« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009.04.18

【第6節 京都戦】

オフィシャルより

09.04.18
Jリーグ第6節vs京都サンガF.C.
18日に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第6節vs京都サンガF.C.の試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第6節 浦和レッズvs京都サンガF.C.
2009年4月18日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前半1-0)京都サンガF.C.
得点者:7分エジミウソン
入場者数:41,836人
試合速報


「躍動の裏に見える不安」

この日のレッズは、比較的ラインを高くし、京都の攻撃に目を光らせ、人数を割いてフォアチェックを仕掛けていた。

前半7分のエジミウソンの先制点以降、結果的にオフサイドやファールとなったが、得点に結びつきそうな場面が何度かあり、連動する動きも相まって、さらなる追加点への期待が高かった。

しかし後半13分。原口から高原への交代を機に潮目は一気に変わる。

同じ戦術を目指していても、プレースタイルが違う選手が入るとそれに合わさなければならず、自ずとバランスを崩してしまう。

そのフォローに手を掛けてしまう分、中盤を支配されバックラインもズルズルと下がり気味となり、相手にフリーで打たせてしまう場面が何度かあった。

高原に対しては、チームの期待や監督の起用に応えたいところだろうが、全てが空回りしている感じで、なかなか上昇の機運が高まってこない。エジミウソンや若手の活躍が目覚しいだけになおさらなのかもしれない。

チームとしては、リーグ戦3試合連続で1-0と勝負強く結果を残しているが、やはり追加点が欲しいところ。それだけに今はその機運を我慢強く待つしかないのだろうか・・・。

しかしながら躍動の中でも、常に課題や不安があるのは、今はまだいい事なのかもしれない。1戦1戦納得と反省と繰り返して結果を残していくことが、成長途上の今は大切だと思う。

リーグ戦はまだ6試合目。先は長い。

Imgp1692Imgp1702Imgp1704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

第6節 京都戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに京都サンガFCをむかえ対戦する。

京都は現在、3勝0分2敗の勝点9で第6位。前節はホームに首位新潟をむかえ対戦。開始早々にパウリーニョのゴールで先制したあとは、時間を追うごとに守備を固めていき、新潟の猛攻に耐え、1-0で勝利。リーグ戦ホーム3連勝を飾った。ただカップ戦を含めアウェーは4戦4敗と内弁慶の状態だ。

今シーズンの京都は、ヴェルディから攻撃の軸となるディエゴを獲得。中盤の佐藤勇人や右サイドの渡邉らと共に攻撃を組み立てている。またDF陣は水本や李正秀が揃い、決して侮れない。

ただ大きな壁とは言えど、失点数は7試合で9失点と必ずしも鉄壁には遠い。どれだけ相手を揺さ振らすことができるかがポイントになるだろう。

一方のレッズは、前節はアウェーで名古屋と対戦。昨年はほぼ完璧に封じられたが、この日はパスから攻撃に展開する動きが良く、試合の流れを優位にし、その中から原口のゴールが生まれた。

追加点こそ奪えなかったが、名古屋の終了間際の高さとスピードを生かした猛攻に耐え、1-0で勝利した。

試合を重ねるごとに、選手の動きが良くなっているが、その中でも若い選手達の活躍が目立つ。ただ、それ以上に坪井や暢久らの中堅、ベテラン選手の活躍が目覚ましい。

刺激の相乗効果なのか、選手達が積極的に動くことでボールも良く回っている。特にここ数試合は、勝点3という結果に結びついているだけに、それが調子を上げる要因になっている。

しかし、明日はFW田中達也、MF平川がそれぞれ怪我で欠場とのこと。けれど大きな不安はない。代わりに出る選手達のパフォーマンスが楽しみでもある。

ただ、時折見せる不用意なパスミスに気をつけたい。90分の中では、致し方ないことなのかもしれないが、一瞬の判断ミスが失点に結びつくだけに集中したい。また、ここ最近はチャンスが多い中、スコアが1-0で終わる試合が続いており、もう少し得点を奪いたいと思うのはわがままか・・・。

相手は、久々の埼スタでの試合。勝っていこうと十分すぎるぐらいの気合で向かってくるだろう。しかし、それを軽く往なす位の余裕は持つべきで、まずは自分達のサッカーをしていくことが大切だ。けれど余裕と油断は全く違う。

さらなる成長を期待して、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第5節 (対名古屋 ○1-0)
【京都】 Jリーグ第5節 (対新潟 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.13

名古屋(豊田)遠征あれこれ

今季早くも2度目の東海遠征。さっそく振り返ります~。


出発はいつもの新鎌ヶ谷駅から。7:27発の東武野田線船橋行きに乗車。
Imgp1437Imgp1438






7:41船橋駅着。ここで、総武線快速遅れの一報を聞き、とりあえず並行する総武線各駅停車に乗り換え。

途中で、快速に追い越された事は気にせず、そのまま8:15頃秋葉原駅着。すぐに到着した京浜東北線に乗り換え。
Imgp1440Imgp1441






8:20過ぎに東京駅着。新幹線ホームに直行。8:33発の「ひかり505」号に乗車。
Imgp1442Imgp1446Imgp14471






日曜日なので、そんなに混んでいたわけではなかったですが、たまたま乗った号車は団体客が多かったですね~。
Imgp14571Imgp1449






9:59豊橋駅着。結構同志が乗ってましたね。
Imgp1450Imgp1451Imgp1452






駅ビルであらかじめ昼食の買出しをして、名鉄のホームへ。当初乗る予定だった列車の1本前の10:15発特急岐阜行きに乗車。
Imgp1453Imgp1454






20分ほどで、東岡崎駅着。ここで普通列車に乗り換えます。10:42発。
Imgp1459Imgp1460Imgp1461






10:43、隣の駅の岡崎公園前駅に到着。
Imgp1463






小さい駅ですが、改札を出ると・・・
Imgp1464






目の前が愛知環状鉄道の中岡崎駅。さっそく移動します。
Imgp1465Imgp1466






10:48発、北野桝塚行きに乗車。かぶりつきです(笑)。
Imgp1468Imgp1469







10:55北野桝塚駅着。ここで一旦乗換え。11:00発の高蔵寺行きに乗車。
Imgp1477_3Imgp1475_3






思いのほか眺めもよく、11:16新豊田駅着。
Imgp1480Imgp1481Imgp1482






名鉄の豊田市駅を過ぎて、一路スタジアムへ。この日は、いつも渡る橋とは別の橋を渡ってアウェー側へ直接向かいました。天気も良くて暑いぐらいでしたね~。
Imgp1483Imgp1486Imgp1490






無事スタジアム到着。
Imgp1493






13:00に開門。昼食は豊橋駅の駅ビル内で買った「壷屋」のいなり寿し。甘めのタレで煮たお揚げはふっくらしてておいしかったです。
Imgp1494Imgp1495






ほぼ1年ぶりの豊田スタジアム。コンパクトでありながら、上へ伸びる傾斜がいいですね。自分の中で好きなスタジアムの1つです。そういえば、屋根って故障したからずっと締まりっぱなしなんでしたっけ?
Imgp1498






試合終了。ここでの名古屋戦の勝利は2年ぶりですかね?
Imgp1514Imgp1516






スタジアムを出て、きれいな夕日を見つつ、駅へ向かいます。
Imgp1527






名鉄豊田市駅18:45発の三河線知立行きに乗車。そして19:09知立駅着。19:17発の特急岐阜行きに乗り換えます。
Imgp15281






19:38名鉄名古屋駅着。
Imgp1529






駅そばのタカシマヤの地下街で夕食の買出しをして、新幹線ホームへ。20:10発の「のぞみ138号」に乗車。
Imgp1532Imgp1533Imgp1535






やはり日曜日の遅い時間のせいか、行楽帰りで混んでましたね~。
Imgp15371Imgp15491






夕食は、タカシマヤ地下で買った「鶏三和」の鶏すき重。
Imgp1538Imgp1539






まったりしているうちに、21:53東京駅着。
Imgp15451Imgp1547






総武線快速ホームに移動し、22:04発の千葉行きに乗車。
Imgp1548Imgp1550






22:28船橋駅着。22:41発の東武野田線に乗換。
Imgp1552Imgp1553






22:54新鎌ヶ谷駅着。無事、豊田日帰り遠征完了しました。というわけで俺お疲れ。そして、豊田へ遠征した皆さんお疲れ様でした~。
Imgp1554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

【第5節 名古屋戦】

オフィシャルより

09.04.12
Jリーグ第5節vs名古屋グランパス
12日(日)に豊田スタジアムで行なわれました、Jリーグ第5節vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第5節
2009年4月12日(日)16:03キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパス0-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:43分原口
入場者数:32,435人
試合速報


「引き立て役」

昨年は、敵将ピクシーの引き立て役にまわってしまったレッズ。

今季は、同じシステムながらも、その完成度は圧倒的に相手に分がある中での、レッズにとって今の方向性を問う、ある意味試金石の試合だった。

達也の負傷交代から投入された原口のポジショニングが心配だったが、そんな事は杞憂だった。

彼は、これまでの鬱憤を晴らすかのように精力的に走り、豪快なドリブルを披露し、また時折ミドルシュートを放った。

そんな彼に先輩達からのアシストから、ビックチャンスが巡ってきた。

「簡単なゴールだった」と言いのけてはいたが、記念すべきJ初ゴールは、まるでお膳立てされてたかのようにボールが綺麗に繋がり、豪快に蹴りこんだ。

原口が決めた事は何より嬉しいが、それ以上にレッズの選手達の動きが、試合を重ねるごとに献身的で、昨年までのような人任せから脱却しつつあるのが、見てて楽しい。

誰が活躍しうるにも、大切なのはそれを引き出す動き。

逆に言うなら、引き立て役がいてこそ、これからのレッズのサッカーが成り立っていくのかな、と思う。

また、次の試合が待ち遠しくてたまらなくなった。

Imgp1510Imgp1518Imgp1523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »