« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009.03.14

【第2節 FC東京戦】

オフィシャルより

09.03.14
Jリーグ第2節vsFC東京
14日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第2節vsFC東京の試合結果をお知らせ致します。
2009年3月14日(土)14:02キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-1(前半1-1)FC東京
得点者:4分阿部、13分オウンゴール(FC東京)、48分エジミウソン、83分ポンテ
入場者数:50,802人
試合速報


「Devotion to URAWA」

フィンケ浦和がようやく待望の勝点3を得て、出港の時を迎えた。

前節スタメンだった平川と高原をベンチスタートにし、暢久とエジミウソンを起用。細貝を右から左サイドバックへコンバートして臨んだ。

開始早々にセットプレーから先制するも、時間が経ってもなかなか落ち着かない。FC東京のプレッシャーにボールが回らず、時折個人技で崩そうとしても、あっという間に阻まれラインが下がってしまい、逆にピンチを招き失点を許し、同点で前半を終了した。

しかしその頃から、自分達のリズムを掴んだのか、闇雲にパスを出すのではなく、緩急をつけて逆に相手を翻弄するようになってきた。それが奏を効したのか、後半早々のエジミウソンの勝ち越しゴールや、ダメ押しとなったロビーのゴールがその表れだったと思う。

90分間という試合の中で自分達のペースを保つというのはなかなか難しい。それゆえ、現在途上中のレッズにそれをできるかが鍵となっていた。しかし彼らは、ピッチ全体を使ってパスサッカーをするという監督の意を汲んだサッカーを彼らなりに実行し、それが結果に結びついた。

反省すべき点はまだたくさんある。だが、今までのような個人技一辺倒ではなく組織で点を奪ったのは大きい。また、1点差という緊迫した場面で、新人の山田直輝を投入し、終了間際にはベテランの域に達しつつある堀之内を起用し試合を締めたのは、監督の采配の妙でもあった。それだけに、またまだ楽しみな部分はいっぱいある。

昨年9月のACL以来の埼スタでの勝利。半年間も遠ざかっていたのか・・・と想う半面、新鮮な想いでこの勝利を受け止めたという想いもある。

この日、久々に埼スタに響き渡った愛する歌に込められた想いは、まさに「Devotion to URAWA」そのものだと思った。

Imgp0600Imgp0602Imgp0609

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.03.13

第2節 FC東京戦プレビュー

明日はホーム開幕戦。埼玉スタジアムに、FC東京をむかえ対戦する。

FC東京は、開幕戦は新潟と対戦。前半こそ主導権を握っていたが、後半は立て続けに失点を許し、1-4で敗れた。

今節は、FWカボレの起用が予想されるが、コンディションの面で不安視されている。また開幕前から怪我人が相次いでおり、特にGK塩田の離脱は大きい。またホームでの4失点はダメージが大きく、守備陣が整備しきれない状況で、修正してこれるかどうかがポイントになるだろう。

一方のレッズは、開幕はアウェーで鹿島と対戦。開始直後こそ攻勢に出ていたが、それも相手に見透かされており、徐々に鹿島の時間帯が続いた。何度も決定的なピンチを招き、ことごとく凌いでいたが、22分にカウンターから失点。後半に入ってからも、CKのこぼれからカウンターを浴び、マルキーニョスに決められた。

攻撃に関しては、パスを意識するばかりで、肝心のフィニッシュまでは程遠く、ことごとく鹿島の守備網に阻まれていた。しかし目指そうとしているサッカーを垣間見ることができたので、決して悲観はしていないし、むしろ昨シーズンに比べて希望が持てた。

では、今節に向けてしっかりと修正を施してこれるかどうか・・・。失点シーンに見られるように、攻守の切り替えが遅かったことは否めない。また、相手をマークする枚数が足りず、あたふたしてしまう場面が何度か見られた。

今は、レッズのサッカーを再構築するために日々の練習を重ねている。そのスタイルを常に続けることが大切だ。もちろんすぐに結果が出ない事は百も承知だ。

“辛抱する”とは言っても、決して『我慢』ではない。けれども、あっさり負けるのもつまらない。やはり勝負事だけに、勝ちを目指すことは当然だと思う。

大事なホーム初戦。まずは勝点3を目指して、明日も選手達と共に闘っていきたい。

【浦和】   第1節(対鹿島 ●0-2)
【FC東京】 第1節(対新潟 ●1-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

ACL2009開幕

まあ、うちには関係のない大会になってしまいましたが、1サッカーファンとしては興味はあるんですよね~。

ということで、昨日今日とそれぞれ日本から出場している4クラブの試合が行われました。

E組 蔚山現代 1-3 名古屋
F組 G大阪 3-0 山東魯能
G組 水原三星 4-1 鹿島
H組 川崎 1-0 天津泰達

順当・・・かと思いきや、鹿島がよもやの4失点で完敗。やはり勝負事はわからないですね~。

ACL次節は来週の火・水曜日となる17、18日にそれぞれ行われます。

Imgp0514Imgp0527Imgp0559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

ダブルエリミネーション方式

WBC見てて、この方式初めて知りました。

「ダブルエリミネーション方式」
勝ち上がり段階で、2度負けた時点で敗退が決まるトーナメント方式。 勝者サイドと敗者復活サイドの両側から決勝進出チームが決まる。 東京ラウンドでは、ゲーム4とゲーム5でラウンド2への進出チームが決まり、決勝(ゲーム6)で順位(1位通過、2位通過)が確定する。通過順位によってラウンド2での対戦カードが異なってくるため、決勝(ゲーム6)も大変重要なゲームとなる。
WBC東京ラウンド(オフィシャルサイト)


つまり、1回負けてもトップに立てるって事で、それが今夜の韓国の状況って事ですね。

リーグ戦とはまた全然違うんですね。いやはや勉強になります。

要は何が言いたいのかというと、日本代表は2次ラウンドで再度韓国にリベンジできるチャンスがあるわけですね。頑張って欲しいものです。

日本1-0韓国(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.08

鹿島遠征あれこれ

今年最初の遠征は、ある意味外国である鹿島への旅となりました。では振り返ります~。

出発は、いつものように新鎌ヶ谷駅。今回は18きっぷを使う関係で、7:37発の新京成線で松戸へ向かいます。
Imgp0435Imgp0434Imgp0436






7:56松戸駅着。ここで友人と合流し、18きっぷの旅が始まります。
Imgp0495






8:05発の成田線直通の成田行きに乗車。しかし直前に人身事故があったようで、7分ほど遅れて到着しました。
Imgp0437Imgp0438






途中の我孫子駅で結構遅れを取り戻し、定刻より1分遅れの9:06に成田駅到着。すぐさま隣のホームに停まっていた鹿島神宮行きに乗換え。
Imgp0439






成田駅を出たときはそれなりに混雑していましたが、各駅に停車するごとに解消していき、ノンビリとした風景もゆっくり見られるように・・・。
Imgp0441Imgp04421






北浦橋梁を越え、いよいよ鹿島国入国を果たし(笑)、10:03に鹿島神宮駅へ到着。
Imgp0444Imgp0445






結構、乗っていたんですね~。
Imgp04461Imgp04471






駅からは、ちょうどスタジアム行きの路線バスが発車直前だったので、慌てて乗車。
Imgp0448






満員の状態で、スタジアムへ。交差点を曲がるときも、ドライバーは何も言わずマイペース運転(笑)。
Imgp04491






15分ほどでスタジアム到着。我等がジーコ像は、早々に柵に阻まれ、2人体制でしっかりと警備されてました。
Imgp0450Imgp0451






並びの列に合流してから、早速買いだし。国道沿いの屋台は早い時間から人で溢れかえってました。そんな中、「おにぎり」、「いか焼」、「鳥のから揚げ」、そして「もつ煮」を購入。それぞれ300円ずつで、4点で締めて1,200円。
Imgp0454_2Imgp0453






ボリュームがあって、それでいて安くておいしかったです。やっぱりカシマのスタジアムグルメはレベルが高いですね。
Imgp0455Imgp0452






開場してから、2階席へ。天気が良かったせいか太平洋がきれいに望めました。
Imgp0461






スタジアム内の売店も、アウェー側という限られたエリアにもかかわらず充実。ちょっと奥まったところで売ってた「ハム焼」は絶品でした。
Imgp0463






試合後は、選手達の挨拶を見つつ、最寄の「鹿島サッカースタジアム駅」へ移動。早めの移動が功を奏してか、18:10発の臨時列車成田行きに無事乗車。
Imgp0484Imgp04861






4両編成ながら、車内はほぼ満員のまま、立ちっぱなしで帰路スタート。各駅に停車してゆき、19:16に成田駅着。

すぐさま、隣のホームに停車していた19:17発成田線我孫子行きに乗り換え。ようやっと座れました。
Imgp04871







20:01我孫子駅着。埼玉方面へ向かう同志は、常磐線各駅停車に向かっていましたが、自分達は20:08発の常磐線快速上野行きに乗り換え。
Imgp0490Imgp0489Imgp0491






20:21松戸駅着。半日ぶりに戻ってきました。で、ここでずっと道中一緒だった友人と別れると同時に、18きっぷの旅もここで終了。

20:28発の新京成線に乗り換え、20:46に無事新鎌ヶ谷駅に到着。
Imgp0492Imgp0493Imgp0496






というわけで、俺お疲れ。

鹿島国へ行かれた皆様、そして同行してくれたTさんお疲れ様でした。

また、今シーズンも行ける限りアウェーに参戦して「遠征記あれこれ」を書きたいと思います。こちらもよろしくお願いします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »