« 国立霞ヶ丘遠征あれこれ | トップページ | 【第11節 川崎戦】 »

2009.05.09

第11節 川崎戦プレビュー

GWの連戦もいよいよ佳境。明日はホーム埼玉スタジアムに、川崎フロンターレをむかえ対戦する。

川崎は現在、3勝3分3敗の勝点12で暫定9位。リーグ戦前節はアウェーで横浜FMと対戦。攻めの姿勢を示すも、チャンスを生かせず逆に横浜のカウンターを浴び、前半に2失点。後半1点返すも追いつけず1-2で敗戦。

そして3日後には、ACLで中国天津にのりこみ、天津泰達と対戦。アウェー独特の雰囲気に、なかなかペースをつかめず前半早々に2点を失ってしまう。後半1点を返すも、試合自体が荒れ気味で感情もコントロールできず、終了間際にさらに1点を失い、1-3で完敗。GL1位突破を最終節まで残してしまう痛い敗戦を喫した。

川崎は、アウェー連戦が続く中、敗戦が続きなかなか自分達のサッカーを組み立てられていない。攻撃陣にはチョンテセやジュニーニョなど強力な選手達が揃っているが、今季はなかなかそれを発揮できていない。

しかしながら、はまった時の威力はとてつもないものがあり、細心の注意を払いたい。また、ここ2年間は埼スタでの対戦は川崎に凱歌があがっており、逆に自信を持って試合に入るのが恐い。

一方のレッズは前節は、アウェーながら国立競技場で柏と対戦。前半エジミウソンのゴールで先制するも、守備の詰めが甘く、立て続けに失点をし逆転を許してしまった。

後半、高原、エスクデロを投入し、相手を攻め立てた結果、後半39分にオウンゴールを引き寄せ同点。そのわずか3分後にも、相手のクリアミスを押し込み逆転に成功し、3-2で勝利。貴重な勝点3を呼び込んだ。

連戦が続くにつれ、選手達の疲労の色が濃く、プレーに反映しきれない部分が多くなってきた。リフレッシュも必要だが、その代えを務まる選手が少ないのが今の心配のタネでもある。そんな中、監督の前日コメントからロビーが負傷により明日の欠場が濃厚となっている。攻撃の核を失うことになるが、逆に考えるならば、また新たな選手の起用の可能性があるという希望もある。

不安と期待が入り混じるが、今のレッズのサッカーを続けていく中で、主力が抜けても継続的に出来るのか・・・という新たな課題に対し、明日起用される選手達がどう応えるかが、とても楽しみである。

明日は5月ながら、夏日の気温が予想され、14時という試合開始時間も相まって、消耗戦の予想がなされている。疲労が蓄積されているだろうが、ここでこそ1月からスタートした持久力トレーニングの成果が発揮されるのではないか。

日程的には相手と同じ条件ながら、ここまでの流れは全く異なる。相手を揺さ振り続け、試合の流れを自分達のペースにどう持っていくがが、勝負の分かれ目になるだろう。

ここ2年間、ホームで敗れた借りは絶対に返す。そして明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第10節 (対柏 ○3-2)
【川崎】 ACLGL第5節 (対天津泰達 ●1-3)

|

« 国立霞ヶ丘遠征あれこれ | トップページ | 【第11節 川崎戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44960659

この記事へのトラックバック一覧です: 第11節 川崎戦プレビュー:

« 国立霞ヶ丘遠征あれこれ | トップページ | 【第11節 川崎戦】 »