« 第12節 鹿島戦プレビュー | トップページ | におい »