« 新しい波から前進へ | トップページ | 【第34節 鹿島戦】 »

2009.12.04

第34節 鹿島戦プレビュー

いよいよ最終節。明日は、ホーム埼玉スタジアムに、鹿島アントラーズをむかえ対戦する。

鹿島は現在、19勝6分8敗の勝点63で首位。前節はホームにガンバ大阪をむかえ対戦した。前半こそスコアレズだったものの、後半9分に興梠のゴールを皮切りに6分間で3点を挙げ、一気に流れを引き寄せた。

ガンバも1点を返すものの、ルーカスの2枚目の警告で退場を喫してからは防戦一方。その後も攻撃の手を緩めず、2点を追加し5-1と圧勝。4連勝を飾り自力優勝へ一気に王手をかけた。

一方のレッズは、前節はアウェーで京都と対戦。前々節磐田戦の雰囲気が逆に悪いほうに出てしまったのか、シュートチャンスがあったものの、打てずにパスを選択したり、打ってもことごとくGKの前に阻まれたりと、ゴールから遠かった。

後半に入ると、スタミナが落ちたのか選手達の動きが急激に落ち、逆に京都に左右に揺さぶられて先制点を許してしまった。その後、レッズは交代枠を使い攻撃を仕掛けるも、なかなかゴールが割れず、結局0-1で敗れた。

明日は、優勝目前のチームとの対戦。そして相手は鹿島という事で、これ以上のシチュエーションはない。ただ、やはり目の前で優勝は見たくないというのは、選手も同じ気持ちであろう。しかし優勝を阻止することも大事だが、ホーム最終戦。レッズが勝つ試合を見たいというのがサポーターの本能ではないか。

これまでリーグ戦33試合、ナビスコカップ8試合、天皇杯1試合の合計42試合共に闘ってきた。ウノゼロが続く連勝もあったし、夏場は7連敗も経験した。さらに秋口にはアマチュアに敗れるという屈辱も味わった。今年は監督が代わり、システムが変わり、山あり谷ありのシーズンだったが、残りあと90分間だけとなった。

悔いはないのか?と言われればウソになる。でも去年ほどじゃない・・・と思うのは正しいところか。

泣いても笑ってももう最後。だからこそ明日は俺達の浦和らしく誇りを持って、選手達と共に闘っていきたい。

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対京都 ●0-1)
【鹿島】 Jリーグ第33節 (対G大阪 ○5-1)

|

« 新しい波から前進へ | トップページ | 【第34節 鹿島戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/46933525

この記事へのトラックバック一覧です: 第34節 鹿島戦プレビュー:

« 新しい波から前進へ | トップページ | 【第34節 鹿島戦】 »