« あくまで(仮)の話 | トップページ | 【第21節 G大阪戦】 »

2009.08.14

第21節 G大阪戦プレビュー

キモチも新たにリーグ戦再開。明日はアウェー万博記念競技場にのりこみ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは現在、9勝3分8敗の勝点30で第8位。前節はアウェーで山形と対戦。終始試合の主導権を握り明神が奪った先制点を守っていたが、後半26分に同点に追いつかれた。最後まで押し込むも追加点が奪えず結局1-1の引き分けに終わった。

しかしながら、カップ戦を含めて4試合で3勝1分けと一時期の不調から脱却しつつある。昨年のアジア王者ゆえそのマークは厳しく、順位も相応しくないが、まだまだ油断はできない。その組織力は強固だけに要注意だ。

一方のレッズは、前節はホームに清水をむかえ対戦。わずか4日前に同じ相手に3失点を喰らい、その反撃に期待したが、攻撃へのアプローチは変わることなく、むしろ相手に余裕を与えてしまった感がある。しかし、選手達は踏ん張り続けたが、後半25分に失点を許し、結局0-1で敗れた。

特に夏場に入り選手達の運動量が急激に落ち、スペースへ走りこむ選手が足りなくなった。それゆえキープ率は高いものの決め手に欠き、攻撃の組み立ての段階でボールを失うと一気にやられてしまう場面がこれまで多々あった。

さらに気にかかるのが、公式戦4試合ノーゴールという事。アプローチがうまくいかない事がわかっているだけに何とも厳しい現実である。

この中断期間中で、指揮官はまず選手達に十分な休養を与え、心身ともにリフレッシュを図った。また、怪我で出遅れた梅崎がようやく戦列復帰のメドが立った。その期待度は大きいと思う。

これまでの悪い流れを断ち切ることができるのか。勝点3も重要だがまずは点を奪う事。それができれば、きっと何か変わってくるだろう・・・。

そう期待して、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第20節 (対清水 ●0-1)
【G大阪】 Jリーグ第20節 (対山形 △1-1)

|

« あくまで(仮)の話 | トップページ | 【第21節 G大阪戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/45929090

この記事へのトラックバック一覧です: 第21節 G大阪戦プレビュー:

« あくまで(仮)の話 | トップページ | 【第21節 G大阪戦】 »