« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »

2010.12.25

【天皇杯準々決勝 G大阪戦】

オフィシャルより

10.12.25
第90回天皇杯、準々決勝vsガンバ大阪 25日(土)に万博記念競技場にて行なわれました、第90回天皇杯、準々決勝vsガンバ大阪の試合結果をお知らせいたします。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権、準々決勝
ガンバ大阪vs浦和レッズ 
2010年12月25日(土)13:04キックオフ・万博記念競技場
試合結果
ガンバ大阪2-1(前後半1-1 延長1-0)浦和レッズ
得点者:72分遠藤(G大阪)、81分宇賀神、103分宇佐美(G大阪)
試合速報
公式記録】(JFAオフィシャル(PDF))


「財産」

風雪舞い散る極寒の万博での闘い。

1度は追いつき延長に望みを託したが、チームを去るルーカスと、将来の日本代表を担うであろう若きエース宇佐美に見事に崩され、最後のタイトルへ挑戦は北摂の地で断たれた。

決して互角の戦いと言い切れない内容。前半から仕掛けてくるガンバに対し、ギリギリで守りきる時間帯が続き、なかなか攻撃への糸口が見えない。特にFWと2列目の間が中途半端で、これまで良いときに魅せてきたパスワークからの流れが相手に寸断されゴールが遠かった。

ガンバとはこれまで1点勝負の試合が多いが、やはり「決め手」を多く持っているチームは多彩で、レッズにはそれがなかったということだろう。

これでチームフィンケの2年間にわたる航海が終わることになるが、決してムダだったということはない。タイトルには無縁だったが、一から積み上げてきたもの、そしてこれまで造りあげてきた財産は貴重でとても大きなものだったと思う。

フロント、現場、サポーターと同じ方向を向かなければ、最良の結果はついてこないのだと実感した2年間。だからこそ、浦和レッズというクラブはこの財産をどう生かすのかはっきりと姿勢を見せてほしいと思う。

Img_69211 Img_6946 Img_6951

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.24

天皇杯準々決勝 G大阪戦プレビュー

元日決勝へ向けて天皇杯が再開。明日は万博記念競技場でガンバ大阪と対戦する。

ガンバはリーグ戦では18勝8分8敗の勝点62の第2位で終了。優勝には届かなかったものの、4年連続でACL出場権を獲得した。しかし未踏である3大会連続での天皇杯制覇へ向け、手綱は一切緩めていない。

戦力ではルーカスの退団が発表されたものの、今季最後の万博での試合という事もあり、モチベーションは高い。もちろん個々の能力しかり戦術ではやはり完成度は高い。それだけに中心となるであろう遠藤がキーポイントなるだけに、彼をどう抑えるかが勝負の分かれ目になるかもしれない。

また、前回埼スタでの対戦時では、ガンバが比較的スロースタートで臨んできて相手の出方を伺っていた。レッズは前半でのチャンスを決め切れずに徐々に体力を奪われ、後半一気に失点を喫した事は痛恨ともいえるだけに、試合の流れの見極めが重要になってくる。

一方のレッズは、リーグ戦は14勝6分14敗の勝点48の第10位で終了。フィンケ監督は契約を更新することなくレッズを去る事が決まった。またロビーの退団は周知の事実であったが、サヌのレンタル終了、そして細貝のレバークーゼンへの移籍が発表され、にわかにチームの雰囲気が変わってきた。

シーズン終了が近づくにつれ、ケガ人が戦列に復帰してきたことは喜ばしいが、その反面メンバー構成に苦慮してしまう。調子がいいが長く戦列から離れた選手を起用するかどうかは、最終的には指揮官の判断に委ねられる。

今シーズンは、結果的にリーグ戦は中位に沈んでしまったゆえ、指揮官は最後のタイトルとなる天皇杯制覇へ向け大きな意欲を口にしている。それだけにこの2年間で積み上げてきた方向性が間違っていなかったか指し示す大きなチャンスでもある。

リーグ戦最終節はホームであまりにも不甲斐ない結果で終わってしまっただけに、このままでは終われない・・・という想いもあるだろう。

それだけに、ガンバという今季2敗を喫した相手と万博で試合をできる事はいろんな意味で大きいと思う。万博では5ヶ月前のリーグ戦で、再開直後から1度もボールを奪えぬまま決勝点を奪われ、スルリと勝点がこぼれてしまったのは鮮明に記憶に残っている。

一発勝負のトーナメント戦ゆえ何が起こってもおかしくない。もう1度キモチ切り替えて、選手等と共に元日へそしてACLへ歩を進めたい。


☆今季対戦
リーグ第13節(万博) G大阪3-2浦和 【G大阪】【浦和
リーグ第31節(埼スタ) 浦和0-2G大阪 【浦和】【G大阪

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第34節 (対神戸 ●0-4)
【G大阪】 Jリーグ第34節 (対清水 ○3-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

宿題

今週末は、天皇杯準々決勝G大阪戦。

大阪遠征の予定ですが、その前に1つ仕上げなければならない“宿題”をようやく仕上げました。

広島遠征あれこれ

もうかれこれ1ヶ月前の遠征記をようやくアップしました。これで心置きなく(?)大阪、そしてその先にあるであろうエコパ、さらに国立まで行くことができます(笑)

大変お待たせしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

年間日程

Jリーグから来季の試合日程が発表されました。開幕戦は、3月5日(土)か6日(日)となります。

そして、対戦カード等は例年通りならば1月末か2月上旬に発表になるようです。

とりあえず、手帳やカレンダーに書いて、スケジュールだけは押さておきましょう(笑)

2011Jリーグ J1リーグ戦/J2リーグ戦 大会方式および試合方式について
2011Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について
スーパーカップ冠スポンサーに富士ゼロックス株式会社
2011Jリーグ年間日程(いずれもJリーグオフィシャル)
2011シーズンの試合日程が決定!(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

封印と仕分け

まあ、「水増し」だけが要因とは思えないけど、ありえない話ではないな・・・と思っているわけで。

2年前のNACKでのダービーは、やれ赤い服着るなとか、別の意味であちらさんがピリピリしていましたからね(笑)

“水増し”から出直し 埼スタ使用封印…大宮(スポーツ報知)


それと、「さいたまシティカップ」の件ですが、確かさいたま市の事業仕分けで、一度は仕分けられたような気がしたのですが、ダービー開催で矛を収めるんでしょうか・・・。

記事には「ちばぎんカップ」をモデルに・・・と書いていますが、世界三大カップの1つと一部サッカーフリークの間で言われる「ちばぎんカップ」を甘く見ちゃいかんですよ(笑)

浦和もろ刃のダービー、大宮とプレマッチ(日刊スポーツ)

「さいたまシティカップ」開催危機、民主党市議事業仕分けの判定で「不要」、欧州クラブの日本素通りも欧州サッカー日本素通り?シティカップ開催危機(2chまとめサイト)

ちばぎんカップ(ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

CWC2010閉幕

10日からUAEで行われていた「FIFAクラブワールドカップ2010」は、18日の決勝戦でインテルが優勝を果たし、合計8試合の熱戦を終え、無事閉幕しました。

2009年から2年間はUAEでの開催。いずれもAFC代表として日本のクラブの参加がなく、また時差の関係もあり、どちらかというと関心薄でしたが、来年から2年間は再び日本開催となるので、楽しみが増えますね。

本音を言えば、レッズがその舞台に再び出られたらいいんですがね・・・。

FIFAクラブワールドカップ2010決勝戦
マゼンベ(CAF)0-3インテル(UEFA)(日テレ大会特設サイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2010年12月26日 - 2011年1月1日 »