« 第15節 京都戦プレビュー | トップページ | 京都遠征あれこれ »

2010.07.28

【第15節 京都戦】

オフィシャルより

10.07.28
Jリーグ第15節vs京都サンガF.C.
28日(水)に西京極総合運動公園陸上競技場にて行なわれました、Jリーグ第15節vs京都サンガF.C.の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第15節 
京都サンガF.C.vs浦和レッズ 
2010年7月28日(水)19:04キックオフ・京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
試合結果
京都サンガF.C. 0-4(前半0-0)浦和レッズ
得点者:53分サヌ、64分ポンテ、75分エジミウソン、88分宇賀神
入場者数:10,530人
試合速報


「着火点」

前半はやきもきした内容だった。

後方でボールを回し、相手の出方を伺っているとしても、その次の動きが全くなく、それまでの内容と全然変わらずいつものような停滞を感じざろう得なかった。

しかし後半にサヌの鮮やかなミドルシュートが決まり先制。それを皮切りにチームが激変した。京都のモチベーションが下がった影響もあるが、2人目3人目の動きが活発になり攻撃に厚みが増した。

2点目、3点目は相手のミスを誘った結果。もちろんそこまで相手を追い込んだエジミウソンの功績は大きいと思うし、チームとして攻守の切り替えが素早かったのも良かったと思う。

今のレッズは、なかなか攻撃の芯に点火させるのが難しい。今日のように1つのプレーが着火点になれば勢いが増す。なぜ最初からそれができないのかが疑問でもあり、相手の出方次第では不完全燃焼に終わってしまう事もあるだけに、たまたま今日は京都の出来次第で“はまった”という印象もある。

それゆえ、その勢いを証明させるには次のダービーが重要なポイントになるのは間違いない。たまたま偶然だったのかその真価が問われる。

とにもかくにも、5月のカップ戦以来の勝利なのだから、ひとまず今日だけはほっと胸をなでおろし、勝利の余韻に浸って、次へのモチベーションに変えていきたい。

Img_2693 Img_2714 Img_2721

|

« 第15節 京都戦プレビュー | トップページ | 京都遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/48998506

この記事へのトラックバック一覧です: 【第15節 京都戦】:

« 第15節 京都戦プレビュー | トップページ | 京都遠征あれこれ »