« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2008.12.06

【第34節 横浜FM戦】

オフィシャルより

08.12.06
Jリーグ第34節vs横浜F・マリノス
6日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせ致します。
2008年12月6日(土)14:31キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-6(前半0-1)横浜F・マリノス
得点者:22分兵藤(横浜)、46・80分河合(横浜)、56分細貝、64・76分小宮山(横浜)、86分大島(横浜)
入場者数:53,583人
試合速報


「栄枯盛衰」

6失点。

最終戦の舞台は、今季を象徴するような、それはそれは見事な負けっぷりだった。

無理もない。出場停止のエジミウソンに加え、高原が直前で離脱となってしまい、その任を他のFW陣が控えているにも関わらず、指揮官はルーキーの高崎に託してしまうのだから・・・。

相変わらず出足は悪く、相手の小気味よいパス回しに翻弄されっぱなしだった。

運良く攻撃に転じても、横に回すばかりで、縦に出るのは苦し紛れ。前後分断は変わらず、これでは前線で体を張ったルーキーも割にあわない。

少しは意地を見せるかと思いきや、ボールを奪われても、すぐには追わず、傍観しているだけでは、何も言いようがない。もう切れてしまったキモチは元に戻らなくなってしまっていた。


第31節で2位につけてからの、重要と位置付けたラスト3試合は、3戦全敗。結果7位まで転げ落ち、シーズン最初に社長がぶちあげた「全タイトル制覇」は、果てしなき遠い夢と消えた。ただこれも、今のレッズのサッカーではわかりきっていたことか・・・。

とにもかくにも2008シーズンは終わった。得るものを失うスピードは速い。この大事な正念場にどう立ち向かうのか・・・。ここからの立て直しを注意深く見守っていくしかない。

Imgp0740Imgp0774Imgp0793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.05

第34節 横浜FM戦プレビュー

【前回対戦 第1節(2008.3.8)】
JリーグHP)(浦和HP)(横浜FMHP

3月に開幕してから早9ヶ月。いよいよ最終節となる。明日はホーム埼玉スタジアムに横浜F・マリノスをむかえ対戦する。

マリノスは現在、12勝9分12敗の勝点45で第10位。前節は、ホームで東京Vと対戦。前半こそ0-0だったが、後半にベテラン松田のロングシュートで先制。そして終了間際にも相手のミスを衝いて、長谷川がJリーグ初ゴールを決め、2-0で勝利した。

マリノスの前線は、金根煥、狩野、兵藤の3人で組んでいるが、明日はキッカーも努める狩野が累積警告で出場停止。攻撃のキーマンが不在となるが、清水や坂田も控えているだけに決して侮れない。また、守備の要として前節から中澤が復帰。中断後の天皇杯制覇を見据え、1つでも順位を上げるために、全力で挑んでくるだろう。

一方のレッズは、前節はアウェーでG大阪と対戦。4-2-3-1のシステムで、始めて闘莉王をDFに配置した。以前に比べ守備は安定し、攻撃もサイドを使ってそこそこ良かったが、肝心のフィニッシュが決まらず時間が過ぎていった。

チャンスが多かれど、1つゴールが決められなければ勝つことができない。前半終了間際に相手が退場になり、後半から数的優位だったものの攻めきれず、エジミウソンも退場になり、自らそのチャンスを手放してしまった感があった。

結局、パスミスから遠藤にしては珍しいヘディングで決められ、0-1で敗戦。試合後はお粗末な喧嘩なども見させられ、チームとしてはバラバラで、ベクトルが違う方向に向かっているような感じがした。


明日は、そのエジミウソンと闘莉王の2人が出場停止。また怪我で数人の選手の出場が危ぶまれている。他の選手の起用が予想されるが、単にシステムに当てはめるだけの采配は、これまでも指摘されているが、とても危険であり、選手のモチベーションを下げかねない。けれど、適材適所に配置したとしても、選手達があと1歩前へ進まない限り、ボールを奪えないし回せないのだから困りものである。

今シーズンは、指揮官にしても選手にしても、あまりにも「中途半端」や「甘え」が目立った。誰かがやってくれるのではなく、自分で動かないと何も始まらない。けれど、それに気づくまでには、あまりにも遅かったように思える。

泣いても笑っても、叫んでも応援してもあと90分。もう今年のレッズを見られるのは、あとわずかだ。

選手達は「サポーターのために・・・」と一同に言っているが、決してそうは思わない。

彼等はチームのため、レッズのため、ウラワのために闘ってほしい。そんな熱く闘う選手達を勝たせるためにサポートしたいから、自分はスタジアムに行っている。

今シーズンは、あまりにも裏切られた想いが強い。ただ、それはあくまで結果論。自分達は決して強くなかったわけだ。

ラスト1試合。その想いは人それぞれだろう。けれど、最後ぐらいは勝って終わって、笑顔でスタジアムをあとにしたい。

だからこそ、明日も最後の最後まで選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

ヒートアップJ2 第44節

いよいよ今シーズンのJリーグもJ1、J2ともあと1試合となりました。

我がレッズは・・・・な感じですが、J2の昇格争いは、そろそろ結果が見えてきたようです。

今節の第44節の結果はこちら
そして終了時の順位は以下の通りです。

1位 広島 勝点97 得失差61 得点96 試合数41
2位 山形 勝点75 得失差25 得点65 試合数41
3位 仙台 勝点67 得失差14 得点61 試合数41
4位 大阪 勝点66 得失差20 得点79 試合数41
5位 湘南 勝点65 得失差22 得点67 試合数41
6位 鳥栖 勝点64 得失差00 得点50 試合数41

広島はすでに昇格&J2優勝を決めていますが、目標といえば、勝点100達成でしょうか。

そして自動昇格の残り1枠は、ついに山形が愛媛に勝利し、自力で2位を確定させました。選手、関係者、サポーター、ファンの皆さん、おめでとうございます。

山形といえば、レッズがJ2時代の8年前に2度、今のNDスタジアムに訪れたことがあります。公式戦での対戦としては、そのJ2の時に4試合。翌2001年のナビスコカップ1回戦のH&Aで2試合。2005年の第85回天皇杯4回戦での合計7試合でしょうか。また選手では、元レッズの宮沢選手が主将として在籍していますね。来年はよろしくお願いします~。

そして、3位の入替戦枠の可能性があるのは、3位仙台から6位鳥栖までの4チーム。けれど鳥栖は得失点差が厳しいでしょうか。ここにきて仙台が鳥栖との直接対決に敗れ、足踏みの状態が続いています。

行方としては、仙台が次節勝てば、すんなりと3位が確定します。けれど、もし引き分け以下になると、他のチームにも勝利が絶対条件ではありますが、逆転で3位の可能性が出てくることになります。

ちなみに最終節の対戦相手は下記の通りです。

1位 広島  徳島H 
2位 山形  水戸H
3位 仙台  草津H
4位 大阪  愛媛H
5位 湘南  福岡A
6位 鳥栖  岐阜A

混迷する入替戦争いの椅子は、仙台が逃げ切るのか。それとも逆転で他のチームが奪うのか。今年も最後まで楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.02

J2過密日程再来

昨日、Jリーグから、JFL3チームのJリーグ加入及びJ2昇格が決まりました。

栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山がJリーグ入会(Jリーグオフィシャル)

栃木SC
カターレ富山
ファジアーノ岡山

選手、関係者の皆さん。そしてサポーター、ファンの皆さんおめでとうございます。

これで来季はJ1、J2共に18クラブずつの全36クラブとなります。

これで、J2が18クラブになったことに伴い、現在行われているJ1の16位とJ2の3位との「入れ替え戦」はなくなり、J1下位3チーム(16位~18位)と、J2上位3チーム(1位~3位)との自動入替となります。

また試合数は、J2は今季同様3回戦制ということになり、全51試合(17×3)と、今季の42試合(14×3)から大幅に増えます。ちなみに年間50試合以上になるのは、4回戦制最後のシーズンとなった、一昨年の2007年の14クラブ構成だったときの、全52試合(13×4)に次ぐ試合数となります。

選手の強化、収益の確保という面では、3回戦制もわからないでもないですが、蓄積疲労による怪我が心配でもあります。また単に試合数を増やしたところで、淡々とこなすだけでは面白みに欠ける所が出てくるかもしれません。

Jリーグでは、今後J2が19チーム以上になったら、2回戦制を導入するということなので、この厳しい日程もあと数年限りではないかと思われます。

昇格したはいいけれど・・・ということがないように、末永く地元に愛されるクラブに成長して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.30

大阪遠征あれこれ

今年最後となった大阪遠征。さっそく振り返ります~。


【11/29(土)】
2週間前の丸亀に行ったときと同じ時間だったよな・・・と思いつつ、新鎌ヶ谷駅から出発。
Imgp0544






5:04発の東武野田線船橋行きに乗車。
Imgp0545Imgp0548






5:16船橋駅着。5:21発の総武線快速に乗り換え。同じ列車からトリコロールの傘を持った、マリノスサポに遭遇。あちらさんもこんな朝早くからどこ行くんだ?と思ってチェックしたら日産スタジアムか・・・。お互いお疲れ様です。
Imgp0549>






5:45東京駅着。まだ空いていないエキチカ“グランスタ”を通り、新幹線ホームへ。
Imgp0550Imgp0551






6:00発「のぞみ1号」に乗車。乗車率の高さに結構ビックリ。京都あたりかな?
Imgp0552Imgp0553Imgp0554






今回は通路側の席だったので、特に景色を見ることもなく、新聞読んだり、DSやったり、寝たりの繰り返し。
Imgp0555Imgp05571Imgp0562






京都でかなりの下車があって、8:25新大阪駅着。
Imgp0563Imgp0564






途中買いだしをしてから、地下鉄御堂筋線乗り場へ移動し、8:45千里中央行きに乗車。
Imgp0566Imgp0567






外側を走る御堂筋も朝早くから混んでましたね~。
Imgp0568Imgp0569






8:58千里中央駅着。列整理が終わったのか、逆方向にくる同士が多かった。
Imgp0570






まあ時節柄、こんな横断幕も・・・。
Imgp0572






9:05大阪モノレール門真市行きに乗車。
Imgp0577






9:11万博記念公園駅着、すぐさま隣のホームに乗り換え、9:13発。
Imgp0581Imgp0583






太陽の塔を見つつ、9:16公園東口駅着。
Imgp0584Imgp0585Imgp0587






開門まで、日なたでまったりと過ごし、12時前に開門。
Imgp0588Imgp0592






お昼は新大阪駅で購入した、「大阪弁vs博多弁」という駅弁。パッケージは、この翌日に山陽新幹線の定期路線から引退する0系がイラストされていました。
Imgp0594Imgp0595






このようなお品書きも入ってました。
Imgp0596






チケットは早々に完売ということで結構入ってましたが、結果は残念ながら敗戦・・・。
Imgp0624






ダラダラしていた割には、ガンバの最終戦セレモニーが始まる前にスタジアムを後にして、徒歩でモノレールの万博記念公園駅へ。
Imgp0626Imgp0627






15分ほど歩いて駅到着。伊丹空港へ向かう友人達と別れ、自分は逆の方向へ。16:31発の門真市行きに乗車。
Imgp0629Imgp0630Imgp0631






夕暮れ時の新幹線車両基地を過ぎて、16:49門真市駅着。
Imgp0632Imgp0633Imgp0637






ここから京阪電車に乗り換え。16:55発各駅停車淀屋橋行きに乗車。
Imgp0639Imgp0640Imgp0642






16:58守口市駅着。すぐさま快速急行中之島行きへ乗り換え。
Imgp0643Imgp0644






運行し始めたばかりの、京阪の新型列車3000系に乗って、17:14終点の中之島駅着。
Imgp0646Imgp0647Imgp0649






中之島駅をはじめとした、京阪中之島線は10月19日に開通。駅がとてもきれいでしたね。
Imgp0650Imgp0651






中之島駅近くのホテルにチェックインしたあと、夕食は鶴橋へ移動し、駅から10分ほど歩いたところにある、「オモニ」でお好み焼きなどを堪能。
Imgp0652Imgp0653Imgp0654






【11/30(日)】
翌日は、さっそく帰路のスタート。でも、まだまだ時間があるので、嵐山へ行くことになり、混雑覚悟で阪急梅田駅へ。
Imgp0660Imgp0661






しかし、特急列車のホームは朝のラッシュ並の大混雑。どうにか1本待って、10:30発特急河原町行きに乗車し、座席を確保。
Imgp0662Imgp0663Imgp0664






駅に着くごとに混雑度を増し、車内はギュウギュウの状態。そんなに嵐山へ行く人が多いのか・・・と改めて実感。

11:05桂駅着。ここから11:12発の嵐山線に乗り換えて、11:19阪急嵐山駅着。ホームが狭いせいか、改札を出るまで5分ぐらいかかりました。
Imgp0665Imgp0667






さっそく渡月橋へ。紅葉がきれいでしたね~。
Imgp0668Imgp0669






昼食は橋を渡って、美空ひばり記念館そばの路地を入ったところにある「のむら」。
Imgp0674






甘味処でも有名ですが、ここは“ねぎ焼き”も有名。見た目以上に九条ねぎの風味がよくて、おいしかったです。
Imgp0670






その後は徒歩でJR嵯峨嵐山駅へ移動。その途中でおいしい匂いに誘われて、コロッケを買い食い。
Imgp0675Imgp0677Imgp0678






程なくして駅に到着。12:41発の山陰本線普通列車に乗車。
Imgp0681Imgp0682Imgp0687






12:59京都駅着。ここから13:05発奈良線普通奈良行きに乗車。一駅で目的の東福寺に13:08到着。
Imgp0689Imgp0693Imgp0697






うーん、ここも大混雑。その後の予定時間が迫っていたので、駆け足で東福寺周辺を周り、駅に戻り13:47発の京都行きに乗車。

そして13:49京都駅着。再び駆け足で駅ビル伊勢丹の地下の「祇園きなな」でアイスクリームを食し、急いで新幹線ホームへ。
Imgp0699






14:16発「のぞみ24号」に乗車し一路東京へ・・・って名古屋!?
Imgp0700Imgp0702Imgp07041






14:51名古屋駅着。そのまま向かった先は・・・


ここです(笑)。
Imgp0706






相方のお付き合いで「名古屋-札幌」戦を観戦。
Imgp0708Imgp0710Imgp0711






試合後は名古屋駅へ戻り、弁当を買出しして、19:10発「のぞみ94号」に乗車し、今度こそ東京へ。
Imgp0717Imgp0719Imgp07241






20:53東京駅着。21:08発の総武線快速に乗車。船橋駅で東武野田線に乗り換え、21:51無事に新鎌ヶ谷駅着。
Imgp0726Imgp0728






というわけで俺お疲れ。そして今年最後の大阪へ集った皆さんお疲れ様でした~。

今シーズンの「遠征あれこれ」もこれで終了。ありがとうございました。来シーズンもできるかどうかわかりませんが、もしやる事になれば、またお願いします~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »