« キリンカップサッカー | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第5節 磐田戦】 »

2009.06.02

ナビスコ杯予選L第5節 磐田戦プレビュー

明日は、久々の駒場開催。ホームさいたま市浦和駒場スタジアムに、ジュビロ磐田をむかえ対戦する。

磐田は現在、リーグ戦では第9位。カップ戦では2分1敗の第6位とまだ勝利がない。前の試合はリーグ戦第13節、ホームに名古屋をむかえ対戦。イ・グノ、ジウシーニョら外国人選手を中心に攻撃するも、両チーム共に得点が奪えなかったが、後半に名古屋に退場者が出てしまうと、一気呵成に攻撃を重ねて立て続けに2点を奪った。その後1点返されるも、結局2-1で勝利し、中断期間をむかえた。

今季、リーグ戦第5節まで未勝利という状況で、韓国代表のイ・グノを獲得。Jデビューから目覚しい活躍を見せ降格圏内を脱出し、リーグ戦8試合で勝点16を積み上げている。しかし彼は、現在韓国代表に召集され明日は欠場。そんな中、加入後初めて彼が離脱する試合となり、どういうチーム状態になるかが気になるところ。

ただ、前の試合から中9日と休養十分ゆえ、そういう事態も織り交ぜていると思われるので、逆に気をつけなければならないだろう。

一方のレッズは、前の試合はホームに新潟をむかえ対戦。代表でFW矢野を欠くだけの新潟に対し、日本代表や怪我人などでメンバー構成に苦慮したが、逆に起用された若手選手達が、絶好のアピールの場としてノビノビとプレーしていたように感じた。

結果は2-0で勝利。西澤とエスクデロのゴール。そして細貝の2アシストで奪った勝利は、勝点3以上に価値があるものだったと思う。

明日は、昨年11月の天皇杯4回戦以来の駒場となる。ピッチの形状、広さ、ボールの転がり方など、埼スタとは全く異なり、ホームにもかかわらず昨シーズンは苦戦した。

ただ、それは過去の話。今シーズンはピッチがどうであろうと、チームのコンセプトがしっかりしていれば心配する事はないだろうし、新潟戦では主力欠場の中、起用された選手達がそれを実証してくれた。

ピッチが変われども、選手達が動けばボールも動くと思う。それゆえ、まずはしっかり前を向いてプレーすることが大切になる。明日も選手達と共に闘い、決勝トーナメント進出へ向けて望みを繋げたい。


☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ予選L第4節 (対新潟 ○2-0)
【磐田】 Jリーグ第13節 (対名古屋 ○2-1)

|

« キリンカップサッカー | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第5節 磐田戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/45217845

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第5節 磐田戦プレビュー:

« キリンカップサッカー | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第5節 磐田戦】 »