« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »

2009.12.05

【第34節 鹿島戦】

オフィシャルより

09.12.05
Jリーグ第34節vs鹿島アントラーズ
5日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第34節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ
2009年12月5日(土)15:32キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)鹿島アントラーズ
得点者:66分興梠(鹿島)
入場者数:53,783人
試合速報


「勝点52」

ただただ悔しかった・・・。

鹿島の優勝を目の前で決められたのもそうだったが、今季最後のホームで勝点を挙げられなかったことに悔しさがこみ上げた。

内容といえば、決して悪くなく選手達もよく動いてボールを展開し、何度か相手を脅かすチャンスはあったが今季のレッズはそこから先があまりに乏しかった。

やはり、それ以上に鹿島の攻撃のセンスに一日の長があった。パススピード、ボールがない中での動き、いずれも余裕があり、それは時間が経つごとに自分達のペースを作り上げていた。

今季レッズは指揮官を代え、システムを替え、サッカーの質を変えてきた。1年でガラリと変わるとは想定していなかったが、それまでの結果との違いを求められる以上、試合の内容と結果の相違にチームを取り巻く環境が微妙な空気に包まれていったのは事実だった。そういう状況下で勝点52で6位という成績はどう評価されるだろうか・・・。

公式戦43試合、共に選手達と闘ってきたが、今はまだ「暗中模索」の状況かもしれない。自分達のやっている事は間違っていないのかと・・・。

けれど、来季もチームフィンケでやっていく以上、今の流れをさらに推し進めていくしかないし、やらなければならない。自分達もそれを信じてチームをサポートしなければならないだろうと思う。

冷たい雨が降りしきる中、鹿島の歓喜を目の前で見せつけられたその想いは、きっと来年への糧になるはず・・・。そう信じて今季を締めくくりたい。

Img_0376Img_0398Img_0402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.04

第34節 鹿島戦プレビュー

いよいよ最終節。明日は、ホーム埼玉スタジアムに、鹿島アントラーズをむかえ対戦する。

鹿島は現在、19勝6分8敗の勝点63で首位。前節はホームにガンバ大阪をむかえ対戦した。前半こそスコアレズだったものの、後半9分に興梠のゴールを皮切りに6分間で3点を挙げ、一気に流れを引き寄せた。

ガンバも1点を返すものの、ルーカスの2枚目の警告で退場を喫してからは防戦一方。その後も攻撃の手を緩めず、2点を追加し5-1と圧勝。4連勝を飾り自力優勝へ一気に王手をかけた。

一方のレッズは、前節はアウェーで京都と対戦。前々節磐田戦の雰囲気が逆に悪いほうに出てしまったのか、シュートチャンスがあったものの、打てずにパスを選択したり、打ってもことごとくGKの前に阻まれたりと、ゴールから遠かった。

後半に入ると、スタミナが落ちたのか選手達の動きが急激に落ち、逆に京都に左右に揺さぶられて先制点を許してしまった。その後、レッズは交代枠を使い攻撃を仕掛けるも、なかなかゴールが割れず、結局0-1で敗れた。

明日は、優勝目前のチームとの対戦。そして相手は鹿島という事で、これ以上のシチュエーションはない。ただ、やはり目の前で優勝は見たくないというのは、選手も同じ気持ちであろう。しかし優勝を阻止することも大事だが、ホーム最終戦。レッズが勝つ試合を見たいというのがサポーターの本能ではないか。

これまでリーグ戦33試合、ナビスコカップ8試合、天皇杯1試合の合計42試合共に闘ってきた。ウノゼロが続く連勝もあったし、夏場は7連敗も経験した。さらに秋口にはアマチュアに敗れるという屈辱も味わった。今年は監督が代わり、システムが変わり、山あり谷ありのシーズンだったが、残りあと90分間だけとなった。

悔いはないのか?と言われればウソになる。でも去年ほどじゃない・・・と思うのは正しいところか。

泣いても笑ってももう最後。だからこそ明日は俺達の浦和らしく誇りを持って、選手達と共に闘っていきたい。

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対京都 ●0-1)
【鹿島】 Jリーグ第33節 (対G大阪 ○5-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

新しい波から前進へ

11月30日のJリーグ理事会で、準加盟クラブの「ニューウェーブ北九州」(来季から「ギラヴァンツ北九州」に改称)が、JFL4位の成績を満たし、来季からJ2への参入が決定しました。

同じ準加盟クラブの「ガイナーレ鳥取」は成績が5位ということで見送りとなりました。

これで来季のJ2は19クラブとなり、これまでの3回戦制から2回戦制へ変更となります。19クラブのうち5クラブは九州(北九州、福岡、鳥栖、大分、熊本)という地域に偏ったチーム編成になりますが、それはそれで興味深いリーグ戦になりそうですね。

ニューウェーブ北九州がJリーグ入会(Jリーグオフィシャル)

Wikipediaより

2009年4月1日、公式ウェブサイトにて、「ニューウェーブ」という名称が一部商品において既に商標登録されており、クラブまたは日本プロサッカーリーグによる商品の製作、販売などに支障を来たすという理由から、同日より4月30日までの間、新たなクラブ名が公募された。内部決定の後、7月23日に商標登録の出願を行い、10月2日に、イタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語「ギラヴァンツ北九州」(Giravanz Kitakyushu)とすることが発表された。同年12月1日付で新名称に改称されることとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.29

京都(大阪)遠征あれこれ

今年最後となる京都遠征を、さっそく振り返ります~。

出発はいつもの新鎌ケ谷駅。さすがに秋が深まると日の出の時間も遅くなります。
Img_0011






5:04発の東武野田線始発列車に乗車。
Img_0012Img_0013Img_0015






5:16船橋駅着、5:21発の総武線快速久里浜行きに乗換え。
Img_0017Img_0019






5:44東京駅着。いつものように地下通路を通って、新幹線乗換え口へ。
Img_0020Img_0021Img_0023






6:00発「のぞみ1号」に乗車。毎度のごとくN700系です(笑)。
Img_0025Img_0026






PSPの「サカつく6」なんぞやっていると、あっという間に新富士駅をすぎていました。その後はひと寝入り・・・。
Img_00361






8:11京都駅着。紅葉の時季と重なって、多くの方が降りてました。
Img_0039Img_0040






改札を出て地下鉄乗り場へ移動。8:25発の烏丸線国際会館行きに乗車。
Img_0041Img_0042Img_0045






8:29四条駅着。せこせこと歩き阪急烏丸駅へ移動。8:37発の準急梅田行きに乗車。
Img_0046Img_0047






8:43西京極駅着。
Img_0048






競技場そばの公園は紅葉が綺麗でした~。
Img_0056Img_0057Img_0060






試合終了後は、ダラダラと西京極駅へ。
Img_0093






16:23発の準急梅田行きに乗車。
Img_0099






16:25次の桂駅に到着。16:27発の特急梅田行きに乗換え。
Img_0101






17:04梅田駅着。地下鉄御堂筋線と京阪中之島線を乗継いで、中之島駅着。

今宵は中之島に宿泊。夕食は谷町六丁目へ移動し、「春菜」でうどんとおでんをいただきました。
Img_0107Img_0108Img_0120






翌日は京阪電車にのって京都を散策。中之島駅8:30発の快速急行出町柳行きに乗車。途中七条で乗り換えて、9:35清水五条駅着。
Img_0132Img_0134Img_0140






とりあえず有名どころという事で、歩いて15分ほどの清水寺へ。人が多かったですが天気が良くて眺めは良かったです。
Img_0142Img_0165Img_0171






その後、出町柳で昼食、祇園でデザートを堪能して、JR京都駅へ。
Img_0178Img_0185Img_0199






16:22発「のぞみ244号」に乗車。
Img_0201Img_0203Img_0204






早めの夕食は、「551蓬莱」の餃子と豚まんの中華セット(笑)
Img_0205Img_0212Img_0215






18:43東京駅着。18:55発の総武線快速に乗車。
Img_02301Img_0232Img_0233






19:22船橋駅着。19:34発の東武野田線に乗換え。
Img_0236






19:46新鎌ケ谷駅着、2日間の京都遠征が終了。
Img_0237







ということで、俺お疲れ。そして京都へ行かれた皆様、お疲れ様でした。

これで、今シーズンの「遠征あれこれ」は終了。また、来シーズンもよろしくお願いします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »