« 名古屋(豊田)遠征あれこれ | トップページ | 【第6節 京都戦】 »

2009.04.17

第6節 京都戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに京都サンガFCをむかえ対戦する。

京都は現在、3勝0分2敗の勝点9で第6位。前節はホームに首位新潟をむかえ対戦。開始早々にパウリーニョのゴールで先制したあとは、時間を追うごとに守備を固めていき、新潟の猛攻に耐え、1-0で勝利。リーグ戦ホーム3連勝を飾った。ただカップ戦を含めアウェーは4戦4敗と内弁慶の状態だ。

今シーズンの京都は、ヴェルディから攻撃の軸となるディエゴを獲得。中盤の佐藤勇人や右サイドの渡邉らと共に攻撃を組み立てている。またDF陣は水本や李正秀が揃い、決して侮れない。

ただ大きな壁とは言えど、失点数は7試合で9失点と必ずしも鉄壁には遠い。どれだけ相手を揺さ振らすことができるかがポイントになるだろう。

一方のレッズは、前節はアウェーで名古屋と対戦。昨年はほぼ完璧に封じられたが、この日はパスから攻撃に展開する動きが良く、試合の流れを優位にし、その中から原口のゴールが生まれた。

追加点こそ奪えなかったが、名古屋の終了間際の高さとスピードを生かした猛攻に耐え、1-0で勝利した。

試合を重ねるごとに、選手の動きが良くなっているが、その中でも若い選手達の活躍が目立つ。ただ、それ以上に坪井や暢久らの中堅、ベテラン選手の活躍が目覚ましい。

刺激の相乗効果なのか、選手達が積極的に動くことでボールも良く回っている。特にここ数試合は、勝点3という結果に結びついているだけに、それが調子を上げる要因になっている。

しかし、明日はFW田中達也、MF平川がそれぞれ怪我で欠場とのこと。けれど大きな不安はない。代わりに出る選手達のパフォーマンスが楽しみでもある。

ただ、時折見せる不用意なパスミスに気をつけたい。90分の中では、致し方ないことなのかもしれないが、一瞬の判断ミスが失点に結びつくだけに集中したい。また、ここ最近はチャンスが多い中、スコアが1-0で終わる試合が続いており、もう少し得点を奪いたいと思うのはわがままか・・・。

相手は、久々の埼スタでの試合。勝っていこうと十分すぎるぐらいの気合で向かってくるだろう。しかし、それを軽く往なす位の余裕は持つべきで、まずは自分達のサッカーをしていくことが大切だ。けれど余裕と油断は全く違う。

さらなる成長を期待して、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第5節 (対名古屋 ○1-0)
【京都】 Jリーグ第5節 (対新潟 ○1-0)

|

« 名古屋(豊田)遠征あれこれ | トップページ | 【第6節 京都戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44702955

この記事へのトラックバック一覧です: 第6節 京都戦プレビュー:

« 名古屋(豊田)遠征あれこれ | トップページ | 【第6節 京都戦】 »