« エコパ遠征あれこれ(磐田戦編) | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第1節 広島戦】 »

2009.03.24

ナビスコ杯予選L第1節 広島戦プレビュー

明日からナビスコカップが開幕。今年は7チーム1回戦総当りという微妙なレギュレーションとなった。

レッズは、初戦はアウェー広島ビッグアーチにのりこみ、サンフレッチェ広島と対戦する。

広島とは2年ぶりの対戦。リーグ戦は、ここまで1勝2敗。開幕戦こそ横浜に快勝したが、その後大宮、鹿島と終了間際の失点から敗北を喫している。

FW佐藤だけが気を吐いているように見えるが、このチームの攻撃の軸はDF陣が握っているように思える。

特にストヤノフや槙野は、周りの選手を生かして、機を見て前線に駆け上がりゴールを狙ってくる。共に長身から繰り出す攻撃は、それだけ相手に脅威を与えている。前線のスピードに気をとられているばかりでは、対応が難しいと思うので気を付けたい。ただ、その鍵となるストヤノフが代表招集で欠場ということで、生ずるであろう守備の乱れをつきたいところだ。

一方のレッズは、先週末はアウェーで磐田と対戦。終始ボール運びは良かったが、フィニッシュが決まらず、時間が経つごとに攻撃が単調になっていった。そんな中、選手間のコンタクトミスから先制点を許してしまう。

後半途中からエスクデロを投入するなど、活性化を図ったところで、エジミウソンがヘッドで同点ゴールを決め、何とか引き分けに持ち込んだ。なかなか攻撃の形が作れず苦慮したことを考えるなら、勝点1はやむなしと思わざろう得ない。

レッズは代表で4人を欠き、さらに細貝が腰痛で帯同しないようである。しかし、体調不良から回復した原口と埼スタで初アシストを決めた山田直輝とのユース昇格コンビの先発起用が予想される。

まず明日は、ブレないレッズのサッカーが体言出来るかどうかがポイントになると思う。今後の戦力の底上げを見据えるならば、明日と日曜日の2試合は、リーグ戦とはまた違って重要になってくるだろう。

新たな目標へ向けて、まずはカップ戦初戦、選手達と共に闘っていきたい。

☆前試合の結果
【浦和】Jリーグ第3節(対磐田 △1-1)
【広島】Jリーグ第3節(対鹿島 ●1-2)

|

« エコパ遠征あれこれ(磐田戦編) | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第1節 広島戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44458091

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯予選L第1節 広島戦プレビュー:

« エコパ遠征あれこれ(磐田戦編) | トップページ | 【ナビスコ杯予選L第1節 広島戦】 »