« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »

2010.08.21

【第20節 湘南戦】

オフィシャルより

10.08.21
Jリーグ第20節vs湘南ベルマーレ
21日(土)に平塚競技場にて行なわれました、Jリーグ第20節vs湘南ベルマーレの試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第20節 
湘南ベルマーレvs浦和レッズ 
2010年8月21日(土)19:03キックオフ・平塚競技場
試合結果
湘南ベルマーレ1-4(前半0-0)浦和レッズ
得点者:55分スピラノビッチ、62分セルヒオ、78・79分エジミウソン、90+1分島村(湘南)
入場者数:14,095人
◆エジミウソン、J1リーグ200試合出場・100得点達成
試合速報


「モヤモヤからの脱却」

前半を終えてスコアレス。スタジアムの湿気が単に高いだけだっだのか、微妙にモヤモヤした空気がアウェー側を包み込んだ。

攻撃のスピードは試合を積むごとに良くなっているが、逆にスタミナ切れを予期してしまうぐらい、ボールに対するフォアチェックやオフザボールの動きが際立っていた。

そんなモヤモヤした中で、セットプレーの流れからようやく高さを生かしてスピラノビッチが待望の先制点をあげた。そして、この1点が起爆剤になったのか、その後も攻撃の手を緩めず先月の京都戦以来の4得点で圧勝した。やはりこれまで難とされたセットプレーの流れで得点できたのは大きいと思う。

特に柏木について、得点こそなかったもののよく走り動き、阿部が退いた後半からは、チームの中心として全体を鼓舞させてたのを忘れてはならない。また、守備の要として初得点をあげたスピラノビッチも攻守に動き回り、何度と無く相手のチャンスの芽を摘んだ。

ようやく勝点3を積み上げる事ができた。しかし今日は、相手の拙攻に助けられた所もあっただけに油断は禁物だ。それだけに最後の失点も動きをハッキリさせていれば防げたはずだ。

たが、やはり勝つのは何よりも嬉しい事。それも火曜日の勝ち点1があったからこそだと思いたい。せめて翌日までは久々となるこの余韻を味わいたい・・・。

Img_3357 Img_3372 Img_3382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.20

第20節 湘南戦プレビュー

まだまだ暑い日々が続く。明日はアウェー平塚競技場にのりこみ、湘南ベルマーレと対戦する。

湘南は現在、3勝5分11敗の勝点14で第17位。前節はホームで京都と対戦。前半こそスコアレスで終わるものの、後半からお互いに活発に動き出し14分に先制を許してしまう。

その後、田原のシュートで同点に追いつき、36分にPKで逆転に成功。あとわずかで勝利というアディショナルタイムを5分を経過したほぼラストプレイで同点に追いつかれ2-2で終了。スルリと勝点がこぼれ手元にわずか「1」しか残らなかった。

これで湘南は2試合連続の引き分けだが、6試合連続勝ちなし。それゆえ最後での同点ゴールは反町監督も頭を抱えてしまうほどショッキングだったようだ。明日はレッズからレンタル移籍したGK都築は契約の関係で欠場。代わりに野澤が起用される。

一方のレッズは、前節はホームで仙台と対戦。開始早々からパスを繋ぎサイドから攻撃を仕掛けるも、決定力不足がまたも露呈しなかなか決めきれない。逆に仙台のカウンターに何度が苦しめられたが、辛うじて凌ぎきり前半をスコアレスで終える。

後半もお互い同じような試合運びだったが、足が止まりつつあったレッズに仙台が個人技で襲い掛かりオウンゴールを誘発され先制を許した。またも追う展開となりバランスが崩れかかったが、阿部の代わりに入った堀之内がうまくバランスを保ち、攻撃陣も最後までサイドを攻めきり、残り7分でようやく同点に追いついた。しかしこれ以上は盛り返せず結局1-1の引き分けに終わった。

夏場の連戦は明日でピークを迎える。特に中2日、中3日と試合をこなす中で、今のレッズのゲームプランでは前半での勝負を意味している。もちろんそうなればいいのだが、前節同様決め切れなければ、またも苦戦を強いられるだろう。

とかく相手の出方も重要なゲームプランの1つとなる。レッズには非凡なストライカーやアタッカーが多いだけに、その力をムダに消耗させるだけではもったいない。

前節のドローでまずは連敗を止めた。しかし“辛うじて・・・”という想いがそこにはあった。それゆえ明日も内容が劇的に変わることはないかもしれないが、あと1歩前へ選手達が出ることで、シュートチャンスやゴールへの機会が多くなることに期待して、明日も彼等と共に闘っていきたい。


☆今季対戦
リーグ第5節(埼スタ) 浦和2-1湘南 【浦和】【湘南
ナビスコ予選第3節(平塚) 湘南1-2浦和 【湘南】【浦和

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第19節 (対仙台 △1-1)
【湘南】 Jリーグ第19節 (対京都 △2-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.17

【第19節 仙台戦】

オフィシャルより

10.08.17
Jリーグ第19節vsベガルタ仙台
17日(火)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第19節vsベガルタ仙台の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第19節 
浦和レッズvsベガルタ仙台 
2010年8月17日(火)19:33キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半0-0)ベガルタ仙台
得点者:69分オウンゴール(仙台)、83分オウンゴール
入場者数:32,231人
試合速報


「引き出し」

共にオウンゴールでのドロー。レッズから見れば“執念の引き分け”と言いたい所だが、まだまだ厳しい現実がそこにあった。

そもそもレッズのゲームプランがすでに相手に見透かされていたところが問題。手倉森監督も「前半さえ凌げれば・・・」と公言したほど、そのまま言ったとおりの展開がピッチで繰り広げられていた。

パスワーク、オフザボールの動きは良かったが、最後のフィニッシュで決めきれないのはいつものパターン。相手は最後の関所となるポイントをしっかり抑えているのだから、あまりにもレッズは引き出しが少なすぎた。途中までの組み立ては、試合を重ねるごとに良くなったいるだけに、左右からのクロスだけでなく最後まで人数をかけて中央を動かし攻めきるのも1つのパターンだと思う。

逆に攻めきる前にパスミスからボールを奪われ、仙台のカウンターに何度か苦しめられた。相手のプランはただ1つ。後方からのロングフィードに呼応して、ボールを繋ぎドリブルで切り裂き早いクロスで得点を奪いにいくという、ある意味「省エネ」に徹したサッカーだった。

相手のわずか1つの引き出しに苦慮したゆえに先制点を奪われてしまっては盛り返すのは難しい。ただこの日は相次いで選手を投入し、サイドを攻めきり何とか同点に追いついた。相手のDFのタイミングは合っていたのだから、それこそエジミウソンが執念で押し込ませたといっても過言ではない。ただ、スタジアムの盛り上がりもここまでだった。

もっとも気になるのはゲームプランが研究し尽くされていることだ。この改善がなされない限り、選手達がどれだけ努力しても勝点3は遠いと思う。今日奪った“勝点1”が今後にどう影響するのか。とにかくいい方向に印されるべき「1」である事を願いたい。

Img_3272 Img_3277 Img_3279

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.16

第19節 仙台戦プレビュー

灼熱の最中での中2日の試合。明日はホーム埼玉スタジアムにベガルタ仙台をむかえ対戦する。

仙台は、現在3勝5分10敗の勝点14で第16位。前節はホームでガンバ大阪と対戦。FC東京から期限付き移籍が発表された赤嶺を先発起用し、アグレッシブに責めるも前半にセットプレーの流れから先制される。

しかし後半14分に同点に追いつき、勢いづくと思われた矢先の3分後に再び勝ち越されさらに平井に決められ万事休す。結局1-3で敗れこれでリーグ戦13試合勝ちなしという状況になった。

一方のレッズは、前節はアウェーで名古屋と対戦。前半こそ相手の出足の悪さも手伝ってチャンスをつくるものの決めきれずにスコアレスで終える。しかし後半から相手のプレッシャーが厳しくなるにつれ、ミスも目立つようになってきた。

そんな中、セットプレーの流れから闘莉王に決められ先制。その後宇賀神のミドルシュートで同点に追いつくも、またもミスが起点となり失点を許してしまう。ペースを掴むことも出来ずさらに追加点を奪われ、結局1-3で敗れ3連敗を喫した。

パスをつなぎゴールを目指すという理想はいいと思う。しかし理想を具現化したいばかりに基本的な事がおろそかになっている点がとても気になる。特にパスミスが多くそこが失点の起因となってしまっている。

中断再開後が1勝5敗と結果が見えてこない現在は、チームの精彩をさらに欠いてしまい悪循環に陥っている。何をどうすれば現状を打破できるのか手探りの状態が続く。

明日は名古屋戦を直前に欠場した啓太や、試合中に負傷した達也の出場が難しい。怪我人が多い中でチームバランスを向上させ勝利を手繰り寄せられるか重要な一戦になる。

相手もしばらく勝利から遠ざかり、トンネルから抜け出せていない状況。その中で新戦力を加えたり、システムを変えたりと試行錯誤を続けている。それゆえ明日は勝点3を巡る激しい試合が予想される。勝つことが何よりの良薬だと信じて、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆今季対戦
第12節(宮スタ) 仙台1-1浦和 【仙台】【浦和

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第18節 (対名古屋 ●1-3)
【仙台】 Jリーグ第18節 (対G大阪 ●1-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.15

名古屋遠征あれこれ

真夏のアウェー遠征もいよいよラスト。お盆の名古屋遠征を振り返ります。

世間はお盆休み真っ最中。という事で、今回はやや遠回りで名古屋へアプローチすることにしました。

出発はいつもの新鎌ケ谷駅。6:26発野田線船橋行きに乗車。
Img_3060 Img_3061 Img_3062

6:39船橋駅着。ここから特急列車に乗り換え。6:53発「あずさ3号」に乗車。
Img_3064 Img_3066

特急列車から見る東京スカイツリーや、隅田川の風景もまた面白いものがありますね。
Img_3072 Img_3074 Img_3077

都心を過ぎて列車は郊外へ。どんどん景色に緑が増えてゆきます。
Img_3085 Img_3091

ちなみに今回使う乗車券は船橋発東京行き。もちろん経路が被る箇所は往復券を購入しています。
Img_3069

遠くに諏訪湖を望みつつ、まだまだあずさ号の旅は続きます。
Img_3094

10:23松本駅着。一旦荷物を預けて、しばし松本城を散策。
Img_3107 Img_3108 Img_3126

昼食は松本城近くの「百老亭」で、松本名物の山賊焼きをいただきます。
Img_3136

松本駅へ戻り、12:53発「しなの12号」に乗車。
Img_3140 Img_3141

木曽路に入りますが、雲行きがだんだんと怪しくなります。
Img_3143 Img_3149 Img_3151

15:00名古屋駅着。着いたら土砂降りに・・・。
Img_3155

駅近くのホテルにチェックインし、身支度を整えてスタジアムへ向かいます。名鉄名古屋駅から名鉄本線に乗車。
Img_3156

知立駅を経由して豊田市駅へ。
Img_3157 Img_3160 Img_3161

そしてスタジアム着。
Img_3162 Img_3163

今回は4階席で観戦。急勾配でしたが、とても観やすかったですね。
Img_3167

試合はまあそういうことで・・・。
Img_3193

終了後はダラダラと豊田市駅へ。地下鉄鶴舞線経由で23時前にはホテル着でした。

翌日は名古屋駅周辺を歩き回り、メイチカにある「福蔵」で「瀬戸焼きそば」なるものをいただきました。
Img_3212 Img_3213 Img_3211

そして名古屋駅13:23発「ひかり516号」に乗車。
Img_3215 Img_3214 Img_3216

遅いお昼にはメイチカにある「コンパル」の名物である「エビフライサンド」をテイクアウトで購入し、さっそくいただきましたが、ボリュームがあっておいしかったです。
Img_3218 Img_3220 Img_3222

そして多摩川を越えると、そこはもう現実社会(笑)
Img_3242 Img_3233 Img_3234

15:10東京駅着。お盆休み最終日とあって新幹線は終日満席だったようです。
Img_3246 Img_3248

15:35総武線快速千葉行きに乗り換え。16:01船橋駅着。
Img_3249 Img_3250

東武野田線に乗り換え、無事新鎌ケ谷駅着。

というわけで俺お疲れ。そしてお盆で交通事情が厳しい中、名古屋へ遠征された皆様お疲れさまでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月8日 - 2010年8月14日 | トップページ | 2010年8月22日 - 2010年8月28日 »