« 2009年4月26日 - 2009年5月2日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »

2009.05.09

第11節 川崎戦プレビュー

GWの連戦もいよいよ佳境。明日はホーム埼玉スタジアムに、川崎フロンターレをむかえ対戦する。

川崎は現在、3勝3分3敗の勝点12で暫定9位。リーグ戦前節はアウェーで横浜FMと対戦。攻めの姿勢を示すも、チャンスを生かせず逆に横浜のカウンターを浴び、前半に2失点。後半1点返すも追いつけず1-2で敗戦。

そして3日後には、ACLで中国天津にのりこみ、天津泰達と対戦。アウェー独特の雰囲気に、なかなかペースをつかめず前半早々に2点を失ってしまう。後半1点を返すも、試合自体が荒れ気味で感情もコントロールできず、終了間際にさらに1点を失い、1-3で完敗。GL1位突破を最終節まで残してしまう痛い敗戦を喫した。

川崎は、アウェー連戦が続く中、敗戦が続きなかなか自分達のサッカーを組み立てられていない。攻撃陣にはチョンテセやジュニーニョなど強力な選手達が揃っているが、今季はなかなかそれを発揮できていない。

しかしながら、はまった時の威力はとてつもないものがあり、細心の注意を払いたい。また、ここ2年間は埼スタでの対戦は川崎に凱歌があがっており、逆に自信を持って試合に入るのが恐い。

一方のレッズは前節は、アウェーながら国立競技場で柏と対戦。前半エジミウソンのゴールで先制するも、守備の詰めが甘く、立て続けに失点をし逆転を許してしまった。

後半、高原、エスクデロを投入し、相手を攻め立てた結果、後半39分にオウンゴールを引き寄せ同点。そのわずか3分後にも、相手のクリアミスを押し込み逆転に成功し、3-2で勝利。貴重な勝点3を呼び込んだ。

連戦が続くにつれ、選手達の疲労の色が濃く、プレーに反映しきれない部分が多くなってきた。リフレッシュも必要だが、その代えを務まる選手が少ないのが今の心配のタネでもある。そんな中、監督の前日コメントからロビーが負傷により明日の欠場が濃厚となっている。攻撃の核を失うことになるが、逆に考えるならば、また新たな選手の起用の可能性があるという希望もある。

不安と期待が入り混じるが、今のレッズのサッカーを続けていく中で、主力が抜けても継続的に出来るのか・・・という新たな課題に対し、明日起用される選手達がどう応えるかが、とても楽しみである。

明日は5月ながら、夏日の気温が予想され、14時という試合開始時間も相まって、消耗戦の予想がなされている。疲労が蓄積されているだろうが、ここでこそ1月からスタートした持久力トレーニングの成果が発揮されるのではないか。

日程的には相手と同じ条件ながら、ここまでの流れは全く異なる。相手を揺さ振り続け、試合の流れを自分達のペースにどう持っていくがが、勝負の分かれ目になるだろう。

ここ2年間、ホームで敗れた借りは絶対に返す。そして明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第10節 (対柏 ○3-2)
【川崎】 ACLGL第5節 (対天津泰達 ●1-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.06

国立霞ヶ丘遠征あれこれ

国立競技場だとあまり「遠征」と言うには程遠いので、今回はやや箇条書きで簡単にお送りします~。ごめんなさい思いっきり手抜きです(笑)。


・国立は、いつも青山門から並んで入っているのですが、この日はなぜか道路を挟んで黄色い集団が・・・。おっ柏サポか?と思いきや、よくよく見ると神宮球場のヤクルト戦並びの阪神ファンでした。
Imgp2332Imgp2334






・開門までの時間つぶしで、代々木までフラフラとお散歩。小田急線踏み切りそばのファミレスで休憩。
Imgp2335Imgp2336






・国立といえば、雨の印象が多いですね。やっぱり初タイトルの時の印象が強かったからかな?
Imgp2345Imgp2353






やはり国立競技場は広くていいですね。埼スタとはまた違う雰囲気があります。えー何とも言い辛い事ですが、どのクラブでも構いませんので、また来年も国立開催をよろしくお願いします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.05

【第10節 柏戦】

オフィシャルより

09.05.05
Jリーグ第10節vs柏レイソル
5日(火・祝)国立競技場で行なわれました、Jリーグ第10節vs柏レイソルの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第10節 
柏レイソルvs浦和レッズ
2009年5月5日(火・祝)16:04キックオフ・国立競技場
試合結果
柏レイソル2-3(前半2-1)浦和レッズ
得点者:11分エジミウソン、24分北嶋(柏)、38分石川(柏)、84分オウンゴール、87分エスクデロ
入場者数:32,854人
試合速報


「勢いと変化」

誰に当たったのかわからないボールが、ゴールに吸い込まれて同点。ここから逆転へのエピローグは、そう時間はかからなかった。

同点ゴールから3分後。相手のクリアミスという幸運もあったが、詰めていたエスクデロに当たりそのまま逆転ゴール。残り6分から勝点0を3に変化させ積み上げた。

前節新潟戦は、ラスト1プレーからの勝ち越し。そして今節は1点ビハインドからラスト6分の逆転劇。勢いというのはそういうものだろう。

今日は疲れもあったせいか、レッズのパスサッカーは封印され、かつ守備も曖昧で相手の一瞬のスピードについていけず2点を失った。後半、高原、エスクデロを相次いで投入してから、一気に柏を追い込むレッズ。決定的な場面は少なくとも、徐々に押し込む時間が増えていった。

そんな中、逆転への変化があったのは、闘莉王が指揮官と打ち合わせた直後に1枚前へ上がったことで、ボールが回り始めた。しかし、彼は決してパワープレー目的で一番上へ上がったわけではない。攻撃の起点として中盤に据えてパスを回した事が、今までの“力技だけ”で押し切った所と違うところか。

今シーズン始めて試合中に逆転を許し、劣勢にたたされた試合。先制点を挙げてから、一旦逆転を許した事は、当然しっかりと反省して修正をすることが大切だ。しかし、そこから残り時間の中で勝点を加えるためにどうすべきか・・・という課題に対して、それなりに結果を出してくれた事は、経験値を上げる意味でも、戦術の幅を広げる意味でも大きかったと思う。

そして逆転してからは、堀之内を投入してしっかりと試合を締めくくったのも、第8節清水戦ドローの反省を踏まえた効果でもある。

課題に対してしっかり修正を施せば、失った勝点は返ってくる。それがこの6分間で積み上げた勝点3だったのかもしれない。

GWの連戦もあと1試合。豪雨の中での疲労度は大きかったと思うが、しっかりとカラダとキモチを切り替えて、次への闘いに臨んでほしい。

Imgp2344Imgp2350Imgp2353

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

第10節 柏戦プレビュー

明日はこどもの日。アウェー国立競技場にのりこみ、柏レイソルと対戦する。

柏は現在、1勝6分2敗の勝点9で第14位。前節はアウェーで山形と対戦。前半から仕掛けてチャンスを作るもゴールは遠く、スコアレスで終了。今季6度目の引き分けとなった。

FW陣は李が中心となって攻撃の核を作っているが、U-20代表にも選ばれた大津にも注目が集まっている。またフランサが明日から復帰予定とのことで、決して油断はできない。

一方のレッズは、前節はホームで新潟と対戦。相手の早いチェックと、自らの疲労からパスコースが限定され苦しい試合展開だったが、後半ロスタイムにCKから闘莉王のヘディングシュートが決まり、かろうじて1-0で勝利し勝点3をもぎ取った。

今のレッズにとって気がかりなのが、若い選手達が抜けた後のゲームコントロール。まだチームが成熟していないゆえ、昨年のような停滞気味になってしまう。それをどう解消していけるのかが今後の課題でもある。

中2日という条件は相手も同じ。連戦ゆえ簡単なミス1つで失点に繋がる恐れもある。国立というあまり感じない“アウェー”で、走るサッカーが再び戻ってくるのか・・・。明日も選手達共に闘っていきたい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第9節 (対新潟 ○1-0)
【柏】 Jリーグ第9節 (対山形 △0-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月26日 - 2009年5月2日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »