« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »

2009.05.02

【第9節 新潟戦】

オフィシャルより

09.05.02
Jリーグ第9節vsアルビレックス新潟
2日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第9節vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第9節 浦和レッズvsアルビレックス新潟
2009年5月2日(土)19:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前半0-0)アルビレックス新潟
得点者:89分闘莉王
入場者数:50,284人
試合速報


「奇跡と不安のウラオモテ」

ラスト1プレー。

ロビーから放たれたCKは、坪井がカバーした相手DFのさらに上を跳んだ闘莉王のヘッドが力強くゴールに突き刺さり、貴重な先制点と同時に、難しかった勝点3が奇跡的に転がり込んだ。

まさに最後の最後に“呼び込んだ”ゴールだったが、それまでの道程はとても長かった。

新潟の守備網は見事にはまっていた。レッズの攻撃がことごとくその罠にはまり、ボールが繋がらない。また疲れからなのか人の動きも少なく、これも攻撃のリズムを崩す要因にもなった。

特に原口、直輝が退いてから、余計に停滞感が漂ってしまった感は否めない。

今のレッズは若い選手達が支えているといっても過言ではないが、その彼らが退くだけで流れが変わってしまうのは、まだまだチームとしての成長が未熟な証拠でもある。

開幕してカップ戦も含めこれまで11試合。徐々に相手チームに研究されはじめ、思うように攻撃の形が作れず、相手から執拗なチェックを受ける時がある。それは上位の宿命ゆえ仕方のないこと。では、そこからどうするのか・・・。それが今後へ向けての新たな課題となる。

昔の「個」の力だけに頼るサッカーからは変わりつつあるが、逆にこの日の闘莉王のような強烈な「個」で引き寄せるプレーが必要な時もある。

今日勝った事は何よりも嬉しかったが、時間が経つごとにそれを手放しで喜んでよかったのか・・・。自分の心のどこかに不安が見え隠れしていた。

幸い指揮官も選手達も、結果は結果として試合の流れには納得していなかったようである。次節まではあまりにも時間が短いが、しっかりと修正して次へ臨んで欲しい。

Imgp2249Imgp2258Imgp2264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.01

第9節 新潟戦プレビュー

GWの連戦に突入。明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在、4勝3分1敗の勝点15で第3位。前節はホームでジェフ千葉と対戦。マルシオ・リシャルデスのゴールで先制するも、後半立ち上がりに同点。直後に大島のゴール勝ち越してそのまま逃げ切りを図るも、終了直前にゴールを許し、結局2-2の引き分けで終了。

新潟は、ホームゲームで相次いで追いつかれてのドローが続き、試合の終わり方の課題が出ている。しかし、マリシオ・リシャルデスとペトロ・ジュニオールのコンビは今シーズンの新潟を支えてるといっても過言ではない。そこに、矢野や待望の補強だった大島を加えた攻撃陣は全く油断できない。

一方のレッズは前節はアウェーで清水エスパルスと対戦。前半PKで先制を許すも、ロビーのゴールで同点に追いつき前半終了。後半は一進一退の状況だったが、後半29分に山田直輝のプロ初ゴールで逆転。しかし終了間際に攻撃一辺倒に来た清水を止められず、同点ゴールを許し、2-2のドローに終わった。

ゴールまでの動きは決して悪くはない。周りがしっかりと動くことでフィニッシュへの流れができており、それが今のレッズの好調を生み出している。ただ、まだまだ発展途上で課題は多い。また連戦が続く中で選手達の疲労の回復具合が気になるところだ。

連戦の中での試合はまずはキモチの切り替えが大切だと思う。レッズは前節は引き分けだったが、悲観するものではまったくない。そして急にチームは発展するわけではないだけに長い目で見ることを考えると、引き分けも良しと思うべきだろう。その中で直輝のプロ初ゴールは、彼の今後への自信をさらに深めるものを思いたい。

ただ今節の相手新潟は、序盤鹿島などを破り自信をつけている。勝っていない埼スタでのレッズ戦に意欲を燃やしている。この状況をどうこなせるかが勝点3への分かれ目になるだろう。明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第8節 (対清水 △2-2)
【新潟】 Jリーグ第8節 (対千葉 △2-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.30

エコパ遠征あれこれ(清水戦編)

