« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »

2010.09.18

【第23節 清水戦】

オフィシャルより

10.09.18
Jリーグ第23節vs清水エスパルス
18日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第23節vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第23節 
浦和レッズvs清水エスパルス 
2010年9月18日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半1-1)清水エスパルス
得点者:19分エジミウソン、38分岡崎(清水)
入場者数:38,909人
◆山田暢久、J1リーグ450試合出場達成
試合速報


「勝点1の捉え方」

放ったシュートは16本。さらに得点を奪えるチャンスはあったが、決めきれずドローに終わり、またもホームでの勝点3はお預けとなった。

前節に魅せた縦への楔のパスは、小野伸二を中心とした清水の中盤にことごとくコースを寸断され、攻め手を失っていた。しかし、2列目の原口や高橋が次々と味方を追い抜く動きからのチャンスメイクもあり、残すべき課題は決定力なのかと思う。

もちろん勝てた試合だったかもしれないが結果は結果。ベストメンバーで臨んできた上位の清水に対して、ケガ人が多い中、岡本を先発で起用し、さらに後半は司令塔のロビーを欠く状況を踏まえるのならば、考え方は人それぞれかもしれないが、今日の勝点1は前向きに捉えていいかもしれない。

しかしアウェーではしっかり結果を出しており、内容も良くなっている。だからこそ、あとは埼スタで魅せてくれるのを待つだけだ。もうしばらくの辛抱だと思う。

Img_4283 Img_4290 Img_4294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.17

第23節 清水戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに清水エスパルスをむかえ対戦する。

清水は現在、11勝6分5敗の勝点39で第4位。前節はアウェーで大宮と対戦。前半こそは試合を優位に進めていたものの、終了間際に失点を喫してしまう。それを機に、連戦の疲れと猛暑の中での試合で、動きが徐々に鈍くなり、相次いで失点を許し結局0-3で敗れた。

ナビスコカップでは、準々決勝でFC東京を破ったものの、2試合連続ドローでアウェーゴールの貯金で勝ち上がった。リーグ戦からだと、ここ7試合1勝2分4敗と調子を落としているといっても過言ではないだろう。

しかし連戦と暑さを言い訳にするならば、明日は休養十分でかつ気候も落ち着いてきただけに、そこはリーグ戦4位。全く過小評価はできない思う。

小野の出場が微妙とされているが、藤本、岡崎、ヨンセンらのFW陣の力は2度対戦して十分に分かっているだけに最も警戒すべきであろう。

一方のレッズは、前節はアウェーでFC東京と対戦。相手のケガ人の多さや連戦の疲れに救われた部分もあったが、柏木、細貝の新ボランチが何度も縦に楔のパスを入れ勝負を仕掛けた。その甲斐もあってか、後半原口がPKを獲得し、それをロビーがしっかり決め貴重な先制点を奪った。

最後は疲れもあってか押される場面が多く見られたが、蒸し暑い中選手達もギリギリの状態で踏ん張って守りきり、結局1-0で勝利した。レッズもケガ人が多い中、若い選手達が現状を打破すべく、懸命に縦へ動いた結果が結びついたものだと思う。

明日も、ほぼ前節と同じ布陣が予想されるが、やはり前述した若きボランチ2人が生命線だろうし、それをフォローする選手達の動きが勝点3への導線になるだろう。

今季の清水戦といえば、2戦とも最後の最後で失点を許して敗北を喫している。その悔しさは何とも言いがたい。しかしそれから3ヶ月近く。選手個々の動きそして全体の動きは徐々に良くなってきていると思う。それゆえ明日は試金石と言っても過言ではない。

前節までフロックでなかったと証明するためにも、選手達と共に闘い、4ヶ月ぶりに勝利の凱歌をあげたいところだ。

☆今季対戦
リーグ第9節(エコパ) 清水1-0浦和 【清水】【浦和
ナビスコ予選第5節(埼スタ) 浦和0-1清水 【浦和】【清水

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第22節 (対FC東京 ○1-0)
【清水】 Jリーグ第22節 (対大宮 ●0-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

ようやくようやく

しばらく溜め込んでいた「遠征あれこれ」ですが、7月の大阪万博遠征分から、先日の飛田給遠征分までようやくアップできました。お待たせしました~。

大阪万博遠征あれこれ
京都遠征あれこれ
神戸遠征あれこれ(リーグ戦編)
名古屋遠征あれこれ
平塚遠征あれこれ(リーグ戦編)
飛田給遠征あれこれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

飛田給遠征あれこれ

久々の飛田給ですが、今回はダイジェスト的に振り返ります。

【往路】
新鎌ケ谷(東武野田線)船橋
船橋(総武線各駅停車)御茶ノ水
御茶ノ水(中央線快速)武蔵境
武蔵境(西武多摩川線)多磨

味スタといえば京王線ですが、今回はアプローチを変えて、武蔵境駅から西武多摩川線で多磨駅から向かいました。
Img_4150 Img_4152 Img_4154

多摩川線に乗ると、単線ゆえ東京なのにどこか風情を感じますね。
Img_4158 Img_4159 Img_4161

多磨駅からはひたすら歩き。でも道すがら少年サッカーや野球を眺めながらだったので飽きなかったですね。
Img_4163 Img_4165 Img_4168

味スタまでは約2キロちょっと。およそ30分強ぐらいですかね。
Img_4171

スタジアムで並びの列を確認した後、友人と合流しどこか涼みに行こうかと選んだのは・・・。
Img_4172 Img_4173

東京競馬場
Img_4174

場外開催なので入場料がかからないですし、京王線飛田給駅から府中競馬正門前駅まで片道120円とリーズナブルでした。
Img_4175

昼食は、友人オススメの深大寺そばをいただきました。
Img_4176

3時間ばかり建物の中で涼んで、スタジアムへ戻りその後開場。
Img_4177 Img_4178

試合は久々の完封勝利。暑い中よく頑張ったと思います。
Img_4212

終了後はダラダラと京王線西調布駅へ。

【復路】
西調布(京王線各駅停車/準特急)新宿
新宿(中央線快速)御茶ノ水
御茶ノ水(総武線各駅停車)錦糸町
錦糸町(総武線快速)船橋
船橋(東武野田線)新鎌ケ谷

帰りは、京王線の人身事故の影響を受けましたが、なんとか23時過ぎに帰宅できました。
Img_4220

という事で、皆様お疲れさまでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

【第22節 FC東京戦】

オフィシャルより

10.09.12
Jリーグ第22節vsFC東京
12日(日)に味の素スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第22節vsFC東京の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第22節 
FC東京vs浦和レッズ 
2010年9月12日(日)19:04キックオフ・味の素スタジアム
試合結果
FC東京0-1(前半0-0)浦和レッズ
得点者:66分ポンテ(PK)
入場者数:29,959人
試合速報


「責任感」

表示されたアディショナルタイムは4分。慎重に守りを固めていたが、前節の事もあってかとても長く感じた。

レッズは、ケガなどで攻撃的な選手が手薄で高橋を2列目に起用。体力的に不安な部分があったが、そつなく90分間こなし新たな攻めの一手を見せた。

また柏木、細貝の両ボランチから縦パスが何度となく供給され攻撃の起点を成していたが、それ以上に2人は守備にも奮闘し、久々の完封勝利を演出した。

イングランドへ移籍した阿部が抜けた後、その大きな穴が早々に埋められるのか・・・と危惧していたが、初めて代表に招集され一回り成長し、この日キャプテンマークを着けた細貝と、チームがどん底でも自らを鼓舞しピッチを動き回る柏木を見て、その心配は杞憂に終わった。

阿部の姿をしっかり焼き付けて、この2人は大きな責任感を背負い闘っているんだ・・・と改めて思うことに、今日の勝利は勝点3以上の価値があると感じた。

Img_4197 Img_4208 Img_4217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月5日 - 2010年9月11日 | トップページ | 2010年9月19日 - 2010年9月25日 »