« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010.03.13

<第2節 FC東京戦プレビュー>

明日はホーム開幕戦。埼玉スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。

FC東京は、前節はホームに横浜Fマリノスをむかえ対戦。今季は新潟から松下、大分から森重らを獲得し、さらなる「ムービングフットボール」向上のため、戦力の上積みを行い開幕戦に臨んだ。

しかし、マリノスの守備に手を焼いてゴールが遠かったが、途中から石川を投入すると流れが変わり、引き分け濃厚と思われた後半アディショナルタイムに平山のゴールを呼び込み、1-0と勝利した。

切り札となった石川は今節もサブスタートとなる模様。そのドリブルの脅威は十分分かっているだけに、試合の流れがとても重要になってくるだろう。


一方のレッズは、前節はアウェーで鹿島と対戦。4-2-3-1のシステムで臨んだが、開始早々でミスから失点。リズムがなかなか作れず、ボールもFWエジミウソンに収まらず、攻撃の組み立てに苦慮していた。

後半も、攻撃的な選手を次々に投入するもゴールが遠く、終了間際にもミスから失点を許し0-2で敗れた。

「鹿島との差」を常々言われるが、開幕戦に限って言えばそれまでこなしてきた公式戦の数もそうだが、鹿島は決して特別な事はしておらず、これまで積み上げてきた戦い方をこなしてきただけだと思う。

一方のレッズは、気合だけが空回りしているようで、勢いは感じられたが、それがプレーにはなかなか結びついていないような気がした。

“平常心でのプレー”に鹿島との大きな差を感じたが、明日ホーム開幕をむかえるレッズの選手達にそういうプレーができるかどうかが、勝負のポイントになるのではないか。


初戦は、昨年と同じ相手同じ場所で、なおかつ同じスコアで敗れた。リベンジを試みたところで結果は変わらなかったが、その思いは相手も一緒。FC東京も、昨年は同じ開幕2試合目に浦和相手に埼スタで敗れた。それゆえ相手の意気込みも相当あるだろうと思う。

レッズにとっては、まず勝ち点3をめざす闘いになる。ゴールに向かって走り出しさらに縦へ動くことで、パスを回すだけの展開からきっと変わるはずだと思う。明日も彼等とともに最後まで闘っていきたい。

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第1節 (対鹿島 ●0-2)
【FC東京】 Jリーグ第1節 (対横浜 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.12

時の流れ

北陸新幹線開業までは頑張ると思っていましたが、残念ですね。

しかし名残惜しいとばかり言えず、現実として利用率が下がっていれば、いずれは淘汰されてしまうもの。

逆に言うなら、高速化への技術革新が進んだという事でしょうか。

急行「能登」は、今後も臨時列車として残るとのことですが、お疲れさまでした。

<運転終了>特急「北陸」と急行「能登」 「ありがとう」ファン惜別(毎日新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

競技規則

これほどまでに、公に「間違ってました」って誤りを認めるのも、珍しいですね。

3月6日(土)サンフレッチェ広島 対 清水エスパルス戦における判定について(Jリーグオフィシャル)
●当該場面の状況

試合開始3分に行われたサンフレッチェ広島のペナルティーキック。
広島・槙野智章選手がペナルティーマークにボールをセットしました。しかし、主審の笛の後にボールを蹴ったのは槙野選手ではなく、佐藤寿人選手でした。このペナルティーキックはゴールとなり、広島の得点として認められました。

●当該場面における正しい競技規則の適用

正しくは、得点は認められません。これは、本来ならば反スポーツ的行為であり、少なくとも佐藤選手には警告が与えられるべきです。再開方法としては、佐藤選手がペナルティーエリアに入った地点から、清水エスパルスに対して間接フリーキックが与えられます。


Jリーグ第1節 サンフレッチェ広島対清水エスパルス戦におけるペナルティーキックの判定(JFAオフィシャル)

3月6日(土)サンフレッチェ広島 対 清水エスパルス戦における判定について(広島オフィシャル)

最初テレビで見たときは“?”と思ったのですが、何もなかったので珍しいこともあるもんだーと思いましたが、やはりミスだったんですね。

華々しい開幕戦で起きた判定トラブル。選手達もよく分からなかった…と言うぐらいですから、致し方なかったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.10

2010ACL Match2

9日(火)、10日(水)とACLグループリーグ第2節が行われました。

日本の4チームのうち、勝ったのは鹿島のみという結果。特に川崎と広島は2連敗と後がない状況に追い込まれました。

グループE 川崎F1-3北京
グループF 全北現代1-2鹿島
グループG G大阪1-1河南建業
グループH 浦項2-1広島

ACL順位表(スポーツナビ)

まだグループリーグ突破には可能性がありますが、残りで4試合巻き返せるかどうか注目ですね。

第3節は再来週の23日(火)、24日(水)に行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.09

雪中行軍

うーん、川崎はACL連敗スタートですか。

ついていないというか、何とも言えないですね…。

せっかくホームが雪で視界が悪くなってかつ3失点の敗戦。

中村憲剛のケガの影響が大きすぎますね。

ACLグループリーグ第2節
川崎F1-3北京国安(川崎オフィシャル)

その他の試合はまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.07

鹿島遠征あれこれ

今シーズンも“遠征あれこれ”をよろしくお願いします。ということで、開幕戦の鹿島遠征を振り返ります~。


昨年と同じカードとなった開幕戦。今回は、昨年とほぼ同じ移動時間とルートで鹿島へ乗り込む事になりました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。7:37発の新京成線松戸行きに乗車。
Img_2326 Img_2327

7:56松戸駅着。友人と合流し、18きっぷの旅をスタート。

8:05発常磐線快速、成田線直通成田行きに乗り換え。
Img_2334 Img_2328 Img_2329

我孫子駅から成田線に入り、風景も様変わり。
Img_2330

9:04成田駅着。向かいのホームに停車していた鹿島神宮行きに乗り換え。千葉始発だったせいか結構同士が乗ってましたね~。
Img_2331 Img_2332

単線の成田線、さらに香取から鹿島線に入り、北浦橋梁を超えると鹿島国入国(笑)
Img_2335 Img_2337

10:03鹿島神宮駅着。
Img_2338 Img_2339

去年はバスに乗りましたが、今年は列車を乗り継ぐことに。でも次の列車は30分後。しばらくホームで佇みます・・・。
Img_2342 Img_2343

10:24、鹿島臨海鉄道の列車が到着。折り返しが水戸行きとなり乗車。
Img_2345

10:38鹿島神宮発。ディーゼルカーらしい音を轟かせて出発。
Img_2347 Img_2348

しばらくしてスタジアムが見えたら、10:43鹿島サッカースタジアム駅到着。臨時駅ですがJR東日本の駅なので、18きっぷはここまで有効。
Img_2349 Img_2350 Img_2351

待機列に合流したら、さっそく屋台村へ物色開始。その前に我らがジーコ像は厳重に守られているようでした(笑)
Img_2352

屋台では、モツ煮やら唐揚げやら、焼きそばを堪能。値段もリーズナブルで美味しゅうございました。
Img_2353 Img_2363 Img_2364

13:00開門。威風堂々の弾幕が誇らしいですね。
Img_2359

開幕戦としては、あいにくの天気でした。
Img_2361 Img_2370

試合前には、チャンピオン様のデカ旗ショーを拝見。
Img_2375 Img_2376

まあ、試合はそういう事で・・・。
Img_2379

終了後は、特段慌てることなく、スタジアム駅へ移動。18:12発臨時列車成田行きに乗車。
Img_2380 Img_2381

通勤列車並みの混雑のまま1時間列車に揺られ、19:10成田駅着。予定より5分遅れて発車の成田線我孫子行きに乗り換え、20:08我孫子駅着。

20:14発、常磐線快速上野行きに乗り換え。
Img_2382

20:28松戸駅着。ここで18きっぷの旅が終了。そして友人と別れ20:34発新京成線京成津田沼行きに乗車。
Img_2383 Img_2384

20:53新鎌ヶ谷駅着。ということで、今年最初の遠征が終了。
Img_2385

俺お疲れ。そして鹿島へ遠征した皆様、お疲れさまでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »