« 嘆きの真相は? | トップページ | 【第5節 名古屋戦】 »

2009.04.11

第5節 名古屋戦プレビュー

明日は、アウェー豊田スタジアムにのりこみ、名古屋グランパスと対戦する。

名古屋は、現在2勝1分1敗の勝点7で第5位。リーグ戦前節はアウェーで川崎と対戦。マギヌンのゴールで先制するも、直後に立て続けに失点を重ね逆転を許した。後半も相手の中盤を制圧できず失点を許し1-3で敗れ今季初黒星を喫した。

また、火曜日にはACLグループリーグ第3節。ホームに豪州のニューカッスル・ジェッツをむかえ対戦。開始9分に先制点を許し、追いかけるも自らのミスが相次ぎ、なかなかボールが繋がらない。後半投入されたFW玉田のFKで同点に追いつくのがやっとで1-1の引き分け。かろうじてE組の首位を守った。

名古屋はここ2試合、自らのミスが相次ぎ、なかなかゲームを組み立てられずエアポケットに陥っている。FWダヴィを補強し、攻撃力に厚みを加えているものの、逆に言うなら彼の力が際立ちすぎて、昨年のような美しいパス回しからの攻撃は程遠くなっているように思える。ただ、ACLよりリーグ戦に比重を置いているのは間違いなく、油断は決してできない。

一方のレッズは、前節はホームで大分と対戦。アレックスが左サイドバックで久々に復帰し、攻撃の起点となりゲームを組み立てた。また、彼以上に光ったのは山田直輝。縦横無尽にピッチを動き回り、ヒーローと言っても過言ではなかった。試合は1-0で勝利し、ホームで連勝を飾った。

相手の戦力低下もあったが、堅守といわれる大分からオウンとはいえゴールを奪ったのは大きいが、それ以上にゴール前に飛び出してくる人数が増え、攻撃に厚みが加わったことが、何よりも昨年との大きな違いだと思う。

少しつづながらチームの調子が上がっているのがわかる。結果として勝点3がついてきているのもそうだが、選手達の意識も徐々に変わってきているのが動きを見て感じ取れる。それとなく若い選手がチームを引っ張り、それに呼応して、中堅ベテラン選手達も奮起しているような感じだろうか。

今季は壮大な目標を望むのはおこがましい。それゆえ、今は1試合1試合レッズのサッカーを見るのが、とても楽しいしワクワクする。明日は怪我で離脱していた細貝が遠征に帯同した模様で、その起用の有無が注目される。


昨年、名古屋との対戦はカップ戦を含め、1分3敗。決していい思い出はなかったが、原口がデビューしたのが名古屋戦であり、また彼や山田直輝などが大活躍した高円宮杯での決勝戦の相手が名古屋と、どこかしら縁がある。

ある意味、彼らにとっては絶好の相手かもしれないし、自分達にとっても昨年ボロボロにされたリベンジの意味でもとても意義深い試合になると思う。

GWの連戦を控え、前節の大分そしてこの名古屋戦が序盤のヤマと見ている。ここをどう乗り切れるか。選手達のさらなる奮起と自信に期待したい。そして明日も彼らと共に闘っていきたい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第4節 (対大分 ○1-0)
【名古屋】 ACL E組GL第3節 (対ニューカッスル・ジェッツ △1-1)

|

« 嘆きの真相は? | トップページ | 【第5節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44640725

この記事へのトラックバック一覧です: 第5節 名古屋戦プレビュー:

« 嘆きの真相は? | トップページ | 【第5節 名古屋戦】 »