« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »

2009.08.22

【第23節 広島戦】

オフィシャルより

09.08.22
Jリーグ第23節vsサンフレッチェ広島
22日(土)に広島ビッグアーチで行なわれました、Jリーグ第23節vsサンフレッチェ広島の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第23節
サンフレッチェ広島vs浦和レッズ 
2009年8月22日(土)19:04キックオフ・広島ビッグアーチ
試合結果
サンフレッチェ広島2-1(前半2-0)浦和レッズ
得点者:26分槙野(広島)、42分柏木(広島)、68分闘莉王
入場者数:27,113人
試合速報


「秋風」

昼間は暑かったが、試合後には思いがけず涼しい風がスタジアムを吹き抜けた。まさに今のレッズを表しているような秋風でもあった。

試合開始直後までは、高原に替わって起用されたエスクデロが、まだ粗削りではあるものの、ボールを動かしていた。だが、やはりというかいつものごとく、フォローが少なくかつ選手間の間合いが長く、ゴールまでが遠かった。

レッズが目指すパスサッカーの先を行くのが広島。常に自分達の動きを注視し、ボールを繋ぎしっかりとフィニッシュに持っていくプレースタイルは、相手ながら惚れ惚れするところもある。

では、レッズはどうだろう?これまで30試合近くこなしてはいるものの、特にここ数試合は発展途上というには程遠く、かつ連敗が拍車をかけ、プレースタイルに『ブレ』が生じてきているのが印象だ。

いくらチーム事情とはいえ、本来のポジションに適さない選手を起用したところで、カンフル剤にもならないし、根本的な解決にならない。敗戦を喫しても、その中でどこか次への足掛かりやヒントがあってもいいものだか、それさえも見えてこないことに、今のチーム状態の悪さが伺える。

今のやり方で、何が良くて何が悪いのか。再び這い上がるまでには、まだまだ時間が必要なのかもしれない・・・。

Imgp6328Imgp6329Imgp6332

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.21

第23節 広島戦プレビュー

明日は中2日での試合。アウェー広島ビッグアーチにのりこみ、サンフレッチェ広島と対戦する。

広島は現在、9勝7分6敗の勝点34で第6位。前節はホームに大分をむかえ対戦。試合に優位に進めるものの、なかなかゴールが遠く、時折ミスも目立った。しかしながら前半にあげた1点を守り抜き、1-0で勝利し、これでここ4試合は2引き分けを挟むものの、4試合連続完封を成し遂げた。

明日は、ボランチの要となる青山が累積警告の出場停止。また、連戦が続いている影響で指揮官曰く、選手達のパフォーマンスが下がっている感があるようだ。

ポジェッションサッカーの代名詞と言われる走る広島にとって、疲労は禁物であり、どこまで体力が持つかがポイントになるだろう。しかしながら、前線の佐藤寿人、2列目の柏木には7月のホームではしてやられたので、まずは抑えきることが重要だ。

一方のレッズは前節でホームで柏と対戦。連敗中の中、坪井、啓太を出場停止で欠き、一縷の望みに託したが、あっさりDFラインの合間を抜かれ先制され、そのわずか3分後にもポポにミドルシュートを決められた。前半38分にCKから闘莉王が頭で決めたものの、前半を1-2で終える。

後半、梅崎を投入し、攻撃を仕掛けるも相変わらず選手間のサポートが悪く、人数をかけ引いて守る柏にパスコースを封鎖されてしまう。そんな中、一瞬のスキを見逃さなかったフランサに決められ、後半40分にも致命的なパスミスからカウンターを浴び失点。結局1-4の今季ワースト失点で敗戦を喫した。

おそらく明日の広島も、これまでレッズと戦ってきたチームと同様に、少し引いてこちらの出方を伺う戦術を用いてくるだろう。今のレッズにとっては、毎度こういう状況は分かっていても、選手間の認識・理解が乏しく、攻守に渡って対応が後手にまわってしまうことがある。

まずは、選手間でしっかりと話し合うことはもちろんだが、しっかりと相手の出方を見ることが大切だろう。そしてつまらないパスミスは命取りになるゆえ、ボールの扱いには十分に気をつけて欲しい。

柏戦から中2日。連敗が続き、暑さで選手達の疲労の蓄積が気になる。明日は、坪井と啓太が戻ってくるだろうが、他のポジションにも新たな選手が起用されるかわからない。リスクを負ったところで、怪我人が多いだけなのだから、思いっきり切り替えるのも1つの手段かもしれない。

まずは勝点3。今のレッズにはそれが何よりの良薬となるはずだ。明日も、遠き広島の地で選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第22節 (対柏 ●1-4)
【広島】 Jリーグ第22節 (対大分 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.19

【第22節 柏戦】

オフィシャルより

09.08.19
Jリーグ第22節vs柏レイソル
19日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第22節vs柏レイソルの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第22節 浦和レッズvs柏レイソル
2009年8月19日(水)19:33キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-4(前半1-2)柏レイソル
得点者:23・85分大津(柏)、26分ポポ(柏)、38分闘莉王、74分フランサ(柏)
入場者数:38,740人
試合速報


「時間」

これまで何度となく見てきた失点シーンが、またも目の前で繰り返される・・・。失敗と反省を繰り返した結果がこれかと思うと、ため息さえも出てこない。

ポジェッションを上げてパスを増やすサッカーを目指す方向は悪くない。ただ、それに伴う弊害を全てないがしろにしていないだろうか?

そこに意識を向けるばかりで、これまで培ってきた勇猛果敢なプレーが消えてしまっている。ボールをキープすることで初めて攻撃の所作が始まるのに、回すばかりで周りの動きを確認しているだけは、簡単に相手の餌食にされてしまう。誰かが悪いわけではなく、全てが悪い。

ボールの失い方も攻撃の手数も悪さも、同じことの繰り返し。泥沼から脱出しようと必死にもがいても、ピッチに立つ選手達全てが同じ絵を描かなければ、口だけ言ったところで所詮バラバラに終わってしまう。キモチにもプレーにも、どうにかしようと焦りが見えているのは分かるが、もっと根本的な部分から見直さない限り、それは万全の解決策にはならない。

指揮官としては何か打つ手があるのか?怪我人の憂慮をしたところで、誰一人スーパーマンのようにすぐには帰っては来ない。

レッズのサッカースタイルを再構築するための時間は待つ覚悟がある。ただ、選手達の失った自信を取り除くにはもう時間がない・・・。

Imgp6174Imgp6179Imgp6184

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.18

第22節 柏戦プレビュー

明日は、今シーズン初めての、祝日以外のミッドウィークナイターのリーグ戦。ホーム埼玉スタジアムに、柏レイソルをむかえ対戦する。

柏は現在、3勝7分10敗の勝点16で第17位。前節はアウェーで千葉とのダービーマッチだった。お互いに残留を争う順位だけに白熱した展開であったが、前半29分に相手の退場で流れが変わるかと思われた。しかし1人少ない相手に対し、攻撃の工夫がいまひとつで結局0-0のスコアレスドローに終わった。

監督が以前ヴェルディや名古屋で指揮したネルシーニョ氏に代わり、まだ1分1敗と結果が出ていないが、残留へ向けての強い意志は、以前大分でやられただけに十分に気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節はアウェーでG大阪と対戦。これまで無得点が続く重苦しい状況であったが、やはりここでもゴールへのアプローチが乏しい状況で、ある程度引いて守るガンバに対し、なかなかゴールが割れない。

後半、高原から闘莉王に交代したものの、そのまま中盤の位置で使うという強行策も実らず、終了間際に播戸にゴールを割られ0-1で敗戦。これでカップ戦を含む5連敗で450分間無得点という、不名誉な記録までついてきてしまった。

明日は、累積警告で坪井と啓太が出場停止。また、ガンバ戦で負傷交代した山田直輝は怪我の状態が重く、欠場の可能性が高い。また闘莉王やロビーも回復状況が思わしくないという非常事態に陥っている。

それゆえ明日は、若い選手達に希望を託さなければいけないが、前節久々に出場した梅崎や以前ボランチとして活躍した濱田などに期待が懸かる。

今、選手達はもがき苦しんでいる。原因が分かっているだけに、その壁を打ち崩せないのがもどかしい。今は試合をこなしていく中で、何とかその状況を打ち破らなければならない。もう1歩、あと1歩の差だと思う。

暑い中で選手達も苦しいと思うが、それを乗り越えてこそ、その先が見えてくると思う。サポートする自分たちも心苦しいが、そんな時こそ後押ししなければいけないだろう。明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第21節 (対G大阪 ●0-1)
【柏】 Jリーグ第21節 (対千葉 △0-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.16

大阪遠征あれこれ

3週連続のアウェー遠征。その第1弾となる大阪遠征を振り返ります~。

真夏の朝日が照りつける中、出発はいつものように新鎌ヶ谷駅発。
Imgp5922






6:03発の東武野田線船橋行きに乗車。
Imgp5924Imgp5926






6:15船橋駅着。6:27発の総武線快速に乗換え。
Imgp5928Imgp5929Imgp5930






6:52東京駅着。新幹線乗り場へ移動し、7:03発の「ひかり461号」岡山行きに乗車。
Imgp5934Imgp5939Imgp5940






そのまま大阪へ・・・、というところをあえて浜松で下車。8:33着。
Imgp61151Imgp5946Imgp5947






ここから18きっぷの旅の開始。8:46発の特別快速米原行きに乗り、一気に関が原越え。
Imgp6114Imgp5949Imgp5951






名古屋までは混雑するものの、過ぎると車内も空いてきました。
Imgp5953Imgp5966Imgp5969






当初は、米原から新快速に乗り換えて、そのまま万博へ行こうかなぁ~と考えていたのですが、時刻表を眺めつつちょっと寄り道をしようと考え、ルート変更ということで、11:20米原着。
Imgp5971Imgp5973






選んだルートは北陸本線。11:39発の近江塩津行きに乗車。
Imgp5975Imgp5978Imgp5979






進行方向左に琵琶湖を眺めているうちに、どんどん山へ入ります。
Imgp5983Imgp5986






左に湖西線の高架橋が見えてきたら、もうすぐ終点。12:13近江塩津着。
Imgp5988Imgp5995






北陸本線と湖西線の分岐駅ですが、何もありません。
Imgp5993Imgp5990Imgp5992






特急列車が、猛スピードで通過して行くのをぼんやりと眺めます。
Imgp5999Imgp6000Imgp6003






12:39発の敦賀から来た新快速姫路行きに乗車。ここから湖西線経由で大阪入りします。
Imgp60071Imgp6008






再び進行方向左に、琵琶湖を眺めます。
Imgp6020Imgp6023Imgp6022






山科から東海道線に入り、14:13高槻駅着。
Imgp6026Imgp6027






商店街の中を歩きつつ、買い出しをして、阪急高槻市駅着。
Imgp6029Imgp6030Imgp6031






14:39発の準急梅田行きに乗車。
Imgp6032Imgp6033






14:50南茨木駅着。ちょっと歩いてモノレールに乗換え。14:56発の大阪空港行きに乗車。
Imgp6034Imgp6036






15:01万博記念公園駅着。並び列のことも考え、公園東口駅へは行かずここから歩きます。
Imgp6039Imgp6040






先に着いていた友人と合流し、16時開場。この日はバックスタンドSB席での観戦。
Imgp6044






早めの夕食は、高槻駅そばで買った「大阪王将」の持ち帰り餃子。
Imgp6043Imgp6042






試合はそういうことで・・・。
Imgp6056






終了後は、一緒に観戦し大阪に宿泊する友人と別れ、JR茨木駅行きのバス乗り場へ。
Imgp6067






15分ほど待ってバスに乗車。その後10分ほど乗って、21:30前にJR茨木駅着。
Imgp6068Imgp6070






21:34発、京都行きに乗車。
Imgp6072Imgp6071Imgp6073






22:03京都駅着。
Imgp6074Imgp6076Imgp6077






今宵は、ここから夜行バス。23時発のドリーム京都2号に乗車。
Imgp6081Imgp6082Imgp61171






途中、日付が変わった0時過ぎに新名神高速の土山SAで休憩。
Imgp6085Imgp6087






この直後に、地震の影響で通行止めになっていた東名高速が全面解除となりました。しかしその解除待ちの渋滞や事故渋滞もあったせいか、通常より90分遅れの翌朝7:50に東京駅着。
Imgp6096Imgp6102Imgp6103






東京駅8:05発の総武線快速に乗車。
Imgp6104Imgp6106






8:28船橋駅着。8:34発の東武野田線に乗換え、8:47新鎌ヶ谷駅着。
Imgp6107






新幹線、18きっぷ、夜行バスを乗りこなした大阪遠征が無事終了。ということで俺お疲れ。そしてお盆のさなか万博へ遠征された皆さんお疲れ様でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月9日 - 2009年8月15日 | トップページ | 2009年8月23日 - 2009年8月29日 »