« 天皇杯4回戦 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯4回戦徒然 »

2010.11.17

【天皇杯4回戦 磐田戦】

オフィシャルより

10.11.17
第90回天皇杯、4回戦vsジュビロ磐田
17日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、第90回天皇杯、4回戦vsジュビロ磐田の試合結果をお知らせいたします。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会
マッチナンバー【80】
浦和レッズvsジュビロ磐田
2010年11月17日(水)19:02・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前半1-0)ジュビロ磐田
得点者:42分エジミウソン
入場者数:11,129人
試合速報


「勝利への手法」

わずか1ヶ月前のエコパでの対戦は、痛恨の逆転負け。簡単なミスが起因となって失点に結びついてしまい、悔むに悔やみきれない試合だったが、その中でも山田暢久はその敗戦を十分に理解していた。

その試合でしたたかにやられてしまったFW前田に対し、この日の暢久は体を張って守りきり、ほとんど彼に仕事させなかった。もちろん暢久だけではない。CBを組んだ坪井をはじめ、ここ数試合は欠かせない存在になってきた岡本も相手攻撃陣の目を摘んで抑えきった。

また、前回対戦時と同様に相手の早いプレスに苦しみ、パスを繰り出すタイミングが難しかったが、今回は決して無理せず、むしろ機を見てスピードを上げ下げしながらチャンスを伺い、それが42分の貴重な先制点に繋がったと思う。

指揮官曰く、「今日のような形では、試合に臨んでいなかったにもかかわらず、勝利という結果を残すことができた。確かに内容に関しましては批判されるべき部分もあった。」と語り、決してパスを繋げるスタイルで試合の主導権を握っていたわけではない。ただ負けたら終わりのトーナメント戦ゆえ、より勝利へ近づくために異なる手法で闘うこともとても重要だと思う。

これで2006年以来4年ぶりのベスト8。リーグ戦が終わってもまだまだレッズと共に闘える日程が開かれ、元日へそしてACLへの道がようやく見えてきた。

Img_5695 Img_5708 Img_5722

|

« 天皇杯4回戦 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯4回戦徒然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/50057306

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯4回戦 磐田戦】:

« 天皇杯4回戦 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯4回戦徒然 »