« <ナビスコ予選第2節 神戸戦プレビュー> | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »

2010.04.14

【ナビスコカップ予選L第2節 神戸戦】

オフィシャルより

10.04.14
ヤマザキナビスコカップvsヴィッセル神戸 14日(水)にホームズスタジアム神戸で行なわれました、ヤマザキナビスコカップ、予選リーグ第2節vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ・予選リーグBグループ第2節
ヴィッセル神戸vs浦和レッズ 
2010年4月14日(水)19:00キックオフ・ホームズスタジアム神戸
試合結果
ヴィッセル神戸1-3(前半0-0)浦和レッズ
得点者:59分ポポ(神戸)、66分高原、74分阿部、88分エジミウソン
入場者数:5,524人
試合速報


「刺激」

後半に入り、ようやく攻守がかみ合い出した矢先の失点。

直後に指揮官は高原を投入し、2トップに変えさらなる攻撃を仕掛けた。それが功を奏し7分後にその高原の同点ゴールが生まれた。その後立て続けに2得点。最後はGK加藤のPK阻止が光り、結局3-1で勝利。ホームズスタジアムでは実に2005年以来5年ぶりの白星となった。

第1節のときもそうだったが、この試合も若手が起用される一方でベテランの活躍が光った。同点ゴールの高原しかり逆転ゴールとなった阿部の3試合連続ゴールも素晴らしかった。だがそれ以上に3点目のエジミウソンのゴールをアシストした堀之内の活躍も見逃せない。

いまや彼は、指揮官も認める試合を締める存在となっている。役回りとしては地味ではあるが、最後の鍵を掛ける貴重なストッパーだ。そんな中生まれた3点目のプレーは、彼が相手のパスカットからそのままゴール前へ猛然と駆け上がり、最後はエジミウソンへお膳立てをした。それは、若手選手以上の気迫を感じ、与えられた仕事をしっかりとこなす姿であった。

こういうベテランの活躍こそ、若い選手達の更なる刺激となるはず。たとえ実戦経験を積んでも、経験年数の大きく異なる選手と、共に同じピッチでプレーすることで、何かが得られると思う。

カップ戦こそ貴重な経験の場。だからこそお互い刺激しあってチームの成長の糧になってほしい。

Img_0998 Img_1013 Img_1018

|

« <ナビスコ予選第2節 神戸戦プレビュー> | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/48086839

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコカップ予選L第2節 神戸戦】:

« <ナビスコ予選第2節 神戸戦プレビュー> | トップページ | 神戸遠征あれこれ(カップ戦編) »