« 千葉(蘇我)遠征あれこれ | トップページ | 【第8節 清水戦】 »

2009.04.28

第8節 清水戦プレビュー

明日は、中3日での第8節。アウェーエコパスタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は現在、2勝3分2敗の勝点9で第12位。前節はホームに柏をむかえ対戦。先発の布陣を代えて臨んだものの、先制点を許してしまう。その後、原、ヨンセンを相次いで投入した直後、エース岡崎のゴールで同点に追いつき、かろうじて1-1のドローで終わった。

失点は7と決して悪い数字ではないが、得点は4とリーグワースト。かつ全ての得点が岡崎のみ、という攻撃力の偏りに、なかなかチームとしてのエンジンがかかりにくい要因になっている。

今シーズンは、得点力アップのために名古屋からヨンセンと浦和から永井を獲得したが、共にチームになかなかなじめず苦しい。ヨンセンについては、十分ポスト役になっているものの。、その後が繋がらないだけに個人の問題だけではないと思う。また永井は開幕前から怪我で出遅れ、ようやく前節に今季初先発を果たしたが、シュート1本のみと寂しい結果だった。

チームとして守備と攻撃の展開が遅く、未だ本調子になっていないだけに、付け入る隙はあるだろうが、相手は日本を代表するFWを要するチーム。やはり最大限の注意をはらいたい。

一方のレッズは、前節はアウェーで千葉と対戦。豪雨と短く刈られたピッチ、そして相手の素早いチェックに前半こそ苦労したが、後半はしっかりと修正し、逆に相手をパスで翻弄するようになり、後半13分にエジミウソンの先制ゴールを呼びこんだ。

その後も何度かチャンスがあったものの、追加点は奪えなかったが、クレバーな守備で見事に完封し、1-0で勝利。リーグ戦4試合連続で1-0の記録を作り、首位に立った。

成長過程を見守るべき臨んだ今季、図らずも早々に首位に立ったものの、すべてが手放しで喜ぶものでは全然ない。果たすべき課題がたくさんあり、その1つが追加点を獲ることでもある。

けれど、奪えないからと言って、決してそれを守りきるサッカーをしているわけでもない。常に意識を前に向いているからこそフォアチェックが効いて、相手を揺さ振ることができる。

また、若手の原口や直輝の好調さがいい意味で他の選手達にも影響を及ぼしており、今のレッズは成長曲線がかなり上向いている。また選手達が自信を持って試合に臨んでおり、それがいい結果に結びついている。

明日も難しい相手との対戦。そしてGWの連戦が続くが条件は相手も同じ。どれだけ復調できるかが鍵になるだろう。

4月にして最後の東海アウェー。相手は違えど、前回エコパで奪えなかった勝点3を拾いきるために、明日も選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第7節 (対千葉 ○1-0)
【清水】 Jリーグ第7節 (対柏 △1-1)

|

« 千葉(蘇我)遠征あれこれ | トップページ | 【第8節 清水戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44827951

この記事へのトラックバック一覧です: 第8節 清水戦プレビュー:

« 千葉(蘇我)遠征あれこれ | トップページ | 【第8節 清水戦】 »