« 第11節 C大阪戦プレビュー | トップページ | コパ・アメリカ辞退 »

2011.05.15

【第11節 C大阪戦】

オフィシャルより

11.05.15
Jリーグ第11節vsセレッソ大阪 5月15日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第11節vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第11節 
浦和レッズvsセレッソ大阪 
2011年5月15日(日)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半1-1)セレッソ大阪
得点者:8分原口、35分清武(C大阪)
入場者数:31,571人
試合速報


「余裕」

開始早々から浦和は飛ばしていた。前線からのチェックも早く、セレッソに対し幾度となくプレッシャーを掛けていた。全体的にもコンパクトで、前節大敗を喫した柏戦に比べると攻守も改善されていたのでは・・・と途中まで感じていたが、それも同点に追いつかれるまでだった。

失点場面はパスミスから。しかもボールを繋がれる際にあっさり中央を空けてしまい、清武に決められてしまった。その後も守備が落ち着かなくなったのか、1対1の場面を何度かつくられたものの、相手のフィニッシュの精度の低さに大きく助けられた。

後半はお互いカウンターの応酬だったゆえ、レッズにもチャンスがあったが、それを落ち着いて決められないところに今のチーム状態が現れている。

1点リードしていたゆえ、慌てる必要ななかったはずだが、やはり試合が進むにつれ相手からのプレッシャーが掛かると、パスミスをはじめ選手間の分断を誘発されてしまった。

今、喉から手が出るほどほしい勝点3を奪うために、どこか余裕がなくなっているように感じる。時間が経つごとに焦りが焦りを呼び、それがミスに帰結してしまう。“もう1点”という思いもあるだろうが、これまでの失点シーンを振り返るとボールロストからがほどんであると考えると、もう少し落ち着いてプレーできれば状況は変わっていたのではないかと感じる。

そんな状況下でも勝点1を奪えたのは、良しとしなければいけないのかもしれない。

Img_1123 Img_1128 Img_1136

|

« 第11節 C大阪戦プレビュー | トップページ | コパ・アメリカ辞退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/51677221

この記事へのトラックバック一覧です: 【第11節 C大阪戦】:

« 第11節 C大阪戦プレビュー | トップページ | コパ・アメリカ辞退 »