« 早春の雨 | トップページ | <第3節 山形戦プレビュー> »

2010.03.19

炎のカリーパン

今年はエビ(赤)とクリームチーズ(白)とは考えましたな。

名物「炎のカリーパン」値下げ…山形(スポーツ報知)
モンテディオ山形のホーム戦での名物「炎のカリーパン」が、21日のホーム開幕戦・浦和戦で当初より20円値段を下げて280円で売られることになった。このパンを販売する明友社の西塚副社長は、「ゴールシーンをぜひ見たい。これを食べて熱く応援してくれればいい」と値下げの意図を説明。当日は午前9時から限定800個を販売する。
このカリーパンは対戦チームの名産品を具として入れ、「相手を食ってかかる」という狙いで07年からNDスタジアムで売り始められた。今回は浦和の赤と白のユニホームをイメージしてエビ(赤)とクリームチーズ(白)を具材にする。試合にはレッズサポーターが大挙して押しかける。日本一ともいわれるその迫力に負けないためにも、モンテサポはカリーパンを食べて赤い悪魔を“食ってかかる”。


去年はなんだったけなぁ・・・って写真を見直したら、4種類用意していただいて、そしたら次の磐田戦のネタがなくなって急遽募集なんて事がありましたね~。ちなみに食べたのは「うなぎ」でした。
Imgp43081 Imgp4310 Imgp4313

|

« 早春の雨 | トップページ | <第3節 山形戦プレビュー> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/47854844

この記事へのトラックバック一覧です: 炎のカリーパン:

« 早春の雨 | トップページ | <第3節 山形戦プレビュー> »