« 2010年10月24日 - 2010年10月30日 | トップページ | 2010年11月7日 - 2010年11月13日 »

2010.11.06

第29節 広島戦プレビュー

11月に入りいよいよ残り6試合。明日はアウェー広島ビッグアーチにのりこみ、サンフレッチェ広島と対戦する。

広島は今週水曜日に、ナビスコカップ決勝戦でジュビロ磐田と国立競技場で対戦。前半から磐田の早いプレスに苦しみ本来のサッカーが発揮できないまま前半36分に先制点を許してしまう。しかしミキッチのドリブル突破を起点に同点に追いつき前半を終える。

そして後半開始早々の3分にロングボールから抜け出した山岸が落ち着いて決めて逆転。その後は一進一退の攻防が続き、後は時間が経つのを待つだけだったが、アディショナルタイムに入る直前にCKから前田に決められ土壇場で同点に追いつかれ延長に入った。

延長に入ってからは、開始早々にビックチャンスを迎えるもクロスバーに嫌われてから、徐々に磐田に流れが傾き相次いで失点を許してしまう。前半終了間際にFKから1点返すも、後半に前田に決められ万事休す。結局3-5で敗れ、ステージ優勝以来のタイトル獲得の夢が散ってしまった。

一方のレッズは、前節はホームで山形と対戦。台風が近づき雨が降り続く中、パスを繋いでゴールに迫るも相手の枚数を掛けた守備に手こずり、なかなかゴールが遠い。そんな中、後半36分にセットプレーから田代に決められ先制を許してしまう。シュート22本を放つも攻め急ぐ場面が多々見られ、結局0-1で敗戦を喫し連敗となった。

選手の駒が足りない状況下でやりくりしているものの、今節は宇賀神が出場停止、そしてエスクデロがケガで再び離脱と中盤の選手構成が間々ならない。そんな中、前節ドリブルでスタジアムを沸かせた高橋の動きに期待したいところだ。膠着した状況こそドリブルで勝負できる動きを見てみたい。

広島にとってナビスコカップの敗戦は、試合内容から考えると体の疲労はもちろんだが、精神的な疲労もあるものと思われる。もちろん広島のパスサッカーはレッズが目指しているサッカーのかなり上を行くものとリスペクトしているが、それが中3日で立ち直れるかがポイントになる。

もちろんレッズの一員である柏木の凱旋試合というモチベーションもあるだろうが、試合間隔からいってもレッズは有利な状況下であるのだから、決して走り負けてはいけないだろう。

ACL出場という目標から遠ざかり、外野が勝手に騒々しくなっているようだが、まずは不甲斐ない連敗から脱出し結果を残す事が大事だと思う。そのためにも明日も選手達と共に闘って勝点3を持ち帰りたい。

☆今季対戦
リーグ第14節(埼スタ) 浦和0-1広島 【浦和】【広島

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第28節 (対山形 ●0-1)
【広島】 ナビスコカップ決勝戦 (対磐田 ●3-5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.05

非日常な空間

何を求めてスタジアムに来るか・・・。

“勝ち試合を見たい”のはもちろんだけど、一番最初に駒場でレッズの試合を見たときのような、スタジアムに集まって多くの仲間達とともに「非日常な空間」に酔いしれたい・・・というのもあるのかな。

もしかしたら、いつしかそれが当たり前のようになってきて、知らないうちにあの頃のワクワク感が薄れてきてたのかもしれない・・・。

今日、清尾さんのコラム読んで、ふと感じたこと。

さて、広島行きの準備でもしますかね。

♯254 スタジアムに来る動機(Wepsうち明け話)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.04

4時間41分

昨日の3日は、運良くチケットが手に入ったので、千葉マリンスタジアムへ日本シリーズ第4戦を観戦。

野球観戦は久々で、場所も比較的に良かったので、とても楽しかったです。

それにしてもこの日の試合時間は日本シリーズ史上第3位となる4時間41分。18時15分プレイボールでしたから、終わったのは22時56分。

さすがに最後までは観られませんでしたが、残塁やらイニング中の投手交代が多くて、思いのほか時間がかかりましたね。

そんな中ふと思ったのが、こんなに遅くなるぐらいなら、土日祝の開催だけでも以前やってたデーゲームでもいいのかなぁ・・・と帰り道に感じました。

Img_5189 Img_5193 Img_5210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

ナビスコカップ決勝

延長に入ってから、もの凄い勢いでスコアが動くとはビックリしました。やはり終了間際の前田の同点ゴールが一気に流れを変えましたね。

お互い勢いがあるチーム同士の対戦。そして近年稀に見る打ち合いの決勝戦で、いやはや見応えがありました。

そして磐田関係者の皆様、おめでとうございます。

Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦
磐田5-3広島(延長3-1)【Jリーグ】【磐田】【広島

Img_5181 Img_5228 Img_5230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.02

タコ予想

明日はナビスコカップ決勝戦。6月のW杯の時に話題となったタコのパウル君にちなんで、築地で決勝戦のタコ予想が行われたとの事。

結果は広島に軍配が上がったようですが、いやはや決勝戦の企画にタコを起用してくるとは・・・。そして予想後すぐに海へ返されたようですが、はたしてその予想は当たるのか否か。

通好みのカードとなった決勝戦。ちなみに広島とは今週末にリーグ戦で対戦するので、いろんな意味で楽しみですね。

「和製パウル君」は広島勝利を予想…ナビスコ杯(スポーツ報知)
パウルくんに続け!タコの源さん広島V予想(デイリースポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.01

財産

先日の山形戦の観客数は21,625人。台風の影響もありましたが、とても寂しい埼スタでした。アウェー席分を差し引くと、実質レッズ関係は18,000人強でしょうか。

タイトルを奪っていた頃に比べると動員が少なくなってきているのは、毎試合来て見て感じます。最近混みあうのはホーム開幕戦とか、鹿島など強豪クラブとの対戦時だけですかね。

やはり「浦和レッズ」という商品に対し、魅力的なサッカーを魅せたり、また結果が出ない限り、離れたお客は帰ってきませんし新たな客がつきにくくなります。

しかし逆にとらえるなら、この悪天候の中、スタジアムに集ったおよそ18,000人はクラブを支える貴重な財産でもあるわけです。

この「財産」を今後クラブはどう生かすのか。選手の強化もそうですが、クラブフロントの変化も見守っていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.31

ヒートアップJ2 第32節

J2は、今日31日に第32節を終え、各クラブ残り5~6試合となり、いよいよラストスパートを迎えました。
 
第32節の結果はこちら

昇格枠としては、首位柏はあと勝点1で3位以内の昇格決定となります。2位甲府も千葉に勝利し昇格へさらに一歩前進しました。

そしてもう1枠の争い。3位福岡は徳島にアウェーで逆転勝ち。そして4位千葉は甲府にホームで敗れ、勝点差が「7」に広がりました。

先月にも書きましたが、残り試合数=勝点差が「逆転の限界点」と言われているのを考えると、いよいよ結末が見えてくるのかな・・・と思います。

順位は以下の通りです。

1位 柏  勝点69 得失差38 残試合5
2位 甲府 勝点62 得失差25 残試合5
3位 福岡 勝点58 得失差26 残試合6
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4位 千葉 勝点51 得失差21 残試合6
5位 東京 勝点49 得失差11 残試合5

Img_5158_2 Img_5159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月24日 - 2010年10月30日 | トップページ | 2010年11月7日 - 2010年11月13日 »