« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

2010.12.10

CWC2010

やはりUAEでの開催だと、あまり興味が沸かないせいか、気がついたらもう水曜日の夜中から開幕してたんですね・・・(笑)

今回は6月のW杯ほど、遅くまで生中継で観るつもりはあまりないので、とりあえず録画して後でじっくり観ようかと思います。


TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ UAE2010
スポーツナビ)(日本テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

ACL2011

7日にアジアサッカー連盟本部があるマレーシアのクアラルンプールで来年のアジアチャンピオンズリーグの抽選会が行われました。

日本からは、リーグ優勝の名古屋を筆頭に、2位のG大阪、3位のC大阪が出場。4枠目は天皇杯優勝クラブですが、名古屋及びガンバが優勝した場合はリーグ4位の鹿島が繰り上がりで出場となります。

注目は名古屋が入ったグループF。韓国リーグ王者のFCソウルと同組となり、さらにプレーオフを勝ち上がるクラブによってはグループステージから中東での試合をこなさなければならないという、ある意味厳しいグループに入ったようです。

上位2位までがラウンド16に進出。やはりホームアドバンテージを望むなら、1位通過は必須のようです。日程は来年3月に開幕。グループステージはリーグ戦と平行で5月まで行います。

ちなみにレッズが天皇杯を制すれば、ACLはグループH。4年ぶりにシドニーFCや上海申花と再戦になりますね。


AFCチャンピオンズリーグ2011 グループステージ 組み合わせ決定(JFA)

<東アジア>
【グループE】
①済州ユナイテッド(韓国)、②メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、③ガンバ大阪(日本)、④天津泰達(中国)
【グループF】
①杭州緑城(中国)、②FCソウル(韓国)、③プレーオフ勝者(東地区)、④名古屋グランパス(日本)
【グループG】
①セレッソ大阪(日本)、②山東魯能(中国)、③全北現代モータース(韓国)、④アレマ・インドネシア(インドネシア)
【グループH】
①シドニーFC(オーストラリア)、②第90回天皇杯優勝チーム(日本)、③上海申花(中国)、④水原三星ブルーウィングス(韓国)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

シーズンチケット

昨日の新体制発表に引き続いて、今日も大きな動きがあったようですが、現体制で天皇杯へ向けて再び動き出したので、選手動向などはまた別の機会に・・・。

ということで、今日はわが家に来季のシーズンチケットの更新のお知らせが到着。

シーチケ所有は今年で13年。どうやら今年は、所有者限定のイベントやらプレゼントもあるようですが、これも営業努力の賜物。これまでは黙っていてもチケットが売れ、スタジアムがほぼ満員近くまで埋まっていた至福の時は崩れ、今は観客動員も右肩下がりとなっています。

しかしこれは成績だけではなく、日本経済の低下さらにクラブのホスピタリティにも問題があったかと思います。そこを1つ1つずつ問題点を洗い出して改善することが、今後へ向けて大切ではないかと考えます。

そのためにも、このシーズンチケット更新は大事な一歩。やはり何だかんだ言って浦和レッズは好きなので、また更新してクラブをサポートしていきたいですね。

Img_65391 Img_6540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

新体制発表

本日、レッズから2011シーズンの新体制が発表されました。

監督には1997シーズン後半から2000シーズン前半まで在籍していた、ゼリコ・ペトロヴィッチ氏。ひと昔前からのサポーターにとって彼の熱血漢がとても懐かしい限りでもあります。

手腕としては、ヨーロッパのクラブでのアシスタントコーチなどでの指導実績があるだけに、さらなるキャリアアップを目指し、日本で監督として実績を積み上げていく・・・という感じでしょうか。

コーチ陣も明らかになりましたが、やはり外国人監督の場合、「通訳」というのが大きなポイントになるかと思います。通訳は監督と一心同体とも言いますが、監督の想いをそのまま伝えるという事がどれだけ難しいか、他のクラブの通訳の方々を見るとその苦労がよく分かります。発表はないのかもしれませんが、しっかり人選して欲しいと思います。

まだ公式戦が残っている段階で、今年の総括はまだなされていませんが、何が良くて何が悪かったのかをしっかりGMやフロントで分析し、次のペトロ体制へ引き継いでもらいたいですね。

そしてペトロといえば、この言葉でしょう。

「もし、レッズのためにプレーするなら、レッズを愛さなければならない。そして、もし、レッズを愛するなら、100%ファイトしなければならない」

新監督にゼリコ・ペトロヴィッチ氏
2011シーズンの体制について
勝利への飽くなき執念を持つ男が帰還(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

Jリーグアウォーズ

今夜はJリーグの年間表彰式となる「Jリーグアウォーズ」が開催されました。

レッズからは、エジミウソンが優秀選手賞に選ばれましたが。ベストイレブンの受賞には至りませんでした。まあしょうがないですかね。

ちなみにベストイレブンは、優勝した名古屋からは5人選ばれ、MVPは楢崎選手が受賞ということでまあ妥当な結果でしょう。

また、フェアプレー個人賞に広島の槙野選手が選ばれましたが、全試合出場してDFにも関わらず「警告0」という素晴らしい成績を残していたんですね。いやはやビックリしました。

これでJリーグとしての全日程は終了。天皇杯も残っていますが、これから移籍やら契約やらオフシーズンがさらに騒がしくなりそうです。

Jリーグアウォーズにレッズから4名が出席(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

降格昇格出場権諸々

土曜日のJ1及びJ2最終節をもって、今季の昇格及び降格、そしてACL出場クラブが決まりました。

【アジアチャンピオンズリーグ】
名古屋、G大阪、C大阪

セレッソは初出場。来年は関西から2クラブが参戦しますね。あと1クラブは天皇杯優勝チーム。しかし名古屋及びG大阪が優勝した場合は、リーグ4位の鹿島が出場権を得ることになります。


【J2降格】
FC東京、京都、湘南

早々に京都と湘南が脱落し、あと1枠を巡って神戸、FC東京、仙台による壮絶な争いでしたが、浦和や京都のアシスト?もあり、FC東京が逆転で降格。2000年シーズン以来のJ2リーグ参戦となりました。


【J1昇格】
柏、甲府、福岡

いずれも復帰組。柏は1年での復活。甲府は4年ぶり、福岡は5年ぶりのJ1リーグとなります。


【Jリーグ加入、J2昇格】
ガイナーレ鳥取

先日の日記にも書きましたが、Jリーグ準会員だった鳥取は、JFLを優勝し成績面でもクリアし、山陰地方からの悲願のJリーグ入りが決まりました。

【JFL昇格】
カマタマーレ讃岐AC長野パルセイロ

12/3より3日間、市原で「全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド」が行われ、成績上位2位までの「カマタマーレ讃岐」と「AC長野パルセイロ」がJFL昇格を決めました。ちなみに3位の三洋電機洲本はJFL17位だったアルテ高崎と入れ替え戦を行います。(JFL最下位の流通経済大学FCは地域リーグ(関東サッカーリーグ)へ自動降格)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »