« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »

2010.11.13

第30節 京都戦プレビュー

リーグ戦も残りあと5試合。明日は、ホーム埼玉スタジアムに京都サンガFCをむかえ対戦する。

京都は現在、3勝7分19敗の勝点16で第17位。前節はホームで川崎と対戦。前半16分に先制点を許すも同点に追いつき前半を終えた。

後半は守備が安定していたが、終盤近くになりお互い得点の応酬。再度同点に追いつくも結局3-4で敗れた。シーズン途中から秋田監督に代わるものの、なかなか結果が出ずにもどかしいところであり、いよいよ次節となる明日、敗れてしまうとJ2降格が決定する崖っぷちに追い込まれてしまった。

一方のレッズは前節はアウェーで広島と対戦。前半、なかなか試合の組み立てが難しい中、前線からの激しいプレスからボールを奪い、それが起点となってエジミウソンの先制ゴールが生まれた。

後半に入り、広島が佐藤寿人を切り札で投入してから早々に同点に追いつく。その後も相手が主導権を握る中で、レッズが何度かビックチャンスがあったものの決めきれず、流れを引き寄せることができない。それが後々響いてしまい終了直前のアディショナルタイムに佐藤の技ありのシュートを決められ万事休す。結局1-2で破れ3連敗を喫してしまった。

終了直前の失点も今に始まったことではないが、やはり決めるべきチャンスを決めきれなかった事が全てだったと思う。それがFWならばなおさらの話である。

明日は、降格寸前の京都にとっても、3連敗中のレッズにとっても、お互い大事な大事な一戦になるだろう。レッズとしてはケガ人が多い中でもさらに上位へ進出するため、そして水曜日に行われる天皇杯へ向けて結果を残したいところ。特に今週は天皇杯も含め、埼スタ3連戦というこれ以上ないアドバンテージの元で闘う事ができる。

そのチャンスは絶対に生かさなければならないだろう。


☆今季対戦
リーグ第15節(西京極) 京都0-4浦和 【京都】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第29節 (対広島 ●1-2)
【京都】 Jリーグ第29節 (対川崎 ●3-4)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.11.12

浦和の太陽

先週の広島戦で、柏木のチャントがお披露目されました。

新チャントは概ねアウェーでお披露目される事が多いですが、特に広島発が結構多いような・・・(笑)

今度こそは勝って歌いたいですね。

アレアレー柏木
ララララーラララララー
浦和の太陽 俺達の柏木陽介

ちなみに原曲はこちらのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.10

崖っぷち

今夜は、台風の影響で延期されていた第28節の「湘南-大宮」の試合が行われました。

試合は前半から2点をリードした大宮が後半にさらに追加点を加え、結局3-1で大宮が勝ちました。

これで湘南の勝点は、京都と共に「16」のまま。14日(日)に行われる第30節で敗戦を喫するとJ2への降格が決定します。つまりそれだけ崖っぷちの状況まで来ているという事・・・。

湘南はアウェーで清水と対戦。そして京都はアウェーでレッズと対戦します。難しい試合になるかもしれませんが、当方もいろいろ事情を抱えているので(!?)、“情は無用”で臨んでほしいものです。

J1第28節延期分 湘南1-3大宮

J1順位表


☆この試合を最後にジャーン選手が退団とのこと。日本ではFC東京、湘南とあわせて9年在籍していました。記憶に残る選手でしたね。お疲れさまでした。

ジャーン選手退団のお知らせ(湘南オフィシャル)

Img_5531 Img_5536 Img_5540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.09

アジア大会 中国戦

ロンドン五輪へ向けた、U-21世代が臨む「アジア大会」が中国広州で始まり、昨夜は中国戦が行われました。

政治的事情でピッチ外ではピリピリしてましたが、試合は別。圧倒的な強さで3-0と快勝しました。雰囲気はまさに超アウェー。そんな中、冷静に戦って特に完封勝ちしたのは大きいと思います。

中国での開催という事で、どんないい試合をしてもアウェーな雰囲気は変わらないでしょうが、優勝へ向けて頑張ってほしいですね。


広州アジア大会2010 男子サッカー
中国0-3日本(スポーツナビ)

Img_5508 Img_5511 Img_5512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.08

広島遠征あれこれ

1泊2日の広島遠征を振り返ります~。

今年のアウェー広島戦は、日曜日の13時KO。相方と泊まりで行く事は決めていたのですが、前日入り1泊にするか、当日入り1泊にするか悩みましたが、結局前日出発に決めてプランを立てました。


【11/6(土)】
どうせ行くなら、広島を満喫するか・・・という事で、いつもの新鎌ヶ谷駅から東武野田線5:04発船橋行きに乗車。
Img_5242 Img_5244 Img_5246

5:16船橋駅着。5:21発総武線快速に乗換。
Img_5248

5:44東京駅着。開店前のグランスタを通り、新幹線乗換口へ。
Img_5249 Img_5250 Img_5251

6:00発「のぞみ1号」に乗車。紅葉シーズンが始まるせいか結構混んでましたね。
Img_5253 Img_5255

1時間もすると綺麗な富士山が。
Img_5258 Img_5261

それからすっかり夢の中状態が続き(笑)、9:52広島駅着。
Img_52671 Img_5273 Img_5274

ここから観光開始。9:58呉線の快速列車広行きに乗換。
Img_5275 Img_5277 Img_5278

車窓に瀬戸内の海が広がります。波穏やかでいい景色です。
Img_5281 Img_5282

10:30呉駅着。まずは海方向へ10分ほど歩いて「大和ミュージアム」をちら見(笑)
Img_5283 Img_5287 Img_5289

その後山側へ進み、「れんがどおり商店街」へ。
Img_5301 Img_5306

ちょうどお祭りが行われたようで、盛り上がってましたね。
Img_5308

混雑を抜け、向かったのは「いせ屋」。呉は海軍の街という事で、この店が”肉じゃが”発祥の店とも言われています。
Img_5309

という事で、早めのお昼。肉じゃがとお店特製の“かつ丼”を食しました。
Img_5314 Img_5315

店を出て呉駅へ移動。高速バスで広島市内へ移動し、ホテルへチェックイン。
Img_5332 Img_5333 Img_5336

その後、再び広島を散策。
Img_5340 Img_5342

市電で向かったのは宮島口。
Img_5356 Img_5360 Img_5363

宮島と言えばあなご。「うえの」で夕食です。
Img_5371

“あなご飯”と“白焼き”。そして冷酒で締めます。
Img_5365 Img_5367

帰りは宮島口駅からJRに乗車し広島駅へ。そしてホテルで1泊。
Img_5372 Img_5373 Img_5374

【11/7(日)】
翌朝、広島駅のコインロッカーに荷物を預けて、横川駅へ移動。パス待ちの列の多さにビックリしつつ乗車。
Img_5409 Img_5412

20分ほどでビッグアーチ到着。
Img_5417 Img_5418

試合はまあそういう事で・・・。
Img_5456

試合後は再び横川駅行きのパスに乗車。帰りは30分ほどで到着。
Img_5459 Img_5461

JRに乗り、広島駅に到着。お土産などを物色しつつ、やはり名物ということで駅ビルにある「よっちゃん」でお好み焼き。美味しゅうございました。
Img_5463 Img_5465

18:06発「のぞみ56号」に乗車。
Img_5466 Img_5468

N700系なので、新大阪から無線LANを楽しみ、さらに新幹線名物のカチコチアイスを食し・・・
Img_5475 Img_5476 Img_5480

22:13東京駅着。
Img_54821 Img_5485 Img_5486

22:30発、総武線快速千葉行きに乗車。
Img_5488

22:53船橋駅着。23:13発東武野田線に乗り換えて、23:25新鎌ヶ谷着。
Img_5490

というわけで、1泊2日の遠征が無事終了。俺お疲れ。そして遠征された皆様、お疲れさまでした。

あとは、勝点3のお土産があれば良かったんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.07

【第29節 広島戦】

オフィシャルより

10.11.07
Jリーグ第29節vsサンフレッチェ広島
7日(日)に広島ビッグアーチにて行なわれました、Jリーグ第29節vsサンフレッチェ広島の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第29節 
サンフレッチェ広島vs浦和レッズ 
2010年11月7日(日)13:05キックオフ・広島ビッグアーチ
試合結果
サンフレッチェ広島2-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:31分エジミウソン、51分李忠成(広島)、90+1分佐藤(広島)
入場者数:21,725人
試合速報


「広島を見て想う事」

痛恨の3連敗。

前半に先制点を奪えたのは大きかったが、主導権を握ってたか・・・と問われると程遠い内容。後半から広島が怪我明けのFW佐藤寿人を投入すると流れが一変。開始直後に同点に追いつかれ、さらに終了間際に逆転されるという後味悪い試合になってしまった。

広島の省エネかつピッチをワイドに使った攻守に全体の動きが縮小され、攻撃の幅が狭められてしまったのが大きい。それゆえレッズの舵取り役となる柏木や細貝が奮闘したところでその後が続かず途切れてしまい、もどかしい時間が過ぎていった。

しかしそんな中、岡本、高橋、原口らの若い選手達の動きにわずかな光を見出せたように思う。後半に高橋がPA内で潰れ役となり、岡本が彼とのパス交換からGKと1対1となった場面。結果はわずかにゴールを外してしまったが、1対1を決めきれないFWよりはるかに高い可能性を感じた。
 
好不調の波が激しく、リーグ戦終盤での連敗は辛いものがある。しかしACL圏内も厳しく降格圏内から遠ざかっている状況において、このような若い選手達の頑張りが数年後のレッズを支えるであろう原動力になりつつある。高橋も怪我明けからようやく90分間闘える体力もついてきた。

若返っただけではチームは成長しない。彼等を試合に起用し失敗と成功を繰り返すことで、選手やチームは大きく成長する。そんな想いを同じピッチで闘う広島の選手達をみて強く感じた。

Img_5440 Img_5454 Img_5457

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月31日 - 2010年11月6日 | トップページ | 2010年11月14日 - 2010年11月20日 »