« 第22節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 飛田給遠征あれこれ »

2010.09.12

【第22節 FC東京戦】

オフィシャルより

10.09.12
Jリーグ第22節vsFC東京
12日(日)に味の素スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第22節vsFC東京の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第22節 
FC東京vs浦和レッズ 
2010年9月12日(日)19:04キックオフ・味の素スタジアム
試合結果
FC東京0-1(前半0-0)浦和レッズ
得点者:66分ポンテ(PK)
入場者数:29,959人
試合速報


「責任感」

表示されたアディショナルタイムは4分。慎重に守りを固めていたが、前節の事もあってかとても長く感じた。

レッズは、ケガなどで攻撃的な選手が手薄で高橋を2列目に起用。体力的に不安な部分があったが、そつなく90分間こなし新たな攻めの一手を見せた。

また柏木、細貝の両ボランチから縦パスが何度となく供給され攻撃の起点を成していたが、それ以上に2人は守備にも奮闘し、久々の完封勝利を演出した。

イングランドへ移籍した阿部が抜けた後、その大きな穴が早々に埋められるのか・・・と危惧していたが、初めて代表に招集され一回り成長し、この日キャプテンマークを着けた細貝と、チームがどん底でも自らを鼓舞しピッチを動き回る柏木を見て、その心配は杞憂に終わった。

阿部の姿をしっかり焼き付けて、この2人は大きな責任感を背負い闘っているんだ・・・と改めて思うことに、今日の勝利は勝点3以上の価値があると感じた。

Img_4197 Img_4208 Img_4217

|

« 第22節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 飛田給遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/49428715

この記事へのトラックバック一覧です: 【第22節 FC東京戦】:

« 第22節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 飛田給遠征あれこれ »