« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009.05.30

【ナビスコ杯予選L第4節 新潟戦】

オフィシャルより

09.05.30
ナビスコカップvsアルビレックス新潟
30日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・予選リーグ第4節vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグヤマザキナビスコカップ・予選リーグ第4節 浦和レッズvsアルビレックス新潟
2009年5月30日(土)15:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半1-0)アルビレックス新潟
得点者:28分西澤、56分エスクデロ
入場者数:27,446人
試合速報


「ピンチをチャンスに」

FW矢野を、A代表で欠いただけのベストメンバーで臨んできた新潟に対し、A代表やけが人などで紅白戦さえ満足に組めないレッズは、動けるほぼ全てのフィールドプレーヤーをベンチ入りさせ、試合に臨んだ。

暢久を初のCBで起用させるなど、随所に苦肉の策を講じながらも、戦力ダウンが少ない新潟相手に苦戦を予想したが、ベテラン選手達は与えられた仕事を黙々とこなし、若手選手は掴んだチャンスを生かすためにガツガツと相手選手に喰らいつき、何度も気迫あるプレーを見せてくれた。

そんな中得点を奪ったのは、ユース出身の西澤とエスクデロの2人というのは、チームの勝利以上に、価値あるものだったと思う。

およそ27,000人とやや寂しい埼スタだったが、まだまだ成長著しいヤングレッズがいるんだ、とサポーターの心に十分焼き付ける事ができただろう。

しかし今日だけで選手のやりくりは終わったわけではない。まだまだピンチの状況が続く。選手達には、我慢強くそして貴重な経験として、残り2試合を乗り越えてほしい。

Imgp3126Imgp3140Imgp3144

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.29

ナビスコ杯予選L第4節 新潟戦プレビュー

いよいよナビスコカップも後半戦。明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在、リーグ戦は勝点22の暫定3位。カップ戦では1分1敗の勝点1の暫定7位となっている。前の試合はホームで清水と対戦。お互い拮抗した試合だったが、後半開始直後のFKで失点し、0-1で敗れた。

新潟とはわずか1ヶ月前に試合をしたばかり。メンバーは、日本代表で矢野を欠くのみで、ほぼベストメンバーで来ると予想される。大島を基点にペトロ・ジュニオールやマルシオ・リシャルデスのワイドに展開する攻撃陣をはじめ、ボランチの本間を中心にした守備陣に再び手を焼くかもしれない。

一方のレッズは前の試合は埼スタでアウェーとして大宮と対戦。開始早々に甘いチェックからエリア内への侵入を許し先制を許した。途中闘莉王の離脱もあり、また大宮の組織された守備に手こずり、なかなかゴールへつながらない。しかし前半35分、細貝がミドルシュートで同点に追いつき前半を終えた。

後半は、開始直後や終了間際にかけて反撃するもゴールに結びつかず結局1-1の引分けに終わった。

ボールをキープするものの、回すだけでは相手への脅威にもならない。しっかり選手が個々に動くことではじめてボールが回り始める。ロビーや直輝が不在の今こそ、キャンプから培ってきたチームとしての連動性や方向性が試される。

明日は、日本代表で4人を欠き、さらに出場停止や怪我人が多く、紅白戦さえ満足にメンバーが組めない非常事態に陥っている。そんな中、期待の原口もU-18代表合宿で怪我を負い欠場が予想される。

そういう状況で期待がかかるのは、西澤や高橋のユース出身組もそうだが、何といってもFW高原であろう。FWというポジションゆえ、彼自身何とか打開しようと、もがいているだけに、結果がノドから手が出るほど欲しいところだろう。もちろん相手を引き付けるつぶし役も任されるだろうか、やはり彼のゴールにこだわって見守りたい。

明日からホーム3連戦。こういう非常事態にも、あえてピンチをチャンスに変えられるように、起用される選手達には大いに期待し、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第13節 (対大宮 △1-1)
【新潟】 Jリーグ第13節 (対清水 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

階段

今年トップチームに登録された山田直輝が、半年も経たないうちに日の丸を背負ってブルーのユニを着て闘っている姿は、何とも信じられないような、それでいて歯痒いような微妙な感じがしたけど、改めてピッチに立つ姿を見ると何より嬉しい限り・・・。

時折ミスもあったけど、最後の最後にアシストを記録し、ゴールを決めた本田よりも脚光を浴びた感じ。

一歩一歩というか、まるで二段飛ばしのように階段を駆け上がっていく直輝は、今後どう歩んでいくのか、不安でもあり楽しみでもあります。今後いろんな所から注目を集めるでしょうが、変なマスコミの報道に乗らないように気をつけて欲しいものです。

まあ何が言いたいのかというと、週末のナビスコはどういう構成になるんだろう・・・という事で(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.24

【第13節 大宮戦】

オフィシャルより

09.05.24
Jリーグ第13節vs大宮アルディージャ
24日(日)に埼玉スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第13節vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第13節
大宮アルディージャvs浦和レッズ
2009年5月24日(日)16:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
大宮アルディージャ1-1(前半1-1)浦和レッズ
得点者:8分パク(大宮)、35分細貝
入場者数:37,027人
試合速報


「歩みを止めず」

山田直輝やロビーの不在が、新たにチームの刺激になるかと期待していたが、いざ蓋を開けてみると大宮の術中にはまり、1点しか奪えず引き分けに終わった。

ルーキー1人が欠いただけで、こうもチームが停滞してしまうというのは情けない限り。だが、その中でも選手達はどうにかしようと努力していたと思う。

やはり、ペナルティエリアが近くても、ゴールだけが遠い印象。パスを回すだけなら相手にとっては脅威でも何もない。その中で勝負できるタイミングを作り出す事と、献身的な走りを生み出す事が結果を左右するだけに、課題は大きい。

しかしながら、今季は新しいスタイルを簡単に変えることなく、ここまでやり続けた事は大きい。それが今節まで勝点25を積み上げた結果だと思う。

ただ、レッズはまだまだ変わらなければならないし、歩みを止めるわけにはいかない。劇的なほどに、すぐにチームは変わるわけではないのだから、今は内容と結果をしっかり見極めることが大切だと思う。

今週からしばらくの間、代表4人が抜ける。怪我人もいる中で、再びどんなメンバーを構成してくるのか。大宮戦では高橋や林が出場して、躍動感ある動きをみせてくれた。新たな発掘を期待して週末を待ちたい。

Imgp3015Imgp3020Imgp3021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »