« 第31節 G大阪戦プレビュー | トップページ | グランパス優勝! »

2010.11.20

【第31節 G大阪戦】

オフィシャルより

10.11.20
Jリーグ第31節vsガンバ大阪
20日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第31節vsガンバ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第31節 
浦和レッズvsガンバ大阪 
2010年11月20日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
『SPORTS FOR PEACE!DAY』
試合結果
浦和レッズ0-2(前半0-0)ガンバ大阪
得点者:53分遠藤(G大阪)、83分ルーカス(G大阪)
入場者数:40,071人
試合速報


「現在地」

スロースターターであるガンバに対し、前半からチャンスをつくり、ゴールに迫るもののフィニッシュが決まらない。前半で体力を消耗してしまわないか危惧していたが、後半に入ると徐々にガンバがギアを上げて迫ってくるのを感じた。

共に天皇杯から中2日の試合。しかも相手は120分間試合をこなしている状況を踏まえるならば、前半が勝負どころでもあったが、決めきれなかったのは今シーズンのレッズを象徴するシーンの1つでもあった。

巧みなパスワークから先制点を許してしまってからは、一気に攻撃への勢いが萎み、ミスが続いてしまったのも見慣れた光景。ミスを恐れるばかりで慎重になってしまい、パスをまわす回数だけが増えてしまうのは、相手にしてみたら何も怖くない。

そんなレッズを、ガンバは時間が刻々と進む中でしたたかに見抜いてゆき、決してフルパワーに上げることなく、2点目はCKから奪い、一気に試合を決めた。

この敗戦でリーグ戦3位以内という目標を失った。悔しい限りだが、それ以上に今のレッズのサッカーの現在地も見えたような気がする。

リーグ戦も残り3試合。ケガ人が多い中でよくやったと評価するにはまだまだ納得しがたい部分もある。外野の喧騒もあるだろうが、さらなる伸びしろがあるのか最後まで見守りたい。

Img_5747 Img_5754 Img_5757

|

« 第31節 G大阪戦プレビュー | トップページ | グランパス優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/50080701

この記事へのトラックバック一覧です: 【第31節 G大阪戦】:

« 第31節 G大阪戦プレビュー | トップページ | グランパス優勝! »