« 鳥取 | トップページ | 第34節 神戸戦プレビュー »

2010.12.03

2018&2022

およそ20分押しで始まった、スイスチューリヒでのFIFAの会見。

その場で、2018年はロシア。さらに日本が立候補してた2022年はカタールにそれぞれ開催地が決まりました。

うーん意外といえば意外だったかな。でも詳細をみるとどちらも最初の投票からトップだったのね・・・と納得。

なぜ日本が立候補したの?という意見もあちらこちらと聞かれるわけですが、勝算があったかというと微妙なところ。そもそも“その先”を見据えたものだったのかもしれません。

そんな中、JFAにとって誤算だったのは2022大会がカタールになった事。つまり同じ連盟で開催されると2大会は立候補できないので、早くても次回日本が立候補できるのは2034年大会となるわけ。

そうなると日韓大会から32年。まあ当初の目標は2050年までには・・・という事だから、生きてるうちにはもう1度W杯を日本で観れるかも?しれないですね。

2022年ワールドカップ日本招致へのご支援、誠にありがとうございました(JFA)

|

« 鳥取 | トップページ | 第34節 神戸戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/50197868

この記事へのトラックバック一覧です: 2018&2022:

« 鳥取 | トップページ | 第34節 神戸戦プレビュー »