今季、東海遠征のラストを飾る2度目のエコパ遠征を振り返ります~。

この日は16時試合開始ですが、早めに出発。朝日に見送られいつもの新鎌ヶ谷駅から、5:31発の東武野田線に乗車。
Imgp2020Imgp2024Imgp2025






5:44船橋駅着。5:50発の総武線快速に乗り換え。
Imgp2026Imgp2028






6:14東京駅着。向かったのは中央線ホーム。6:30発の特別快速高尾行きに乗り換え。
Imgp2029Imgp2030Imgp2031






6:44新宿駅着。まだ早い時間のせいか人は少ないですね。ここから小田急線に乗り換え。
Imgp2035Imgp2036






今回もチケットショップで購入した「小田急株主優待券」で小田原へ向かいます。ちなみに通常運賃は850円ですが、570円で購入。かなりお得でした。

で、新宿駅から6:51発の急行小田原行きに乗車。
Imgp2042Imgp2037Imgp2040






乗ってしばらくは睡眠タイム(笑)。1時間ぐらいして目が覚めると、車窓からきれいに富士山が見えました。
Imgp2044






8:23小田原駅着。
Imgp2046Imgp2047






ここからは新幹線に乗り換え。8:37発の「こだま637号」に乗車。
Imgp2048Imgp2049






途中、三島駅で停車時間を使って、前回の磐田戦でのエコパ遠征で買いそびれた駅弁の「港あじ鮨」を購入。
Imgp2053Imgp2054






3種類の鯵寿司がつまったお弁当。さらに生わさび付きで、自分好みですり下ろして食します。鯵とご飯のバランスが良く、とてもおいしかったです~。
Imgp2055Imgp2056Imgp2057






9:41掛川駅着。9:52発の東海道線に乗り換え。
Imgp2068Imgp2074Imgp2076






9:57愛野駅着。掛川までの新幹線特急券の写真撮るの忘れた・・・。
Imgp2077Imgp2072






坂を上りきって、ようやくエコパスタジアムに到着。
Imgp2079Imgp2080






スタジアム外の屋台で買ったのが、旬のさくらえびのかき揚げと富士宮やきそば。かき揚げはちょっとバラバラになって揚げ玉っぽくなってましたがおいしかったです。
Imgp2081Imgp2083






試合前には、おなじみの“パルちゃんショー”が行われました。噂によると、今年からパルちゃんの中の人が代わったとか代わらないとか・・・。言われてみると動きにキレがなかったような・・・(笑)
Imgp2085






試合は2-2のドロー。致し方ないですね。
Imgp2097Imgp2090






試合後は、ダラダラを坂を下り愛野駅へ。案の定、駅は入場規制。でも、整理する人間が改札の中だけいっぱいいて、改札の外はムダに混乱するばかり・・・。
Imgp2102Imgp2103






愛野駅18:58発の東海道線に乗車。19:03掛川駅着。
Imgp2106






わずか1分前に新幹線が出てしまい、30分待つことに・・・。で、19:31発の「こだま676号」に乗車。
Imgp2107Imgp2108Imgp2109






GW真っ只中とはいえ、水曜日の祝日。新幹線は空いてましたね。
Imgp21101Imgp2111






帰りの夜食は、行きの小田原駅で買った「まさカリーパン」。辛さもほどよくておいしかったです。パッケージには”まさかのご利益”と書いてありましたが、この日は引き分けてご利益はやや減少でしたね~。
Imgp2112Imgp2113






見慣れている景色が見えてきたら、終点はもうすぐ。21:17東京駅着。
Imgp2114Imgp2116Imgp2117






グランスタを通り、総武線地下ホームへ。21:25発の成田行きに乗り換え。
Imgp2118Imgp2119Imgp2120






21:49船橋駅着。21:54発の東武野田線に乗り換え。
Imgp2121






22:07新鎌ヶ谷駅着。出発して16時間半ぶりの帰還で、無事エコパ日帰り遠征終了しました。というわけで俺お疲れ。そして遠征された皆様、お疲れ様でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.29

【第8節 清水戦】

オフィシャルより

09.04.29
Jリーグ第8節vs清水エスパルス
29日(水・祝)にエコパスタジアムで行なわれました、Jリーグ第8節vs清水エスパルスの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第8節
清水エスパルスvs浦和レッズ   
2009年4月29日(水・祝)16:04キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
清水エスパルス2-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:17分原(PK・清水)、35分ポンテ、73分山田直輝、86分児玉(清水)
入場者数:30,851人
試合速報


「落とし穴」

直輝のプロ初ゴールが決まった瞬間、観ていた自分の心のどこかに、別な意味での余裕が生まれてしまっていた・・・。

残り17分+α。レッズは原口、直輝を立て続けに下げ、攻撃を厚くする清水に何とか守備を固め逃げ切ろうと目論んだ。

ただ、あれだけ押し込まれると跳ね返すだけで精一杯だし、クリアしてマイボールにしても、あっさりとボールロスされてしまうと何も意味もない。

今までのように、もっとしたたかに時間を使えれば良かったのかも知れないが、そんな余裕は全くなかったのだろう。試合終了後に数人の選手達がピッチに倒れこむのを見てそう強く感じた。

これまで順調に試合の流れを掴み、勝点を積み上げてきたが、逆にうまく行きすぎている感があっただけに、同点に追いつかれたことは残念だけれども、ここで一旦止まって足元を見つめ直すのも悪い事ではない。

