« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010.10.16

【第26節 C大阪戦】

オフィシャルより

10.10.16
Jリーグ第26節vsセレッソ大阪
16日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第26節vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第26節 
浦和レッズvsセレッソ大阪 
2010年10月16日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半1-0)セレッソ大阪
得点者:14分エジミウソン、79分原口
入場者数:32,902人
◇J1通算900得点達成!
試合速報


「攻撃は最大の防御」

高橋が相手陣内の深いところで、マルチネスへの執拗なチェックから奪ったボールが繋がれて、最後はエジミウソンが決めて早々に先制点を奪い、試合を有利に進めた。

セレッソは、2列目の乾、家長、清武の3シャドーに注目されがちだったが、それ以上にボランチのマルチネスが曲者だった。彼からのパスは幅が広くなかなか絞りきれず対応に苦慮していたが、前線の選手以上に彼を達也や高崎、そして堀之内が彼をしっかり見張ることが事が功を奏し、決定的なピンチも多くはなかったように思う。

FWアドリアーノを封じた守備陣も良かったが、今日はそれ以上に守備を忠実にこなした攻撃陣を称えるべきであり、まさに「攻撃は最大の防御」という言葉が似合う展開だった。

これで公式戦10試合負けなし。波に乗ってきたと思うが、まだまだ要所要所では反省すべき所もある。勝ち続けることそして負けないことこそ難しいとは思うが、一度は壊して創り直したサッカーが間違っていなかったと証明するためにも、これからの残り試合がとても大事になると思う。

そしてようやくACLへの再挑戦権が見えてきた。

Img_4766 Img_4798 Img_4811

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.15

第26節 C大阪戦プレビュー

再びリーグ戦再開。明日は、ホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪をむかえ対戦する。

C大阪は現在、12勝8分5敗の勝点44で第3位。前の試合は天皇杯3回戦でJFL所属のソニー仙台と対戦。その前週のリーグ戦で出場停止だった、攻撃の核であるFWアドリアーノ、MF家長が復帰。ほぼベストメンバーで試合に臨んだ。一時は同点に追いつかれるも、強力な攻撃陣が奮起し、結局3-1で勝利し4回戦へ駒を進めた。

圧倒的な攻撃力を持つ中で、特筆すべきは「失点23」と鹿島と共にリーグ最少失点を誇っている守備網である。決して特段守備に秀でた選手がいるわけではないが、「攻撃は最大の防御」というなかれ、ボランチを組むアマラウ、マルチネスがゲームの舵取りを担い、チーム全体をコントロールし失点を防いでいる。

また、夏に香川がドイツへ移籍し戦力の低下が懸念されていたが、クルピ監督の下、これまで取り組んできた組織的サッカーのバランスが決して崩れる事なく、他の選手達が躍動ししっかり勝点を積み重ねている。

一方のレッズの前の試合は天皇杯3回戦。駒場スタジアムでJ2の徳島ヴォルティスとの対戦。

ケガ人が徐々に復帰を果たすも、まだまだ台所事情は変わらない。改修前最後の駒場での試合だったが、微妙なグラウンドのデコボコにパスが繋がらず、時折相手のカウンターをくらう事もあり難しい立ち上がりとなった。

そんな中、達也のドリブル突破からPKを獲得し、それをエジミウソンが決め先制。さらにサイドから流れを掴み始めた矢先に相手のオウンゴールを呼び、追加点をあげ前半を終了する。後半は何度かチャンスがあったものの、結局2-0で勝利し、4回戦へ駒を進めた。

一発勝負のトーナメントこそ勝利が優先されるが、公式戦9試合負けなしの内容を踏まえるならば、尻上がりではないものの少しずつながら良い感触を感じている。

この負けなしの中、鹿島や清水など上位陣との対戦では、勝ち切る事ができなかった。それゆえ現在3位の相手に対しても難しい試合を強いられるだろう。しかしACL出場を目標として掲げるレッズにとって、勝点差6の相手との対戦は、上位へ進出できるか、中位へとどまるかの重要な試金石となる。それだけに明日も選手達と共に闘って勝点3を目指したい。


☆今季対戦
第4節(長居) C大阪2-3浦和 【C大阪】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 天皇杯4回戦 (対徳島 ○2-0)
【C大阪】 天皇杯4回戦 (対ソニー仙台 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯4回戦

11月に行われる「天皇杯4回戦」の会場が、今日JFAから発表されました。

平日ナイターの中、地方開催も覚悟してましたが、蓋を開けてみたらレッズは埼スタでの開催となりました。

せっかくアドバンテージを貰ったのですから、勝って次のステージへ進みたいものです。

ちなみに天皇杯前後のリーグ戦も埼スタでのホーム試合。つまり7日間で埼スタ3連戦となります。

<J1-第30節> 11/14(日) vs京都(14:00埼スタ)
<天皇杯4回戦> 11/17(水) vs磐田(19:00埼スタ)
<J1-第31節> 11/20(土) vsG大阪(14:00埼スタ)

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦試合会場およびチケット発売決定のお知らせ(JFA)

【73】 鹿島vsC大阪(県立カシマサッカースタジアム)
【74】 名古屋vs新潟(名古屋市瑞穂陸上競技場)
【75】 大宮vs福岡(NACK5スタジアム大宮)
【76】 FC東京vs千葉(味の素スタジアム)
【77】 川崎vs山形(等々力陸上競技場)
【78】 横浜FMvs清水(ニッパツ三ツ沢球技場)
【79】 G大阪vs柏(万博記念競技場)
【80】 浦和vs磐田(埼玉スタジアム2002)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.14

最近ハマってる番組

知り合いから教えてもらった、NHK教育テレビの「Eテレ0655」と「Eテレ2355」。

とりあえず、1日の始まりと締めに見るには、ちょうど良い5分間番組だと思います。

そういえば教育テレビって、最近はなじみは薄いですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.13

天皇杯3回戦徒然(その2)

天皇杯3回戦は、9日の8試合に続いて、11日の4試合。そして今日13日に残りの4試合が行われました。

福岡は広島と対戦。PK戦までもつれこみ、何とか勝利を手繰り寄せました。そして今日は福岡以外もにあわや…という試合がありましたが、J1の4チームはナビスコカップから中2日という難しい状況下で3チームが4回戦への進出を決めました。

テレビ観戦は川崎-横浜FC戦。最後にオフサイドの判定があり、若干もめたようですが、色々調べるとやはりオフサイドのようですね。「2人目の守備選手」というのが、判定のポイントのようです。いやはや勉強になります。

これでJ2クラブが4回戦へ勝ちあがったのは、柏、千葉、福岡の3チーム。そしてその4回戦は11月17日の水曜日に行われます。我がレッズは磐田との対戦。そしてどこで試合を行うのでしょうか・・・。


【第90回天皇杯3回戦】本日の試合結果(10.10.11)

大宮 3 - 0 大分 (13:00/熊谷陸/2,493人)
柏 2 - 1 神戸 (13:00/ホームズ/3,775人)
浦和 2 - 0 徳島 (13:00/駒場/13,240人)
北九州 0 - 2 F東京 (13:00/正田スタ/2,486人)

【第90回天皇杯3回戦】本日の試合結果(10.10.13)

磐田 2 - 1 甲府 (19:00/ヤマハ/2,506人)
広島 2 - 2(PK 5 - 6)福岡 (19:00/コカ広島ス/3,452人)
川崎F 2 - 1 横浜FC (19:04/等々力/5,167人)
清水 4 - 1 水戸 (19:00/アウスタ/3,107人)

【天皇杯4回戦】
▼11月17日(水)キックオフ時間・会場未定
鹿島 - C大阪  新潟 - 名古屋
福岡 - 大宮  F東京 - 千葉
川崎F - 山形  清水 - 横浜FM
G大阪 - 柏  浦和 - 磐田

Img_4747 Img_4749

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.12

韓国戦

0-0のスコアレスドローながら、とても見応えのある試合でしたね。

後半はずっと押されっぱなしの展開ゆえ、アウェーで完封できたのはとりあえず良かったと思います。

これで今年の日本代表の試合は終了。次回は年明けすぐにカタールで行われる「アジアカップ」からスタートします。

国際親善試合 韓国0-0日本(スポーツナビ)

Img_4727 Img_4735 Img_4737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

【天皇杯3回戦 徳島戦】

オフィシャルより

10.10.11
第90回天皇杯3回戦vs徳島ヴォルティス
11日(月・祝)に駒場スタジアムで行なわれました、第90回天皇杯・3回戦vs徳島ヴォルティスの試合結果をお知らせいたします。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦:マッチナンバー【71】
浦和レッドダイヤモンズ 対 徳島ヴォルティス
2010年10月11日(月・祝)13:00キックオフ・さいたま市駒場スタジアム
試合結果
浦和レッドダイヤモンズ2-0(前半2-0)徳島ヴォルティス
得点者:31分エジミウソン(PK)、43分オウンゴール
入場者数:13,240人
試合速報


「臨機応変」

改修前最後となる駒場での試合。予想以上に綺麗に仕上がっているようなピッチだったが、いざ試合が始まると、やはり所々にあるデコボコの影響で、思うようにパスがつながらず、試合運びに苦慮していた。

徳島も序盤から前へ出てくるサッカーを展開して、何度かピンチを招いたが、シュートミスに助けられた感はあった。

そんな難しい試合の中、レッズはある程度パスサッカーを控え、個の力で打開を図ることで、それが先制点の起因となった達也のPK獲得に繋がったと思う。

一発勝負のトーナメント戦こそ、内容より結果重視の傾向がある。だからこそ試合運びには臨機応変な対応が求められる。それゆえ状況を冷静に分析し、サッカーを変えてきたのも悪くない。

カデゴリーが異なる相手との試合といえば、今までレッズはジャイアントキリングを企てる相手の勢いに何度か飲まれてしまっていた。だが、今日は試合経験が少ない選手やケガ明けの選手を躊躇なく起用して完封勝ちができた事は、チームの厳しい台所事情を考えるならば、とても大きな成長の糧になったと思う。

Img_4688 Img_4697 Img_4709

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.10

天皇杯3回戦 徳島戦プレビュー

明日は天皇杯3回戦。駒場スタジアムでJ2の徳島ヴォルティスと対戦する。

徳島は現在J2リーグで27試合を消化し、11勝5分11敗の勝点38で第10位。前節はアウェーで岐阜と対戦。開始13分でFW津田が先制するも、前半終了間際に追いつかれる。試合は終始支配していたものの後半31分に失点を許し、それが決勝点となり結局1-2で敗れた。

これで徳島はリーグ戦3連敗。中盤の要となる島田が怪我で離脱したが、明日はベテランの徳重の起用が予想され、決して侮れないメンバー構成となる。やはりプレシーズンマッチでも失点を喫した俊足の津田の動きに気を付けなければならないだろう。しかしながら、徳島は現在40失点とリーグで4番目に失点数が多く、付け入る隙は十分にあると思う。

一方のレッズは、前節はアウェーで大宮と対戦。開始4分に柏木のクロスから初先発の高崎が頭で決め先制。その後も16分に柏木のミドルシュートで追加点を加え、早々にリードを奪う。

守備陣も大宮の強力FW陣を抑えていたが、前半終了間際に一瞬の判断ミスからラファエルに決められ1点差で前半を終了する。後半は時間が経つごとに前後が間延びしてきて、守備に終われる時間が多くなっていたが、相手の拙攻にも助けられ、結局2-1で勝利し久々のリーグ戦連勝。また公式戦8試合負けなしとなった。

ここ数試合は、出場停止やケガ人などで満足なメンバー構成には至っていない。明日も代表で細貝とサヌ、またU-19で岡本が離脱中。そして大事をとったのかロビーが戦列を離れる模様。しかし啓太や高橋が復帰するようで、それなりに明るい材料もある。

やはり明日は、前節今季初得点を挙げた高崎のさらなるゴールに期待したい。大宮戦では得点場面以外にもチャンスがあっただけに、そこを決めてこそさらなる信頼を得たいところだろう。

一発勝負のトーナメント戦。おそらく守備を固めてくるであろう相手に対し、どのように攻めて行くのか。どのチームでも苦しんでいる永遠の課題に対し、終始試合を支配しさらにしっかり決めきる事ができるかがポイントになるだろう。それだけに大切なのは先制点だと思う。

台所事情は厳しいが、ここで勝ってこそさらなるチームの成長となる。改修前の最後となる駒場での試合を勝利で飾り、元日国立へさらに歩を進めるため、明日も選手達と共に闘っていきたい。


☆今季対戦
PSM(鳴門大塚) 徳島2-1浦和 【徳島】【浦和

☆前節の結果
【浦和】 J1リーグ第25節 (対大宮 ○2-1)
【徳島】 J2リーグ第29節 (対岐阜 ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコカップ SF-2ndLeg

国立決勝を懸けた準決勝第2戦が、アウスタ、等々力でそれぞれ行われました。

第1戦、ホームで勝利した広島と、逆に落とした磐田の試合運びが注目でした。

広島は、終始守備重視で相手に失点を許さない状況下でしたが、そんな中で貴重な1点が余裕を生み、結局1-1と引き分けに終わりながらも、2戦合計1勝1分けで初の決勝進出を果たしました。

磐田は、前半に先制点を奪うも直後に同点に追いつかれアドバンテージを許していましたが、後半33分に勝ち越しゴールが決まり、2戦合計で同点。これでアウェーゴール数で逆に優位に立ち、さらに終了間際に3点目を奪い、結局1勝1敗ながらも得失点差で上回り、2001年以来9年ぶりの決勝進出を果たしました。

国立での決勝戦は、磐田と広島との対戦。ちなみに今シーズンのリーグ戦では、5月の第10節にヤマハで対戦し2-1で磐田の勝利。その裏となる広島での対戦は、何と来週16日第26節での対戦となり、決勝直前での手の内を探りながらの、非常に興味深い前哨戦となりそうです。


【ナビスコカップ準決勝第2戦】
川崎1-3磐田 (共に1勝1敗 TOTAL 川崎2-3磐田)
清水1-1広島 (広島1勝1分 TOTAL 清水2-3広島)

【ナビスコカップ決勝戦】
11/3(水・祝) 磐田-広島 (14:05 国立霞ヶ丘競技場)

Img_4660 Img_4664

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »