« パウル君死す | トップページ | ヒアリング »

2010.10.27

総合的判断

一時は合意寸前までと噂された、横浜ベイスターズの譲渡交渉。ここに来て住生活グループとの交渉が白紙になったとのこと。

そもそも「住生活グループ」っていうのが、あまり存じ上げたことがなかったので、それだけでもそこそこ認知されたのではないかと・・・。

まとまらなかった理由として「総合的判断」と関係者は言ってるようですが、素人目に見てもやはり「フランチャイズ」やら「球場使用料」などがネックになったんですかね~。

かといって、当初から噂される新潟移転も、野球が盛んで立派な球場があるとしても、仙台を本拠地とした楽天のように地域を取り込むことができるかどうか、現状としては難しいのではないかと思います。

そして来季も「TBS」がオーナー企業として経営するようですが、一度は球団を手放そうと決めたのですから、積極的な経営には程遠くなりそうですね・・・。

ベイスターズ売却交渉打ち切りは総合的判断=TBS(ロイター)
住生活G副社長、交渉決裂に「諸条件がおりあわなかった」(産経新聞)

そして↑の記事の最後に注目。

「住生活グループでは、今回の買収断念を受けて、新たなブランド向上策が求められるが、球団買収に代わる現時点での代替策として「現在、スポンサーを務めるサッカーの鹿島アントラーズの応援を強めたい」との方向性を示した。」

そっか、鹿島の胸スポンサーは傘下の「トステム」でしたね。

|

« パウル君死す | トップページ | ヒアリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/49863608

この記事へのトラックバック一覧です: 総合的判断:

« パウル君死す | トップページ | ヒアリング »