« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2009.06.20

第14節 横浜FM戦プレビュー

いよいよリーグ戦が再開。明日は、アウェー日産スタジアムにのりこみ、横浜F・マリノスと対戦する。

横浜は、リーグ戦は現在4勝4分5敗の勝点16で第13位。カップ戦は3勝2分1敗で勝点11の第2位で決勝トーナメント進出を決めた。

直近の試合は2週間前。アウェーで大宮との対戦。オウンゴールで先制を許すも、直後に山瀬のゴールで同点。その後、前半終了間際に渡邉のドリブルからのシュートが決まり、逆転に成功し前半を終えた。

後半も運動量が落ちず試合を支配していく。そして後半31分に、相手GKのパスミスから狩野がゴールを決め、結局3-1で勝利した。

リーグ戦が中断してからのカップ戦4試合は3勝1分。その中でも12得点と攻撃力が爆発している。またここにきて、4-3-3のシステムが機能してきている。特に2列目3列目からの飛び出しに気をつけたい。また現在、マリノスを取り巻く状況が騒がしいが、その雰囲気に巻き込まれてはならないだろう。

一方のレッズは、前の試合はホーム埼スタに大宮をむかえ対戦。決勝トーナメント進出にむけて勝点3しかない厳しい状況だったが、前半に山田直輝のゴールで先制。後半は相手の退場もあったが、そのチャンスを逃さず怒涛の5得点を挙げ結局6-2で勝利し、1位で次のステージへ進んだ。

代表勢や怪我人が多く、満足にメンバーを組めない中、若手選手たちが試合毎に力をつけているように感じ、チーム全体の底上げになったと思う。代表勢がいなくても、チームとしてやるべき事がしっかりと身についており、ぶれない戦い方が続いている。

明日は、どうやら代表勢3人がスタメン起用される可能性がある。水曜日のオーストラリア戦からの疲労が心配されるが、自ら結論を出したのだろうから、その意気込みに期待したい。そして注目はFW高原。ここ2試合連続でゴールをあげているだけに、そろそろリーグ戦でも結果がほしいところだ。

再び長いリーグ戦がはじまる。URAWAの新たなる旅立ちを見届けるために、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ予選L第7節 (対大宮 ○6-2)
【横浜】 ナビスコカップ予選L第6節 (対大宮 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.18

ゴールテープ

アジアA組の1位を賭けたオーストラリアとの試合。

7万人の超アウェーで、まるで筋書きされたドラマのようにセットプレーから逆転負け。

あっけなかったというか、ドイツW杯の頃と変わらない差を見せられたというか・・・。

でも「1位のプライド」って何だろう?

もっとも、勝つような雰囲気があまりなかったような感じがしたのは自分だけか・・・。

タレントが、日本のスタジオからニコニコしながら「勝つ!」と言ったところで、どうにもならないんだよね。

何だか、ウズベキスタンでもうゴールテープ切ったような雰囲気。

来年の開幕まであと1年。まだ1年なのか、もう1年なのか・・・。

やらなきゃいけない事は、まだまだたくさんあるのにね。

Imgp3750Imgp3753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

そこに愛があるか

他のクラブのことですが・・・。

これまで、散々“浦和戦から日本復帰”といわれてた『あの人』はどうなるのでしょうか。

本当に横浜のために帰ってくるのか、はたまた・・・。

そこには愛があるのか・・・。二転三転している感じですが、まだ決まるまではわからないようです。

俊輔に横浜Mが謝罪へ…獲得交渉再開に斎藤社長必死(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »