« 第34節 神戸戦プレビュー | トップページ | 降格昇格出場権諸々 »

2010.12.04

【第34節 神戸戦】

オフィシャルより

10.12.04
Jリーグ第34節vsヴィッセル神戸
4日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第34節 
浦和レッズvsヴィッセル神戸 
2010年12月4日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-4(前半0-1)ヴィッセル神戸
得点者:31・52(PK)分吉田(神戸)、59分朴(神戸)、90+3分小川(神戸)
入場者数:45,941人
試合速報


「助演」

4度の歓喜に沸いたスタンドの一角を占めたアウェー席。それ以外のおよそ340度を占める赤い援軍はその光景をどう感じだろうか・・・。この日のレッズは、「絆」という残留へのドラマの主役となった神戸の“助演”を最後まで演じきった。

リーグ戦最終節、さらに埼スタでのラスト試合に見せ付けられた惨敗劇。フィンケ体制2年間での締めくくりがこういう試合になろうとは思いもしなかった。

振り返るならば、監督が発していた濱田を起用した事だけが要因ではない。神戸の選手、サポーターが放つ目指すべき残留への熱い想いがスタジアムを包み込み、その異様な緊張感に浮き足立ってしまったのがレッズの選手達だったという事だろう。

本来のパスサッカーがまるで出来ず、ボールホルダーに対してフォローも少なく、さらにゴール前に走りこむ選手も最小限でまるで2年前のサッカーを見ているようだった。

とにかくボールへの出だしが相手より遅く、さらにレッズのウィークポイントでもある相手の早いプレスに対し、何も対処できなかった。また退団するロビーのため、さらに得点王を目指すエジミウソンのために花を添えるようボールを集めたのだろうが、完全に相手に読まれており、前半の決定的なチャンスが潰えてからは、最後まで神戸のペースだった。

もちろん神戸が残留できたその驚異的な力には敬意を表さなければならない。ただそれ以上に久々に4万5千人以上集った人たちに対し、4失点完封という手も足もでない自らのチームの完敗劇にガッカリしてしまった。

しかし、レッズにはまだ天皇杯へのチャンスが残っている。こういう敗戦で立て直せるのだろうかいささか不安であるが、もう終わった事なのだからしっかり切り替えなければタイトルなど夢のまた夢の話だ。

天皇杯制覇まであと3試合。悔いのない采配、そして悔いのないプレーに徹して、最後のタイトルへ挑んで欲しい。

Img_6335 Img_6348 Img_6356

Img_6372 Img_6385 Img_6387

|

« 第34節 神戸戦プレビュー | トップページ | 降格昇格出場権諸々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/50208378

この記事へのトラックバック一覧です: 【第34節 神戸戦】:

« 第34節 神戸戦プレビュー | トップページ | 降格昇格出場権諸々 »