« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010.09.25

【第24節 新潟戦】

オフィシャルより

10.09.25
Jリーグ第24節vsアルビレックス新潟
25日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第24節vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第24節 
浦和レッズvsアルビレックス新潟 
2010年9月25日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半1-0)アルビレックス新潟
得点者:45+1分柏木、81分セルヒオ
入場者数:31,973人
試合速報


「4ヶ月半振りの凱歌」

5月の名古屋戦以来のホーム埼スタでの勝利。久々にスタジアムに自分達の凱歌が響き渡った。待ちわびたというより、ようやく・・・という想いがそこにはあった。

前半こそは、スピラノビッチの負傷による交代などのピンチもあり、また相手の守備意識の高さから、パスが繋がらず攻撃が分断されていたが、前半終了間際に複数のワンタッチパスから、柏木のきれない弧を描いたミドルシュートが決まり、貴重な時間帯に先制した。

後半は先制点の余裕からか、中盤で相手のパスを何度もカットし攻撃へ繋げることができた。2点目も達也のドリブルを起点に連動した形でパスをつなげ、待望の追加点となるエスクデロのゴールが生まれた。

時折、チョ・ヨンチョルを中心に攻め込まれても、ベテランの山田と急遽起用された坪井の両ベテランが最終ラインを統率し、完封勝ちを演出した。やはり若手中心といえどベテランの力はとても頼りになる。

涼しくなってきたせいなのかわからないが、ピッチに立つ選手達が、しっかりと自分達の役割を把握して、しっかり連動して動くようになり、それなりの攻めの形が見えてきたように思える。これまではあと1点が奪えず苦しんできたが、中盤で柏木や細貝が相手に対し、執拗にマークすることで高い位置でボールを奪い、攻守の切り替えの起点となっている。

ようやく結果が出始めてきた。しかし台所事情は以前厳しい。それゆえあとはこれ以上ケガ人が増えないことを祈るばかりだ。

Img_4424 Img_4440 Img_4447

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.24

第24節 新潟戦プレビュー

9月最後の試合。明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在、9勝8分6敗の勝点35で第8位。前節はホームで京都サンガFCと対戦。ビックスワンも猛暑で芝がやられている中、パスを繋いでゴールを目指すも、前半は失点を許してしまう。

後半は21分に、相手のハンドからPKで同点に追いつき、さらに退場者を出し数的優位を生むも、最後まで攻めきれず結局1-1の引き分けに終わった。

特にキーマンとなるマルシオ・リシャルデス、ミシェウが怪我により、明日は欠場が濃厚となっている。もちろんチョ・ヨンチョルや大島など攻撃に秀でてる選手はいるが、その不在の穴はとても大きく、これまでの成績にも如実に現れている。しかしその穴を埋めるべく、若い酒井や加藤を起用してくるだけに、彼等の勢いには気をつけたいところだ。

一方のレッズは前節はホームで清水と対戦。開始からお互い攻め手を探る展開だったが、19分にハーフカウンターからエジミウソンが決め先制。しかし38分に岡崎に決められ同点に追いつかれてしまう。

後半はお互いに体力を消耗し、ロングボールの応酬になっていた。そんな中レッズは何度かチャンスがあったがあと1点決めれずに、結局1-1の引き分けに終わった。勝てた試合だったかもしれないが、上位の清水から、勝点1を奪ったのはとても大きいと思う。

リーグ戦では、ここ5試合は2勝3分で徐々に結果を残しているが、あの場面で得点が決まっていれば・・・という歯がゆい状況が続いている。それゆえホームでの勝利はまだまだ遠く、埼スタで3試合連続1-1のドローというのは何とも言い難いものがある。

お互いケガ人を抱え、ベストメンバーを組めない事情があるが、これまでの試合を見る限り、少しずつながら勝点3への道程はできていると思う。あとは相手の勢いを沈める決定的な得点を奪えるかどうかだろう。

目指すべきは勝利のみ。明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆今季対戦
第6節(東北電ス) 新潟0-2浦和 【新潟】【浦和

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第23節 (対清水 △1-1)
【新潟】 Jリーグ第23節 (対京都 △1-1)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.23

ヒートアップJ2 第27節

J2は、23日に第27節を終え、各クラブ残り10~11試合となり、いよいよラストが見えてきたでしょうか。

第27節の結果はこちら

昇格枠としては、首位柏はほぼ磐石な感じでしょうか。2位甲府も安定した試合運びをしているので、可能性は高いと思います。

注目は3位争い。前節柏との千葉ダービーで破れた千葉は、今節は試合なし。3位福岡の結果が気になるところでしたが、鳥栖と対戦し1-0で勝利し、4位千葉と残り試合数で並び、さらに勝点差を「7」に広げました。

しかし、次節(26日)はその福岡はホームに首位柏をむかえ対戦。福岡、千葉双方の結果によっては、再び勝点差が縮まる可能性があるので、まだまだ予断を許さない状況が続くのではないかと思いますが、逆に福岡は柏を撃破できれば、昇格へ向け大きく前進できるのではないでしょうか。

残り試合数=勝点差が「逆転の限界点」と言われているのを考えると、やはり福岡と千葉が3つ目の椅子を争う・・・ということになりそうです。

順位は以下の通りです。

1位 柏  勝点61 得失差34 残試合10
2位 甲府 勝点53 得失差20 残試合10
3位 福岡 勝点49 得失差25 残試合11
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4位 千葉 勝点42 得失差20 残試合11
5位 東京 勝点40 得失差07 残試合10

Img_4371 Img_4376 Img_4393

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.22

FIFA U-17 Women's World Cup

前回優勝した北朝鮮に逆転勝ち。それにしても、横山の5人抜きドリブル→ゴールは圧巻ですな。

そして決勝となる韓国戦は、日本時間の日曜日早朝に行われます。

FIFA U-17 Women's World Cup Trinidad and Tobago 2010 準決勝
北朝鮮1-2日本
(JFAオフィシャル)

(実況がうるさいので(笑)、音に要注意!)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.21

子供の夢

先日の千葉ダービーから。不可抗力とはいえなぁ・・・。

試合前に行われた千葉vs柏のPK対決でゴールキーパーを務めたジェフィに悲劇が!!
騒動の後、自らセーフのポーズをとるジェフィ。(共にJ's GOAL)

(5:00ころに注目w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.20

読書の秋

基礎的な本も含めて、もう1度サッカーの勉強を・・・(笑)

Img_4344

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.19

ダービーDAY

今日は、午後からスカパーで試合観戦。

①15:00~「仙台-山形」@みちのくダービー
②「甲府-熊本」(※後半から観戦)
③18:30~「千葉-柏」@千葉ダービー
④「愛媛-徳島」@四国ダービー(※残り30分観戦)

と、観てた試合のうち3試合はダービー。まあそんな感じで思いっきりハシゴ(笑)

特に、千葉ダービーは共に昇格をプライドを懸けた試合で、見応えがありましたね。試合は3-2でアウェーの柏が勝って、敗れた千葉のJ1復帰は残り11試合でどうなるのか・・・。

Img_4332 Img_4336 Img_4340

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »