« 天皇杯4回戦 | トップページ | 【第26節 C大阪戦】 »

2010.10.15

第26節 C大阪戦プレビュー

再びリーグ戦再開。明日は、ホーム埼玉スタジアムにセレッソ大阪をむかえ対戦する。

C大阪は現在、12勝8分5敗の勝点44で第3位。前の試合は天皇杯3回戦でJFL所属のソニー仙台と対戦。その前週のリーグ戦で出場停止だった、攻撃の核であるFWアドリアーノ、MF家長が復帰。ほぼベストメンバーで試合に臨んだ。一時は同点に追いつかれるも、強力な攻撃陣が奮起し、結局3-1で勝利し4回戦へ駒を進めた。

圧倒的な攻撃力を持つ中で、特筆すべきは「失点23」と鹿島と共にリーグ最少失点を誇っている守備網である。決して特段守備に秀でた選手がいるわけではないが、「攻撃は最大の防御」というなかれ、ボランチを組むアマラウ、マルチネスがゲームの舵取りを担い、チーム全体をコントロールし失点を防いでいる。

また、夏に香川がドイツへ移籍し戦力の低下が懸念されていたが、クルピ監督の下、これまで取り組んできた組織的サッカーのバランスが決して崩れる事なく、他の選手達が躍動ししっかり勝点を積み重ねている。

一方のレッズの前の試合は天皇杯3回戦。駒場スタジアムでJ2の徳島ヴォルティスとの対戦。

ケガ人が徐々に復帰を果たすも、まだまだ台所事情は変わらない。改修前最後の駒場での試合だったが、微妙なグラウンドのデコボコにパスが繋がらず、時折相手のカウンターをくらう事もあり難しい立ち上がりとなった。

そんな中、達也のドリブル突破からPKを獲得し、それをエジミウソンが決め先制。さらにサイドから流れを掴み始めた矢先に相手のオウンゴールを呼び、追加点をあげ前半を終了する。後半は何度かチャンスがあったものの、結局2-0で勝利し、4回戦へ駒を進めた。

一発勝負のトーナメントこそ勝利が優先されるが、公式戦9試合負けなしの内容を踏まえるならば、尻上がりではないものの少しずつながら良い感触を感じている。

この負けなしの中、鹿島や清水など上位陣との対戦では、勝ち切る事ができなかった。それゆえ現在3位の相手に対しても難しい試合を強いられるだろう。しかしACL出場を目標として掲げるレッズにとって、勝点差6の相手との対戦は、上位へ進出できるか、中位へとどまるかの重要な試金石となる。それだけに明日も選手達と共に闘って勝点3を目指したい。


☆今季対戦
第4節(長居) C大阪2-3浦和 【C大阪】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 天皇杯4回戦 (対徳島 ○2-0)
【C大阪】 天皇杯4回戦 (対ソニー仙台 ○3-1)

|

« 天皇杯4回戦 | トップページ | 【第26節 C大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/49753008

この記事へのトラックバック一覧です: 第26節 C大阪戦プレビュー:

« 天皇杯4回戦 | トップページ | 【第26節 C大阪戦】 »