自分達はまだまだ強くはない。今は少しずつ課題を克服して着実に力を積み上げることが大切だ。

次節は中2日。彼等の心と体の切り替えに注目したい。

Imgp2092Imgp2095Imgp2098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.28

第8節 清水戦プレビュー

明日は、中3日での第8節。アウェーエコパスタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は現在、2勝3分2敗の勝点9で第12位。前節はホームに柏をむかえ対戦。先発の布陣を代えて臨んだものの、先制点を許してしまう。その後、原、ヨンセンを相次いで投入した直後、エース岡崎のゴールで同点に追いつき、かろうじて1-1のドローで終わった。

失点は7と決して悪い数字ではないが、得点は4とリーグワースト。かつ全ての得点が岡崎のみ、という攻撃力の偏りに、なかなかチームとしてのエンジンがかかりにくい要因になっている。

今シーズンは、得点力アップのために名古屋からヨンセンと浦和から永井を獲得したが、共にチームになかなかなじめず苦しい。ヨンセンについては、十分ポスト役になっているものの。、その後が繋がらないだけに個人の問題だけではないと思う。また永井は開幕前から怪我で出遅れ、ようやく前節に今季初先発を果たしたが、シュート1本のみと寂しい結果だった。

チームとして守備と攻撃の展開が遅く、未だ本調子になっていないだけに、付け入る隙はあるだろうが、相手は日本を代表するFWを要するチーム。やはり最大限の注意をはらいたい。

一方のレッズは、前節はアウェーで千葉と対戦。豪雨と短く刈られたピッチ、そして相手の素早いチェックに前半こそ苦労したが、後半はしっかりと修正し、逆に相手をパスで翻弄するようになり、後半13分にエジミウソンの先制ゴールを呼びこんだ。

その後も何度かチャンスがあったものの、追加点は奪えなかったが、クレバーな守備で見事に完封し、1-0で勝利。リーグ戦4試合連続で1-0の記録を作り、首位に立った。

成長過程を見守るべき臨んだ今季、図らずも早々に首位に立ったものの、すべてが手放しで喜ぶものでは全然ない。果たすべき課題がたくさんあり、その1つが追加点を獲ることでもある。

けれど、奪えないからと言って、決してそれを守りきるサッカーをしているわけでもない。常に意識を前に向いているからこそフォアチェックが効いて、相手を揺さ振ることができる。

また、若手の原口や直輝の好調さがいい意味で他の選手達にも影響を及ぼしており、今のレッズは成長曲線がかなり上向いている。また選手達が自信を持って試合に臨んでおり、それがいい結果に結びついている。

明日も難しい相手との対戦。そしてGWの連戦が続くが条件は相手も同じ。どれだけ復調できるかが鍵になるだろう。

4月にして最後の東海アウェー。相手は違えど、前回エコパで奪えなかった勝点3を拾いきるために、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第7節 (対千葉 ○1-0)
【清水】 Jリーグ第7節 (対柏 △1-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

千葉(蘇我)遠征あれこれ

何とかチケットを手に入れる事ができた千葉戦。遠征を振り返ります~。


入手したチケはコーナー自由席。早めにスタジアムへ向けて出発。いつもの新鎌ヶ谷駅から7:03発の東武野田線に乗車。
Imgp1826Imgp1827






7:17船橋駅着。ちょっと小走りで移動したら、予定より早く7:20発の総武線快速千葉行きに乗り換え。
Imgp1828






7:36千葉駅着。7:39発の内房線君津行きに乗り換え。
Imgp1829Imgp1830






7:45蘇我駅着。この日はずっと雨予報。傘が手放せない1日でした。駅前からフクアリへ向かいます。
Imgp1831Imgp1832






10分ほどでフクアリに到着。半年振りですね~。メインスタンド側のJFEの工場の風景は、何だか哀愁を感じますね。この日の天気と妙にマッチしてました。
Imgp1833Imgp1840






列整理が終わってから、友人と近くのアリオ蘇我へ。買い出しを兼ねて、フードコートで早すぎの昼食(笑)。この日は丸亀製麺でうどんでした。
Imgp1842






14時開場。やはりサッカー専用はピッチが近くていいですね~。
Imgp1843Imgp1847






試合は1-0で勝利。久々にここで勝ちましたね。それにしても風、雨共に強かったです。
Imgp1851Imgp1857






フクアリから、混雑の流れに乗って蘇我駅着。埼玉方面へ帰る友人と別れ、18:28発の内房線千葉行きに乗車。
Imgp1869






18:35千葉駅着。向かいのホームから出発するお座敷列車をお見送り。そして18:44発の総武線快速に乗り換え。
Imgp1870Imgp1871Imgp1873






18:59船橋駅着。19:02発の東武野田線に乗り換え。
Imgp1874






19:16新鎌ヶ谷駅着。スタジアムを出ておよそ1時間で到着。ということで俺お疲れ。そしてチケット入手困難の中、スタジアムに集った皆さんお疲れ様でした。
Imgp1875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »