« ACL準決勝第1戦 | トップページ | 京都遠征を考える »

2009.10.25

【第30節 大宮戦】

オフィシャルより

09.10.25
Jリーグ第30節vs大宮アルディージャ
25日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第30節vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第30節 浦和レッズvs大宮アルディージャ
2009年10月25日(日)15:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-3(前半0-1)大宮アルディージャ
得点者:16・55分ラファエル(大宮)、89分石原(大宮)
入場者数:43,746人
試合速報


「行き詰まる中位のサッカー」

天皇杯では地域リーグの松本山雅に敗れ、心機一転臨んだ新潟戦は虎の子の1点を守りきって勝ったが、真価を問うダービーはあっけなく惨敗・・・。

退場者を出したことを憂慮しても、それはあまりにもつまらなくそしてくだらない内容であり、後半40分過ぎからスタジアムを後にする観客の足を止められないまま、今季リーグ戦では大宮に勝てずに終わった。

上位には善戦し下位には苦戦してしまう、まさに中位にふさわしいムラのあるサッカーが目の前で展開され、選手達は相手の攻撃に恐れをなして、横パスで逃げ、しかも当たり負けしてしまうという、まさに観るも無残な哀れな姿だった・・・。

これが俺達のサポートしているレッズか?と勘ぐってしまうが、これが現実。

「土台作り」という名の下で、今季これまでリーグ戦30試合、ナビスコカップ8試合、そして天皇杯1試合の計39試合こなしてきて、あと4試合となってしまった今、何がチームに残っているのだろうか?

毎度毎度同じ失敗から失点を重ねるのも、相手の術中に陥ってもがき苦しむのも、もう見慣れてしまった。それゆえ指揮官や選手達から毎回聞こえてくる『修正』という言葉には疑問が残る。

「土台作り」といったところで、基礎さえ全く築き上げられなければ、ただの砂の山を造っているだけだ。

去年の反省を振り返ったところで、俺達はどこにむかっているのか。今はそれさえもわからなくなってきた・・・。

Imgp8527Imgp8534Imgp8538

|

« ACL準決勝第1戦 | トップページ | 京都遠征を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/46579180

この記事へのトラックバック一覧です: 【第30節 大宮戦】:

« ACL準決勝第1戦 | トップページ | 京都遠征を考える »