« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010.12.04

【第34節 神戸戦】

オフィシャルより

10.12.04
Jリーグ第34節vsヴィッセル神戸
4日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第34節 
浦和レッズvsヴィッセル神戸 
2010年12月4日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-4(前半0-1)ヴィッセル神戸
得点者:31・52(PK)分吉田(神戸)、59分朴(神戸)、90+3分小川(神戸)
入場者数:45,941人
試合速報


「助演」

4度の歓喜に沸いたスタンドの一角を占めたアウェー席。それ以外のおよそ340度を占める赤い援軍はその光景をどう感じだろうか・・・。この日のレッズは、「絆」という残留へのドラマの主役となった神戸の“助演”を最後まで演じきった。

リーグ戦最終節、さらに埼スタでのラスト試合に見せ付けられた惨敗劇。フィンケ体制2年間での締めくくりがこういう試合になろうとは思いもしなかった。

振り返るならば、監督が発していた濱田を起用した事だけが要因ではない。神戸の選手、サポーターが放つ目指すべき残留への熱い想いがスタジアムを包み込み、その異様な緊張感に浮き足立ってしまったのがレッズの選手達だったという事だろう。

本来のパスサッカーがまるで出来ず、ボールホルダーに対してフォローも少なく、さらにゴール前に走りこむ選手も最小限でまるで2年前のサッカーを見ているようだった。

とにかくボールへの出だしが相手より遅く、さらにレッズのウィークポイントでもある相手の早いプレスに対し、何も対処できなかった。また退団するロビーのため、さらに得点王を目指すエジミウソンのために花を添えるようボールを集めたのだろうが、完全に相手に読まれており、前半の決定的なチャンスが潰えてからは、最後まで神戸のペースだった。

もちろん神戸が残留できたその驚異的な力には敬意を表さなければならない。ただそれ以上に久々に4万5千人以上集った人たちに対し、4失点完封という手も足もでない自らのチームの完敗劇にガッカリしてしまった。

しかし、レッズにはまだ天皇杯へのチャンスが残っている。こういう敗戦で立て直せるのだろうかいささか不安であるが、もう終わった事なのだからしっかり切り替えなければタイトルなど夢のまた夢の話だ。

天皇杯制覇まであと3試合。悔いのない采配、そして悔いのないプレーに徹して、最後のタイトルへ挑んで欲しい。

Img_6335 Img_6348 Img_6356

Img_6372 Img_6385 Img_6387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.03

第34節 神戸戦プレビュー

3月から始まったリーグ戦もいよいよ最後。明日はホーム埼玉スタジアムに、ヴィッセル神戸をむかえ対戦する。

神戸は現在、8勝11分14敗の勝点35で第16位。前節はホームで清水と対戦。負ければ降格の可能性大という崖っぷちの状況下で試合開始。

前半こそ清水のパワーある攻撃に手を焼いたものの、スコアレスで終えた。後半も押され気味の中、30分に田中が2枚目の警告で退場。土壇場で1人欠いてしまう状況に陥ってしまう。

しかしそれが逆効果になったのか、10人とは思えないぐらい前ががりの展開となり、ついに38分に待望の先制点を挙げた。放ったシュートは24本。最後まで貴重な1点を守りきって勝点3を奪い、最終節まで残留への望みを繋げた。

一方のレッズは、前節はアウェーで川崎と対戦。開始わずか30秒で先制点を許してしまう、幸先の悪い立ち上がりとなった。それ以降も川崎の猛攻に水際で防ぐのがいっぱいいっぱいで、いつ崩壊してもおかしくなかったが何とか1失点のみで前半を終えた。

後半はボランチに細貝が起用されると流れが一変。前への推進力が上がり、ようやく30分にロビーのパスをエスクデロがGK頭上へ鮮やかなシュートを放ち、同点に追いついた。それ以降は次々とチャンスを作るも、ゴールまでには至らず結局1-1のドローに終わった。

今週月曜日にフィンケ監督の退任が発表された。改革を掲げて2年間チームを率いたものの、クラブとの考え方の相違からチームを去ることになった。そして、それ以上に忘れてならないのは、ロブソン・ポンテの退団である。もちろん天皇杯も控えているが、ホーム埼スタでは最後の試合となる。有終の美を飾りたいところではあろうが、やはり相手の状況もある。

もちろん神戸にとっては残留への強い想いがある、他チームの結果如何とはいえ、まずは勝たなければいけない状況において、アウェーでの試合はハードルが高いがそれは関係ない。ここ6試合で3勝3分で追い上げてきたのは決してフロックではないだろう。

レッズにとって、ここ3年間は勝利から見放されている最終節の試合。ただ、明日はいろいろな想いを含ませながらの特別に濃ゆい90分間になると思う。

やはりまずは勝点3。明日も選手達と共に闘ってリーグ戦を締めくくり、その先の天皇杯に勢いをつけたい。


☆今季対戦
ナビスコ予選第2節(ホムスタ) 神戸1-3浦和 【神戸】【浦和
リーグ第17節(ホムスタ) 神戸1-0浦和 【神戸】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対川崎 △1-1)
【神戸】 Jリーグ第33節 (対清水 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018&2022

およそ20分押しで始まった、スイスチューリヒでのFIFAの会見。

その場で、2018年はロシア。さらに日本が立候補してた2022年はカタールにそれぞれ開催地が決まりました。

うーん意外といえば意外だったかな。でも詳細をみるとどちらも最初の投票からトップだったのね・・・と納得。

なぜ日本が立候補したの?という意見もあちらこちらと聞かれるわけですが、勝算があったかというと微妙なところ。そもそも“その先”を見据えたものだったのかもしれません。

そんな中、JFAにとって誤算だったのは2022大会がカタールになった事。つまり同じ連盟で開催されると2大会は立候補できないので、早くても次回日本が立候補できるのは2034年大会となるわけ。

そうなると日韓大会から32年。まあ当初の目標は2050年までには・・・という事だから、生きてるうちにはもう1度W杯を日本で観れるかも?しれないですね。

2022年ワールドカップ日本招致へのご支援、誠にありがとうございました(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

鳥取

去る11月29日に行われたJリーグの臨時理事会で、JFL優勝を果たしたガイナーレ鳥取のJリーグ参入が決まりました。

鳥取といえば、元レッズの岡野が在籍するクラブ。昨年、一昨年と成績面であと一歩及ばず涙を呑んでいましたが、ようやく念願かなって、山陰地方初のJクラブ誕生となりました。

これで来季のJ2は1クラブ増え、全20クラブとなります。むしろこれだけ増えると、リーグ戦だけでは下位クラブのモチベーション維持が難しくなりそうですね。


ガイナーレ鳥取のJリーグ入会が決定(Jリーグオフィシャル)
J昇格決定のご挨拶(ガイナーレ鳥取オフィシャル)
ガイナーレ鳥取J2加盟正式決定 山陰から初(日本海新聞)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.30

11月30日

この日はJリーグの選手契約について、翌年契約を更新しない選手に対し、クラブから通知される日とされています。

リーグ最終戦を待たずして、クラブや新聞などで「戦力外」「構想外」と公表されるのは、どういう気持ちなんでしょうか。おそらく通知するクラブも、通知される選手も居たたまれない想いなのかもしれません。

でも、保有できる人数が限られてる以上、入ってくる選手もいれば出て行く選手もいます。それをファン、サポーターは毎年毎年色々な想いを巡らすわけです。

そして、またこの悲喜こもごもする時期がやってきました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.29

契約満了

オフィシャルより

10.11.29
フィンケ監督との契約について

浦和レッズとフォルカー フィンケ監督は、契約満了に伴う話し合いの結果、2011シーズンの契約を更新しないことになりましたのでお知らせ致します。
また、フィンケ監督と共にチームを築いたコーチングスタッフであるカルステン ナイチェル、イブラヒム タンコ、福田正博、大槻毅、モラス雅輝の5人のコーチも契約満了に伴い、2011シーズンの契約を更新しないことになりましたので併せてお知らせ致します。
なお、2011シーズンの新体制は、決まり次第お知らせ致します。
(以下略)


何だかんだ周りが騒がしいまま決まってしまいました。個々いろんな意見があろうかと思いますが、自分の気持ちとしては、もう1年やってほしかったというか、指揮させてあげたかったというのが本音でしょうか。

もちろんこの騒動は、チームの成績だけでは計れない大きな要因もあったはず・・・。ただ今週末にリーグ最終節が控えているので、機会をみて改めて書いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.28

武蔵小杉遠征あれこれ

新横浜遠征から4日後。今度は同じ神奈川県内の武蔵小杉遠征でした。簡単ですが振り返ります~。

<往路>
新鎌ヶ谷(北総線/京成線/都営浅草線)泉岳寺
泉岳寺(都営浅草線)西馬込
西馬込(徒歩)等々力陸上競技場

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。京急線直通の羽田空港行きに乗車。乗ったらひたすら寝てました・・・。
Img_6039 Img_6041 Img_6046

泉岳寺で乗り換えて、行き着いたのは都営浅草線の終着となる西馬込駅。
Img_6047 Img_6048 Img_6049

なぜここから徒歩なのか・・・。
以前に何となく地図をぼんやり見ていたら、距離的に行けるかも・・・と思って今回チャレンジすることに。ということで西馬込駅を出発。
Img_6051 Img_6053

駅前の国道1号から脇道にそれてからはほぼ道なり。住宅街の中を歩くので車の量も少なく歩きやすかったですね。
Img_6055 Img_6057

東急池上線、環七を越え住所は田園調布に。至る家の車のランクが上がりましたね(笑)
Img_6059 Img_6061 Img_60621

東海道新幹線を越え、福山雅治の「桜坂」のモデルとなった「さくら坂」のすぐそばを通り、中原街道へ。
Img_6066 Img_6068 Img_6070

中原街道に出るとすぐに多摩川。いよいよ県境越え。
Img_6074 Img_6075 Img_6079

こういう看板見ると、やっぱりわくわくするのは自分だけですかね(笑)
Img_6080

多摩川を越えるともう武蔵小杉周辺。あとはスタジアムまではほぼ一直線。ということで西馬込駅から約5.5km。およそ1時間かかりました。
Img_6086 Img_6088 Img_6089

そして開場。久々の秋晴れに恵まれましたね~。
Img_6093

試合は惜しくもドロー。
Img_6113


<復路>
武蔵小杉(横須賀線/総武線快速)船橋
船橋(東武野田線)新鎌ヶ谷

試合後はだらだらと武蔵小杉駅へ移動。この3月に開業した横須賀線ホームへ向かいましたが、結構遠かったですね。
Img_6129 Img_6132 Img_6133

16:49発、総武線直通成田空港行きに乗車し、17:35船橋駅着。
Img_6134 Img_6137

駅近くのチケットぴあで天皇杯のチケットを購入し、17:54発東武野田線に乗車。
Img_6138

18:06新鎌ヶ谷駅着。というわけで武蔵小杉遠征も無事終了。皆様お疲れさまでした。
Img_6139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »