« 第26節 川崎戦プレビュー | トップページ | 武蔵小杉で食べたもの »

2009.09.19

【第26節 川崎戦】

オフィシャルより

09.09.19
Jリーグ第26節vs川崎フロンターレ
19日(土)に等々力陸上競技場で行なわれました、Jリーグ第26節vs川崎フロンターレの試合結果をお知らせ致します。
Jリーグ第26節
川崎フロンターレvs浦和レッズ 
9月19日(土)19:03キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-2(前半0-0)浦和レッズ
得点者:67分ポンテ、80分啓太
入場者数:22,390人
試合速報


「着地点」

これがずっと連敗していたチームかと思えるぐらい、この日の立ち上がりは良かった。ボールを左右に散らし、選手が駆け上がっていく姿は、何かが吹っ切れたようなそんな感じに見えた。

攻撃力では、リーグナンバーワンといえる川崎との対戦は、攻守の切り替えにやや難のなるレッズにとって、苦戦されるべき相手であった。もちろんそれなりに失点も覚悟はしていた。けれど、選手達は忘れかけていたものを思い出すかのように、川崎の長所を消すことに重きを置き、しっかりとゴール前に鍵をかけた。

ただ、攻撃の手数を考えるならば、まだまだかもしれない。しかし、2点目の啓太のゴールに浦和の目指すべき形が若干ながら垣間見えたように思える。

「カウンター」と言われればそうかもしれないが、複数人が絡み、最後は後方から上がってきた選手がゴールを奪ったというのが、何よりも「献身的な動き」そして「連動ある攻撃」の辿りつくべき着地点であるのかもしれない。

今日の試合運びについては、全てが諸手を挙げて喜べるかどうかはわからない。しかし、これまで我慢して取り組み続けた結果が、それなりに生かせたというのは過言ではないだろう。

何よりも、結果は彼等の自信にも表れるし今後にも繋がる。また、次へ向けてキモチ切り替えて闘ってほしい。

Sany0381Sany0405Sany0425

|

« 第26節 川崎戦プレビュー | トップページ | 武蔵小杉で食べたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/46253858

この記事へのトラックバック一覧です: 【第26節 川崎戦】:

« 第26節 川崎戦プレビュー | トップページ | 武蔵小杉で食べたもの »