« 第9節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 2011ACL Match5 »

2011.05.03

【第9節 横浜FM戦】

オフィシャルより

11.05.03
Jリーグ第9節vs横浜F・マリノス
5月3日(火・祝)に埼玉スタジアムで行なわれます、Jリーグ第9節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第9節 
浦和レッズvs横浜F・マリノス 
2011年5月3日(火・祝) 14:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-2(前半0-0)横浜F・マリノス
得点者:70分 渡邉(横浜FM)、90+4分 大黒(横浜FM)
入場者数:47,056人
試合速報


「打開」

アディショナルタイムも3分を過ぎてから、最後の最後にルーズボールを拾って繋がれ、GK山岸をかわした大黒が放ったボールが無人のゴールに吸い込まれた瞬間、赤く身に纏った指定席組が一斉に席を離れてしまう光景は、まだ今季2戦目の埼スタにおいて異様でもあったが、なぜか納得してしまう自分がいた。

レッズは前半から攻めたてるも、一向にゴールが遠い。前節とは違い横浜は決して引きっぱなしではなく、むしろ最終ラインが強固で我慢強く、攻撃の波をことごとく弾き返していた。

それはこれまでというか、前監督時代から言われている、攻めの引き出しの少なさにある。1トップの是非は別にしても、それを囲う選手間の距離が離れると、瞬く間に攻め手を失ってしまう。また、ハイボールの処理も決して上手いとは言えず、それも拙攻の要因と言えるだろう。

守備陣も崩された2失点では決してないものの、要となる中村や谷口を捕まえ切れず、トップの選手へことごとく楔のパスを通されてしまっていたのは、見逃してはいけない。

内容が互角と言われても、横浜はセットプレー1本で打開できたのだから、それができなかった浦和は完敗。まさに“ちゃぶられた”試合だった。そして、前節同様に攻撃の要所を封じられると一気に詰んでしまう状況も全く変わらない。

次節へ向け現状の改善を図ろうとも試合間隔が短いゆえ、今のメンバーで打開しなくてはならない。それゆえ結果が出るまではサポートはもちろんだが、まだまだ我慢も必要なのかもしれない。

ここまで1勝3敗。“もう”4試合目なのか、“まだ”4試合目なのか、判断が難しい。

Img_0537 Img_0539 Img_0549

|

« 第9節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 2011ACL Match5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/51567031

この記事へのトラックバック一覧です: 【第9節 横浜FM戦】:

« 第9節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 2011ACL Match5 »