« 第16節 山形戦プレビュー | トップページ | 山形遠征あれこれ »

2009.07.04

【第16節 山形戦】

オフィシャルより

09.07.04
Jリーグ第16節vsモンテディオ山形
4日(土)にNDソフトスタジアム山形で行なわれました、Jリーグ第16節vsモンテディオ山形の試合情報をお知らせ致します。
Jリーグ第16節
モンテディオ山形vs浦和レッズ 
2009年7月4日(土)19:04キックオフ・NDソフトスタジアム山形
試合結果
モンテディオ山形2-3(前半1-1)浦和レッズ
得点者:24分古橋(山形)、44分エジミウソン(PK)、47・82分高原、79分宮崎(山形)
入場者数:20,102人
試合速報


「打破」

地方遠征にありがちなまったりとしたムード。さらに相手の手厚い歓迎と、ここぞとばかりの大観衆が、レッズの選手達のリズムを狂わせた。

前半、特に右サイドの高橋とエスクデロの位置があまりしっくりこないように見えた。特に高橋は本職のポジションでないゆえ、難しい部分があったと思う。

それに加え、相手の早いチェックにボールがなかなか前へ進まず、難しい時間帯が過ぎる中、先制点を許してしまった。

だが後半、ロビーと西澤を投入し流れは一気に変わった。特に怪我から復帰したロビーは常に攻撃の基点となり、チャンスを作り出した。また西澤も右サイドを駆け上がる回数が多く、その意識の強さが難しい試合をものにした結果といえよう。

また、調子が上がっている高原に対して周りのフォローが多くなり、より攻撃への意識が強くなっている。それゆえ今日の2得点は格別だった。それ以上に彼やエジミウソンの献身的なファーストアタックが地味に効いていたのも忘れてはならない。

まったりとした雰囲気での試合は自分達も含めて、どうしても気が緩みがちになる。直接結びついていないだろうが、2失点はいただけない。だが、そういう難しい状況を打破して勝点3を奪ったことは、また1歩壁を乗り越えチームが成長したととらえていいだろう。

だからこそ今日の勝利は、いろんな意味で重要なものだったと思う。

Imgp4339Imgp4350Imgp4357

|

« 第16節 山形戦プレビュー | トップページ | 山形遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/45537245

この記事へのトラックバック一覧です: 【第16節 山形戦】:

« 第16節 山形戦プレビュー | トップページ | 山形遠征あれこれ »