« 第2節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 「富士・はやぶさ」 »

2009.03.14

【第2節 FC東京戦】

オフィシャルより

09.03.14
Jリーグ第2節vsFC東京
14日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第2節vsFC東京の試合結果をお知らせ致します。
2009年3月14日(土)14:02キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-1(前半1-1)FC東京
得点者:4分阿部、13分オウンゴール(FC東京)、48分エジミウソン、83分ポンテ
入場者数:50,802人
試合速報


「Devotion to URAWA」

フィンケ浦和がようやく待望の勝点3を得て、出港の時を迎えた。

前節スタメンだった平川と高原をベンチスタートにし、暢久とエジミウソンを起用。細貝を右から左サイドバックへコンバートして臨んだ。

開始早々にセットプレーから先制するも、時間が経ってもなかなか落ち着かない。FC東京のプレッシャーにボールが回らず、時折個人技で崩そうとしても、あっという間に阻まれラインが下がってしまい、逆にピンチを招き失点を許し、同点で前半を終了した。

しかしその頃から、自分達のリズムを掴んだのか、闇雲にパスを出すのではなく、緩急をつけて逆に相手を翻弄するようになってきた。それが奏を効したのか、後半早々のエジミウソンの勝ち越しゴールや、ダメ押しとなったロビーのゴールがその表れだったと思う。

90分間という試合の中で自分達のペースを保つというのはなかなか難しい。それゆえ、現在途上中のレッズにそれをできるかが鍵となっていた。しかし彼らは、ピッチ全体を使ってパスサッカーをするという監督の意を汲んだサッカーを彼らなりに実行し、それが結果に結びついた。

反省すべき点はまだたくさんある。だが、今までのような個人技一辺倒ではなく組織で点を奪ったのは大きい。また、1点差という緊迫した場面で、新人の山田直輝を投入し、終了間際にはベテランの域に達しつつある堀之内を起用し試合を締めたのは、監督の采配の妙でもあった。それだけに、またまだ楽しみな部分はいっぱいある。

昨年9月のACL以来の埼スタでの勝利。半年間も遠ざかっていたのか・・・と想う半面、新鮮な想いでこの勝利を受け止めたという想いもある。

この日、久々に埼スタに響き渡った愛する歌に込められた想いは、まさに「Devotion to URAWA」そのものだと思った。

Imgp0600Imgp0602Imgp0609

|

« 第2節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 「富士・はやぶさ」 »

コメント

感動して涙出ました。久々のホーム勝利。しかも、昨年までの前後分断でなく、全戦に顔を出さない選手はないくらいの流動性たっぷりの攻撃、素早い戻り……。この調子で熟成していけば……と、期待に胸が高鳴る試合でした。ゴール裏のサポートも的確で熱かった。メーンで見ていて(腰悪くて参加無理だけど…)混ざりたかった。いくら選手が頑張っても、ゴール裏がさめていてはおもしろさ半減ですからね。ロビーがゴール裏にアピールしていた気持がよくわかった。いい試合にしてくれてありがとうございます。

投稿: 裏はレッズ | 2009.03.15 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/44342650

この記事へのトラックバック一覧です: 【第2節 FC東京戦】:

« 第2節 FC東京戦プレビュー | トップページ | 「富士・はやぶさ」 »