« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009.09.19

【第26節 川崎戦】

オフィシャルより

09.09.19
Jリーグ第26節vs川崎フロンターレ
19日(土)に等々力陸上競技場で行なわれました、Jリーグ第26節vs川崎フロンターレの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第26節
川崎フロンターレvs浦和レッズ 
9月19日(土)19:03キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-2(前半0-0)浦和レッズ
得点者:67分ポンテ、80分啓太
入場者数:22,390人
試合速報


「着地点」

これがずっと連敗していたチームかと思えるぐらい、この日の立ち上がりは良かった。ボールを左右に散らし、選手が駆け上がっていく姿は、何かが吹っ切れたようなそんな感じに見えた。

攻撃力では、リーグナンバーワンといえる川崎との対戦は、攻守の切り替えにやや難のなるレッズにとって、苦戦されるべき相手であった。もちろんそれなりに失点も覚悟はしていた。けれど、選手達は忘れかけていたものを思い出すかのように、川崎の長所を消すことに重きを置き、しっかりとゴール前に鍵をかけた。

ただ、攻撃の手数を考えるならば、まだまだかもしれない。しかし、2点目の啓太のゴールに浦和の目指すべき形が若干ながら垣間見えたように思える。

「カウンター」と言われればそうかもしれないが、複数人が絡み、最後は後方から上がってきた選手がゴールを奪ったというのが、何よりも「献身的な動き」そして「連動ある攻撃」の辿りつくべき着地点であるのかもしれない。

今日の試合運びについては、全てが諸手を挙げて喜べるかどうかはわからない。しかし、これまで我慢して取り組み続けた結果が、それなりに生かせたというのは過言ではないだろう。

何よりも、結果は彼等の自信にも表れるし今後にも繋がる。また、次へ向けてキモチ切り替えて闘ってほしい。

Sany0381Sany0405Sany0425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.18

第26節 川崎戦プレビュー

気がつくと、明日は今シーズン最後のナイトゲーム。アウェー等々力陸上競技場にのりこみ、川崎フロンターレと対戦する。

川崎は現在、1試合未消化で12勝7分5敗の勝点43で第2位。前節はアウェーで鹿島と対戦。

鹿島の組織的な守備に苦労するものの、前半19分に中村のパスカットからチョンテセのゴールで先制。その後同点に追いつかれるものの、直後にCKから再びチョンテセが勝ち越しゴール。そして後半にもジュニーニョがドリブル突破からゴールを奪い、3-1とリードした。

しかし、途中から降り出した雨が強くなり、後半29分から中断。その後主審の判断でノーゲームとなり、勝負を決することなく終わってしまった。後日、中断した時間から再開される旨正式決定されたが、それまで彼らにとっては心中穏やかでなかっただろう。

その試合の関係で、本来出場停止だったDF井川が復帰の予定で、明日はほぼベストメンバーの状態で臨んでくるだろう。特に前線の外国人選手3人と川崎の心臓といわれる中村憲剛の4名がゲームを作るだけに、どう対処するかがポイントになるだろう。やはり素早いカウンター攻撃に十分気をつけなければならないと思う。

一方のレッズは前節はホームで山形と対戦。開始早々にスタメンで起用されたエスクデロの鮮やかなシュートが決まり待望の先制点を奪う。その後PKでさらに追加点を奪うものの、まだまだ危うい守備網を衝かれ、前半のうちに1点を返されてしまう。

後半は一進一退の状況が続いたが、後半30分にエジミウソンのポストプレーを足がかりに後方から走りこんできた細貝が鮮やかにシュートを放ち追加点。さらに復帰した達也が得たFKから、闘莉王のシュートが相手のオウンゴールを誘い、結局4-1で7連敗の泥沼からようやく脱し、2ヶ月ぶりの勝利を飾った。

やはり暑さから開放されたのが功を奏したのか、選手達の動きが良く、特にボランチの阿部と啓太が相手の攻撃の芽を摘み、積極的にバランスをとり攻めあがっていたのが印象的だった。また原口の冴えわたるドリブルに、得点を匂いを感じたのは自分だけではないはずだ。達也も少ない時間ながら実戦復帰を果たし、徐々に怪我人がピッチに戻ってきた。また、離脱していた山田直輝も遠征に帯同する予定である。

しかしながら、「攻」から「守」への切り替わりに、まだまだ不安が残る。切り替えの遅さが相手からの格好の餌食になるので、少しずつながら精度を上げていくしかないだろう。

明日は、唯一4冠への可能性があるチームとの対戦。まさに上位に立ち向かう一戦となる。そして長い連敗のトンネルを本当に脱することができたのか・・・。さらに自らの目指すべきサッカーが、今どの位置にいるのか・・・。それを証明する一戦でもある。

強い相手の懐に飛び込んでこそ、今の力を推し量ることができる。明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第25節 (対山形 ○4-1)
【川崎】 Jリーグ第25節 (対鹿島 3-1 ※後半39分中断→10/7再開)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.17

今週のおさらい

とりあえず、日曜日から間が開いてしまったので、それまでのサッカー関連の話を総ざらい。


○『サスペンデッド』
懸案の鹿島-川崎戦が、10/7(水)に中断した後半29分から再開という事で決着し、さらに19時再開ということで、リリースがありました。

まあ、再開に際して、経費がかかるのは事実ですが、しっかり勝負をつけるには、再試合よりも試合成立よりもむしろ無難な結果だったのかもしれません。あとは今後にむけた環境整備は必要ですね。

それにしても、この“16分+α”はある意味、濃密な時間かもしれませんね。スカパーで中継するようなので、観てみたいですね~。

2009Jリーグ J1リーグ戦 第25節 鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ 再開試合 再開時刻・TV放送・チケットの取り扱い 決定について(Jリーグオフィシャル)


○『東京Vホールディングス』
ついに日テレが撤退してしまった名門ヴェルディ。今でこそ2部の憂き目にあってますが、何だかんだ言いつつも、今のJリーグへの道筋を作ったのがこのヴェルディであるわけで・・・。企業名問題でJリーグとやり合っていたのも今は昔。サッカー界のジャイアンツを目指すどころか、どこをどう間違ってしまったのか・・・。

テレビ局からの役員に振り回されるも、今やチームは存続の危機・・・。そう簡単にJからの灯を消すわけにいきませんし、何とか身の丈にあった経営で乗り越えて欲しいものです。

東京ヴェルディ 株式譲渡承認の件(Jリーグオフィシャル)
「東京ヴェルディ 株式譲渡承認」についての鬼武チェアマンコメント(Jリーグオフィシャル)
東京V譲渡、収入確保できなければJ退会(日刊スポーツ)


○『東アジア選手権2010』
2月の第1週から代表戦ですか・・・。来年はW杯イヤーでACLも2月末に開幕ですし、代表選手は下手するとオフがないかもしれませんね。しっかりと選手の起用計画を立てないと、6月は取り返しのつかないことになるかも・・・。

東アジアサッカー選手権2010 決勝大会 大会概要(JFA)
東アジア女子サッカー選手権2010 決勝大会 大会概要(JFA)
東アジアサッカー選手権2010 決勝大会について《PDFファイル》(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009.09.13

【第25節 山形戦】

オフィシャルより

09.09.13
Jリーグ第25節vsモンテディオ山形
13日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第25節vsモンテディオ山形の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第25節 浦和レッズvsモンテディオ山形
2009年9月13日(日)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ4-1(前半2-1)モンテディオ山形
得点者:4分セルヒオ、21分ポンテ(PK)、25分古橋(山形)、75分細貝、86分オウンゴール
入場者数:41,500人
試合速報


「トンネルの先」

7月15日のナビスコカップ清水戦以来の公式戦勝利。これまでの道のりが長く辛かっただけに、もちろん勝った事での嬉しさもあったが、それ以上に今のチームにおける現状を再認識する結果にもなった。

開始早々に先制点を奪えた事で、落ち着いてボールを展開し、攻守にわたって試合を支配することができたのかもしれないが、そんな中でもまだまだミスが多く、特に失点シーンは、これまで喫してきた同じような形だったゆえ、まだまだ改善すべき点はあると思う。

しかしながらこの日は、阿部と啓太の両ボランチのプレーがとても印象に残った。特にエスクデロの先制点の基点となったのは、啓太のインターセプトからだっただけに、彼等の任務はとても大きいし重要だ。

結果は4-1で快勝だったが、これが現在不安を抱えている全ての解決にはならない。それは選手達も認識しているはずだ。

ようやく長いトンネルを抜けたが、今は目の前の1試合1試合に集中して闘うことが大切だ。プレーの中で“できた事”も“できなかった事”も、その積み重ねが目指すサッカーへの礎となり成長の糧となる。もちろん今までの連敗も貴重な経験だ。

久々に歌った「We are Diamonds」を胸に刻んで、またキモチ切り替えていきたいと思う。

Imgp7427Imgp7431_2Imgp7443_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »