« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

12月31日

今年もあとわずかになりました。

今シーズンのレッズは、チームフィンケの1年目。チームの建て直しを目指したわけですが、途中まで調子が良かったせいか、どこかに「優勝」という影がチラつき、最後まで微妙に噛み合わないところがあったのかも知れません。

夏場の7連敗はそういう事もあってか、かなり堪えました。けれどチームが変わりつつある状況。耐える先にはきっといい結果が待っていると期待したいですね。

それだけに来シーズンは、もっともっと楽しめる試合が観られたらいいなぁと思います。


今年も、弊ブログをご覧いただきありがとうございました。来るべき2010年もレッズを愛する皆様にとって、すばらしき1年になりますように。

ではよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.30

うーつーむくなよー♪

正月恒例の高校サッカーが開幕。

って帝京、早々に負けちゃったのね・・・。

帝京(東京)-ルーテル学院(熊本)(JFAオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.12.29

天皇杯準決勝

PK戦ってプレーしている選手はどう感じているかわかりませんが、観てる方というか特にそのチームのサポは心臓に悪いですよね・・・。2年前のACL城南一和戦を思い出した・・・。

というわけで、元日の決勝戦は、10年ぶりの名古屋と、2大会連続の優勝を狙うG大阪との対戦。今回も面白い試合になりそうです。

名古屋-清水
G大阪-仙台(いずれもJFAオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.27

夢の続き

マツリダゴッホ、ドリームジャーニーを軸に数点流しましが、本命的中ではなく、かろうじて引っかかった感じ。

収支はマイナスでしたが、それなりに楽しめました。

たまーにですが、年に数回はこういう競馬に没頭できる日があってもいいかも。

第54回有馬記念結果(JRAオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.26

The Grand Prix

自分の夢を託す馬を探すために、これからじっくり検討。

第54回有馬記念(GⅠ)(JRAオフィシャル)

Img_0903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.25

テクニカルダイレクター

この肩書きが結局何だったのか、はっきりわからんうちに、信藤さんが退任されました。お見舞い申し上げます。

後任の柱谷お兄ちゃんには、頑張っていただきたいものです。

柱谷幸一氏がチーム強化責任者に就任(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.24

マルクスさん

なんだろうな~。微妙な形でチームを去ってしまうのは残念だけど、今のクラブの考え方と彼の考え方の溝が埋まらない限りは、仮に来年レッズと契約更新してもこじれるだけだったのかもしれないな・・・。

何だかんだ言いつつも、レッズのタイトル獲得に貢献した恩人であることには間違いはない。だからこそそれなりの形で送り出してあげたかった。

来年のW杯を考えるならば、国内移籍は妥当な決断。名古屋でも、その強烈なリーダーシップを獲れるか、外から生暖かく(笑)見守りましょう~。

闘莉王の名古屋グランパス移籍が内定(レッズオフィシャル)
田中マルクス闘莉王選手、移籍合意のお知らせ(名古屋オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.20

CWC2009閉幕

いつの間にか、もう終わったのね・・・。

3位決定戦が、土曜日のゴールデンタイムだったので中継を観ましたが、浦項のDF岡山は元気そうでしたね。

今年の元日の天皇杯決勝で、柏のゴール裏に彼が突如現れて挨拶していたのが、ついこないだだったように思えます。

サポーターに先導され岡山一成氏が登場!
一人のサポーターとして「柏バカ一代」を熱唱する岡山一成。
選手たちがアップに登場するとサポーターと一心同体となり熱い思いをぶつける岡山さん。(いずれもJ'sゴール)

で、肝心の決勝戦は、睡魔には勝てず、結果を知っただけ・・・。ハイライトを観ましたが、ドラマチックな同点劇でしたね。

CWCは来年もUAEで行われます。果たしてその場には、アジア王者として日本のチームが出場しているのでしょうか~。

クラブワールドカップ3位決定戦
クラブワールドカップ決勝戦(いずれも日本テレビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.17

浦和レッズOBマッチ

メンバーが懐かしくてねぇ・・・という段階ですでに加齢ですな(笑)

観に行きたいけれど、まずは5,000人募集の枠を突破できるかだなぁ。

浦和レッズOBマッチを開催!(レッズオフィシャル)

<主な参加予定選手>*選手は随時更新致します。 名取篤、広瀬治、田中真二、堀孝史、水内猛、村松幸典、西野努、池田伸康、坂口健司、桜井直人、岩瀬健、保坂信之、菊原伸郎、佐藤慶明、土橋正樹、福永泰、内舘秀樹、神野真郎、大柴健二、安藤智安、池田学、阿部敏之、室井市衛、城定信次、渡辺隆正、千島徹、酒井友之、他 (敬称略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.16

責任

いい監督であっても、いい成績だけでは納得しない。

たとえ周りが来季も・・・と推し進めても、タイトルを獲れなかったという事が、関塚さんなりのけじめのつけ方であり、責任のとり方だったのかもしれません。

個人的には、鹿島のコーチの頃から名参謀といわれていた人の印象が強い関塚さん。

昨年は病で監督業から離れ、復帰までの間、スカパーなどで出演されてた解説がとても分かりやすかったです。

とにもかくにも、お疲れさまでした。

関塚隆監督の契約について(川崎オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.15

紫が生んだダイヤ

今夜、広島、浦和両クラブから正式に、柏木陽介選手の浦和へ移籍が発表されました。

彼曰く、『日本で一番大きなクラブに身を置き、その中でチャレンジをすることで、更に自分自身を成長させることが出来ると考えました』とのこと。

まだ22歳と若いながら、ポテンシャルの高さで広島のエースとして力を発揮してきましたが、来季からはその身を赤く染め上げ、共に闘うことになります。

今後のさらなる成長に期待したいですね~。

柏木陽介選手の移籍についてのお知らせ(広島オフィシャル)
柏木陽介選手、加入のお知らせ(浦和オフィシャル)
柏木陽介オフィシャルブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.14

あと3ヶ月後の話

ついこないだ終わったかと思いきや、あと3ヶ月で2010シーズンの開幕。

特に来年はW杯イヤーなので、長い中断期間もあるようです。

おそらくあっという間に開幕を迎えるんだろうなぁ・・・と、年を重ねるごとに月日があっという間に過ぎるのを感じる自分が怖すぎます(笑)

2010Jリーグ J1リーグ戦およびJ2リーグ戦 大会方式および試合方式について
2010Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式
2010シーズン クラブ編成
2010Jリーグ年間日程及び試合スケジュール
(すべてJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.13

カメかウサギか

叩けば出てくるホコリのように、次から次へと経営の甘さが露呈している大分。

ついにJリーグから、正式に借入金を返済できない限り、J1への昇格は承認できない、とのお達しが出されたようです。

1年でJ1困難」(大分合同新聞)

再建計画によると、返済は順調にいっても3~4年後。つまり最低でもあと3シーズンは、いくらJ2で3位以内になっても、優勝しても昇格できないということになります。

大分の地元紙「大分合同新聞」に再建に向けてのコラムが掲載されていましたが、02年にJ2からJ1へ昇格し、その先を目指して高飛びしてしまった事について、元取締役の言葉が印象に残りました。

>「トリニータはカメじゃなきゃいけなかったのに、ウサギになってしまった」

再出発、よみがえれ!トリニータ(大分合同新聞)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.12

クラブワールドカップ2009

さすがに開催地がUAEだと、時差のせいか中継を観ようというテンションは下がりますな・・・。

でも、3位決定戦と決勝戦は今週末の土曜夜なので、これだけはとりあえず観れるかも(笑)

クラブワールドカップ2009(日本テレビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.10

過去との決別

鹿島戦で入場時にもらった、2009イヤーDVDの一文。

「過去との決別 未来への糧 すべてはレッズのために!」


・・・・・

・・・・・

・・・・・

いつ、過去と決別した?

もちろん、過去は過去だが、これまでの歴史があるからこそ、今のレッズがあると思っているが・・・。

言葉で使うのは簡単だろうけど、逆にそう簡単に決別できない大事な過去も事実としてあるわけで。


そういえば、まだ2008年のイヤーDVDも買ってないんだよなぁ。どうしよう。

Img_0528Img_0529Img_0530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.08

松本山雅JFLへ

天皇杯での、うちの負けっぷりはものすごいインパクトありましたが、勝った松本山雅はそこから全国社会人選手権、そしてJリーグ入りよりも過酷な大会といえる全国地域リーグ決勝大会と勝ち上がって勢いがありましたね~。

北信越地域からは、アローズ、YKK(現カターレ富山)以来のJFLチームですかね。スタジアムも立派ですし、来年以降の成績次第では、その先も見えてくるのではないでしょうか。

地域リーグ決勝大会優勝 松本山雅がJFL昇格
松本山雅はJリーグ準加盟申請へ準備 松本市長も支援前向き(いずれも信濃毎日新聞)

JFL昇格!舞台を全国に!!(松本山雅FCオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.06

南アフリカW杯抽選会

GroupE
オランダ デンマーク 日本 カメルーン

こりゃ詰んだな・・・。

予選リーグ組み合わせ(JFAオフィシャル)


つ・む1 【詰む】 (大辞林)
[2] 将棋で、王将が囲まれて逃げ場がなくなる。
・ あと一手で―・む
[3] ゆきづまる。窮する。
・ 理に―・む



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.05

【第34節 鹿島戦】

オフィシャルより

09.12.05
Jリーグ第34節vs鹿島アントラーズ
5日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第34節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ
2009年12月5日(土)15:32キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)鹿島アントラーズ
得点者:66分興梠(鹿島)
入場者数:53,783人
試合速報


「勝点52」

ただただ悔しかった・・・。

鹿島の優勝を目の前で決められたのもそうだったが、今季最後のホームで勝点を挙げられなかったことに悔しさがこみ上げた。

内容といえば、決して悪くなく選手達もよく動いてボールを展開し、何度か相手を脅かすチャンスはあったが今季のレッズはそこから先があまりに乏しかった。

やはり、それ以上に鹿島の攻撃のセンスに一日の長があった。パススピード、ボールがない中での動き、いずれも余裕があり、それは時間が経つごとに自分達のペースを作り上げていた。

今季レッズは指揮官を代え、システムを替え、サッカーの質を変えてきた。1年でガラリと変わるとは想定していなかったが、それまでの結果との違いを求められる以上、試合の内容と結果の相違にチームを取り巻く環境が微妙な空気に包まれていったのは事実だった。そういう状況下で勝点52で6位という成績はどう評価されるだろうか・・・。

公式戦43試合、共に選手達と闘ってきたが、今はまだ「暗中模索」の状況かもしれない。自分達のやっている事は間違っていないのかと・・・。

けれど、来季もチームフィンケでやっていく以上、今の流れをさらに推し進めていくしかないし、やらなければならない。自分達もそれを信じてチームをサポートしなければならないだろうと思う。

冷たい雨が降りしきる中、鹿島の歓喜を目の前で見せつけられたその想いは、きっと来年への糧になるはず・・・。そう信じて今季を締めくくりたい。

Img_0376Img_0398Img_0402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.04

第34節 鹿島戦プレビュー

いよいよ最終節。明日は、ホーム埼玉スタジアムに、鹿島アントラーズをむかえ対戦する。

鹿島は現在、19勝6分8敗の勝点63で首位。前節はホームにガンバ大阪をむかえ対戦した。前半こそスコアレズだったものの、後半9分に興梠のゴールを皮切りに6分間で3点を挙げ、一気に流れを引き寄せた。

ガンバも1点を返すものの、ルーカスの2枚目の警告で退場を喫してからは防戦一方。その後も攻撃の手を緩めず、2点を追加し5-1と圧勝。4連勝を飾り自力優勝へ一気に王手をかけた。

一方のレッズは、前節はアウェーで京都と対戦。前々節磐田戦の雰囲気が逆に悪いほうに出てしまったのか、シュートチャンスがあったものの、打てずにパスを選択したり、打ってもことごとくGKの前に阻まれたりと、ゴールから遠かった。

後半に入ると、スタミナが落ちたのか選手達の動きが急激に落ち、逆に京都に左右に揺さぶられて先制点を許してしまった。その後、レッズは交代枠を使い攻撃を仕掛けるも、なかなかゴールが割れず、結局0-1で敗れた。

明日は、優勝目前のチームとの対戦。そして相手は鹿島という事で、これ以上のシチュエーションはない。ただ、やはり目の前で優勝は見たくないというのは、選手も同じ気持ちであろう。しかし優勝を阻止することも大事だが、ホーム最終戦。レッズが勝つ試合を見たいというのがサポーターの本能ではないか。

これまでリーグ戦33試合、ナビスコカップ8試合、天皇杯1試合の合計42試合共に闘ってきた。ウノゼロが続く連勝もあったし、夏場は7連敗も経験した。さらに秋口にはアマチュアに敗れるという屈辱も味わった。今年は監督が代わり、システムが変わり、山あり谷ありのシーズンだったが、残りあと90分間だけとなった。

悔いはないのか?と言われればウソになる。でも去年ほどじゃない・・・と思うのは正しいところか。

泣いても笑ってももう最後。だからこそ明日は俺達の浦和らしく誇りを持って、選手達と共に闘っていきたい。

☆前節の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対京都 ●0-1)
【鹿島】 Jリーグ第33節 (対G大阪 ○5-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

新しい波から前進へ

11月30日のJリーグ理事会で、準加盟クラブの「ニューウェーブ北九州」(来季から「ギラヴァンツ北九州」に改称)が、JFL4位の成績を満たし、来季からJ2への参入が決定しました。

同じ準加盟クラブの「ガイナーレ鳥取」は成績が5位ということで見送りとなりました。

これで来季のJ2は19クラブとなり、これまでの3回戦制から2回戦制へ変更となります。19クラブのうち5クラブは九州(北九州、福岡、鳥栖、大分、熊本)という地域に偏ったチーム編成になりますが、それはそれで興味深いリーグ戦になりそうですね。

ニューウェーブ北九州がJリーグ入会(Jリーグオフィシャル)

Wikipediaより

2009年4月1日、公式ウェブサイトにて、「ニューウェーブ」という名称が一部商品において既に商標登録されており、クラブまたは日本プロサッカーリーグによる商品の製作、販売などに支障を来たすという理由から、同日より4月30日までの間、新たなクラブ名が公募された。内部決定の後、7月23日に商標登録の出願を行い、10月2日に、イタリア語で“ひまわり”という意味の「Girasole」と“前進する”という意味の「Avanzare」を組合せた造語「ギラヴァンツ北九州」(Giravanz Kitakyushu)とすることが発表された。同年12月1日付で新名称に改称されることとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »