« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009.07.18

【第18節 大分戦】

オフィシャルより

09.07.18
Jリーグ第18節vs大分トリニータ
18日(土)に九州石油ドームで行なわれました、Jリーグ第18節vs大分トリニータの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第18節
大分トリニータvs浦和レッズ 
7月18日(土)19:05キックオフ・九州石油ドーム
試合結果
大分トリニータ1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:82分深谷(大分)
入場者数:24,833人
試合速報


「鬼門と工夫」

また勝てなかった・・・。

九石ドームでの相性の悪さは十分わかっていたが、毎回ここでの攻めきれないサッカーを見ると、鬼門以上のプレッシャーがあるのだろうか。

とにかく、バイタルエリアへのアプローチが足りなかった。両サイドからの仕掛けはあっても、なかなか中とタイミングが合わず、ゴールが遠かった。

夏場の連戦は体力を大きく消耗させる。ピッチ条件は相手と同じであっても、清水戦から中2日という条件は厳しかったように思える。それだけに、チャンスを生み出す工夫がもっともっと必要なのかもしれない。

今日ばかりは痛い敗戦。取りこぼした試合といっても過言ではない。

だが、本当に大事なのはその次だと思う。今日の敗戦を糧にしっかりと切り替えて欲しい。

Imgp5057Imgp5061Imgp5068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.17

第18節 大分戦プレビュー

カップ戦の激闘から中2日。明日はアウェー九州石油ドームにのりこみ、大分トリニータと対戦する。

大分は現在、1勝1分15敗の勝点4で第18位。前節はアウェーで磐田と対戦。是が非でも勝点が欲しい大分は、攻めに重きを置くが、これまでの自信が揺らいでるゆえ、相手に主導権を握られてしまう。

その流れから前半終了間際にFKから先制を許してしまう。後半も失点を重ね、結局1-3で敗戦。それから2日後、およそ3年半の間、大分を率いた指揮官の解任が発表された。

これまでにない危機感に追い込まれている状況こそ、逆に力に変わる可能性があるだけに、相手としてはとても難しい。

一方のレッズは、前試合はナビスコカップ準々決勝。ホームに清水をむかえ対戦。

相手のプレッシャーがあまり厳しくない状況において、ボールと人がよく動き、ゴール前を脅かし続けた。特に原口は勝負所では積極的に自らドリブルで仕掛け、相手にプレッシャーをかけ続けPKを得るチャンスもあった。

また守備陣も、要となる啓太や坪井が欠場する中、阿部や細貝、闘莉王ら中堅が踏ん張って、失点を1に抑え第2戦への戦いに繋げた。

5月のナビスコカップでもあったように、九石ドームではなかなか試合運びに苦慮する。ピッチの状況が良くない上、踏ん張りが効かないので、パスがうまく回らない事もある。また、人が動く事も重要だが、スタジアムの構造上、掘り下げて作られている特性ゆえ、この季節においては高温多湿に悩まされ、運動量が激減する恐れもある。

それ以外にも相手のチームの環境が厳しいのは、もうわかりきっていること。ただ、そういう状況下で簡単に屈するわけにはいかない。しかしサッカーは生き物。ゲームの展開1つで状況が変わってくる。

まずは自分達の目指すサッカーをぶれずにやり通すことが大切だ。そうすれば、あの敵地で過去5年間苦渋をなめてきた結果が報われるかもしれない。

今こそ連戦のヤマ場。明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ準々決勝第1戦 (対清水 ○2-1)
【大分】 Jリーグ第17節 (対磐田 ●1-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

【ナビスコ杯準々決勝第1戦 清水戦】

オフィシャルより

09.07.15
ナビスコカップ準々決勝vs清水エスパルス
15日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・準々決勝第1戦vs清水エスパルスの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグヤマザキナビスコカップ、準々決勝・第1戦 浦和レッズvs清水エスパルス
2009年7月15日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1(前半1-0)清水エスパルス
得点者24分闘莉王(PK)、48分枝村(清水)、60分エジミウソン
入場者数:21,271人
試合速報


「前半終了」

中盤の要となる啓太が負傷で離脱し、一層メンバー構成に苦慮していたが、指揮官は濱田水輝をボランチで起用し、暢久や阿部をDFで起用する守備重視で臨んできた。

想定外に清水の選手達の動きが鈍かったせいか、よくわからないが、レッズの選手達の動きが格段に良くなっているようにみえた。

特に闘莉王は、メリハリの効いた攻守両面の動きが冴えわたり、イレブンを鼓舞していた。

まずは前半の90分が終了。失点は致し方ないが、勝つに越したことはない。逆に変にアウェーゴールを意識しすぎないことが大切だ。

連戦が続くが、今は前を見据えて、ぶれずに闘い続けることが大事だと思う。

Imgp4788Imgp4794Imgp4796

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.14

ナビスコ杯準々決勝第1戦 清水戦プレビュー

明日から、ナビスコカップは決勝トーナメントが始まる。そして、ホーム埼玉スタジアムに清水エスパルスをむかえ対戦する。

清水は、リーグ戦は6勝7分4敗の勝点25で第6位。前節はアウェーでガンバ大阪と対戦。システムを4-3-1-2に変更し臨んだ。ガンバの攻撃の要となる中盤に人を割き攻撃の手数を抑えることで、試合の流れを引き寄せ、4-1で圧勝した。

特に、FWヨンセンが完全にチームにフィットしており、そこから流れるボールに対し他の選手達の反応が早く、ゴールに結びつける。「高さ」という新たな戦術を加えたことで、より一層ゲームプランが増えたように思える。

しかしながら、制空権ばかり気にしているようだと、逆に足元からやられる可能性があるだけに、その対応が難しいところだ。

一方のレッズは、前節はホームで広島と対戦。開始直前に坪井がアクシデントで離脱し、DFラインが変更となったが、早々に佐藤寿人のゴールで先制され、序盤から苦しい試合運びを強いられた。

後半開始から、エスクデロを投入しシステムを変更。ロビーを若干低い位置で使うことで、ボールが回るようになり、2-1と逆転勝ちを演出した。

ただ、同点に追いつくまでは、広島の早いチェックにボールがなかなか縦へ繋ぐことができず、また選手達の動きも少なく苦労した。しかしながら相手の決定力不足や疲労に助けられ、どうにか試合をモノに勝っただけ・・・という感が強い。

怪我人が多く、なかなかベストメンバーを組めない事情があるが、しかしながら、そういう状況で若い選手を起用することでその成長を伺いつつ、ここまで切り抜けてきた。

ただ、逆に怪我人が戻ったところで、一貫して続けている戦術に若干のズレが生じているのか、時折チームの動きが停滞してしまう。今はその状況をどう打破するかが、ポイントになるだろう。相手が好調な清水ゆえその真価が問われる。

清水との対戦はH&Aの180分勝負。まず勝つことはもちろんだが、「アウェーゴールルール」が、試合の結果に大きく左右される。まずはホームでの試合ゆえ、失点しないことが重要だ。そして自分達のリズムで試合をコントロールできるかが勝負の決め手となると思う。

暑さと連戦ゆえ選手達の疲労が気になるが、明日も彼等と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第17節 (対広島 ○2-1)
【清水】 Jリーグ第17節 (対G大阪 ○4-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »