« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »

2009.11.28

【第33節 京都戦】

オフィシャルより

09.11.28
Jリーグ第33節vs京都サンガF.C.
28日(土)に京都市西京極総合運動公園陸上競技場で行なわれました、Jリーグ第33節vs京都サンガF.C.の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第33節
京都サンガF.C.vs浦和レッズ 
11月28日(土)14:03キックオフ・京都市西京極総合運動公園陸上競技場
試合結果
京都サンガF.C. 1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:71分中山(京都)
入場者数:18,121人
試合速報


「漂う徒労感」

得点を奪うチャンスは何度もあった。ただしフィニッシュがあまりにも遠すぎた・・・。

あれだけストライカーを並べても奪えないのだから、京都の守備陣を褒めるしかないのだが、それ以上にムラのある試合内容に、徒労感が漂うばかりだった。

前半こそ、右サイドを崩して攻撃を組み立てていたが、“それ以上”が見えてこない。もっとバリエーション溢れる攻め手があるのかと思いきや、むしろ後半に入ってガス欠となり、動きが鈍くなる光景が広がった。

さらにロスタイムに入ってからは、ロングボールさえも追わなくなり、すでに選手達が勝負を捨てているように思えてしまい、京の都に吹く晩秋の風がより一層冷たく感じた・・・。

最終節は何も言わなくても、いろんな意味で大事な試合になる。せめて最後ぐらいは、強い意地で相手に喰らい付いてほしいものである。

Img_0085Img_0089Img_0093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.27

第33節 京都戦プレビュー

いよいよ残り2試合。明日はアウェー西京極陸上競技場にのりこみ、京都サンガFCと対戦する。

京都は現在、10勝8分14敗の勝点38で第14位。前節は、ホームに鹿島をむかえ対戦。かたや残留を目指すチームと優勝を目指すチームの対戦であったが、やはり鹿島の試合巧者ぶりに、なかなか攻撃の糸口が見出せず、前半に先制を許した失点がそのまま決勝点となり、0-1で敗れた。

J1通算100勝に王手をかけながら、これまで7試合足踏みが続いている。それだけにホーム最終戦となる明日で決めたい思いが一層強くなるだけに、油断は禁物だし、柳沢やディエゴにかき回されないように気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節はホームで磐田と対戦。原口が出場停止で高原を起用し、右サイドは久々に平川が復帰したが、思っている以上にボールと人が良く動き、得点に結びつくチャンスを何度も演出していた。一時は逆転を許したものの、終了間際のロスタイムにエジミウソンがハットトリックとなる思い切りの良いミドルシュートがゴールに突き刺さり、荒れたスコアに終止符を打って、3-2で勝利した。

明日は、この磐田戦のメンバーがそのままスタメンになるのか、それとも出場停止明けの原口、ケガ明けの山田直輝が起用されるのかわからない。ただ、まだまだムラがあるものの、目指すべき人もボールも動くサッカーが表現しつつあるように思える。

しかし、前節の結末があまりにも劇的だったためか、その反動が心配だ。前節は、とにかく2失点喫したことを反省すべきであり、この修正がしっかり出来ない限り、勝つことは難しいとだろう。まずはキモチを切り替える事が重要だと思う。

レッズは、まだ連勝すれば他力本願ながら3位の可能性を残している。やはり、闘う限りは最終的な位置は上の方がいい。内容に結果がついてくるかはわからないが、レッズに残された時間はもうあと僅かだけに、精一杯走って打って相手に立ち向かってほしい。

残り180分。最後まで選手達と共に闘って、勝点3を持ち帰りたい。

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第32節 (対磐田 ○3-2)
【京都】 Jリーグ第32節 (対鹿島 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1999.11.27

「10年ひと区切り」と言うけれど、あれから10年経ったんですね~。

10年前の自分に「7年後、レッズがリーグチャンピオンになって、8年後にはアジアチャンピオンになるんだぞ!」と言っても信じてもらえないぐらい、苦しいシーズンだった覚えがあります。

また勝利に飢えてた頃のキモチに戻って、明日も頑張りたいな・・・と思うわけで。

1999 J1リーグ戦2ndステージ第15節 vsサンフレッチェ広島(駒場スタジアム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.25

2代目デジカメ

昨日から、撮った画像に変なスジというか、細かい線が入るように。

Imgp9158






今日になっても、状況が変わらないのでこりゃ故障かなと・・・。

とりあえず今週末は京都遠征があるので、取り急ぎネット通販で購入して、明後日届く予定。

ちなみに今回故障した2代目は、初代が昨年の新潟遠征の帰路の時に故障して、その後に控えていた札幌遠征の直前で買い換えました。それからわずか1年で同じ憂き目にあうとは・・・。

とりあえず、2代目は修理に出す方向で検討して、今週末は3代目に頑張ってもらいましょう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.23

Jリーグへの道

Jリーグの準加盟クラブである「ニューウェーブ北九州」が、今日行われたJFL後期第16節でアルテ高崎に勝利し、昇格への成績面での条件となるJFL4位以内を確定させました。

ちなみに来季からは商標の関係でチーム名を「ギラヴァンツ北九州」に変更するとのこと。

これで、九州のJリーグクラブは合計5クラブで全てJ2。まさに戦国リーグになりますね~。

ニューウェーブ北九州、J2昇格へ JFL4位以内確定(西日本スポーツ)

準加盟もう1クラブの「ガイナーレ鳥取」ですが、後期16節を終えて現在第5位。4位ソニー仙台との勝点差は3と微妙な状況です。29日13時からの最終節は勝点3が必須な上で、ソニー仙台の結果待ちになります。

4位 ソニー仙台FC 勝点56 得失差+16
5位 ガイナーレ鳥取 勝点53 得失差+26


そして、その下のカデゴリーとなるJFL加入を目指す戦いも佳境を迎えています。21日から今日までの3日間で「第33回全国地域リーグ決勝大会」の1次ラウンドが行われました。

3日連続での厳しい日程で1次ラウンドを勝ち抜いた4チームが決勝ラウンドを戦います。

決勝ラウンドも3日連続の総当たり戦。上位2クラブがJFL自動昇格。3位がJFLクラブとの入れ替え戦に臨みますが、J2昇格枠の状況に応じて変わる可能性もあります。

NPO横浜スポーツ&カルチャークラブ
日立栃木ウーヴァスポーツクラブ
松本山雅フットボールクラブ
ツエーゲン金沢

スケジュール・試合結果(JFAオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.22

ヒートアップJ2第49節

J2も残り3試合となり、いよいよクライマックスが近づいてきました。

第49節の結果はこちら

特に注目だったのは、残り昇格枠を懸けた3位湘南-4位甲府との対戦と、J2優勝を懸けた首位C大阪-2位仙台の直接対決でした。

順位は以下の通りです。

1位 仙台 勝点102 得失差44(昇格) 
2位 大阪 勝点101 得失差47(昇格)
3位 湘南 勝点 94 得失差31
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4位 甲府 勝点 91 得失差28

甲府のホーム小瀬に16,000人近く集めた注目の一戦は、ロスタイムでの結末。湘南が勝利し、10年ぶりのJ1復帰に大きく近づきました。しかしその勝点は3差。まだまだ最後の最後までわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »